『土日祝の中での「ビジネスSA」の活況。人間の否定的な見解(固定観念)は中学時代には出来ている。』

| コメント(0)
ー現場やお客様の意見から新しい「教育カリキュラム」は
 完成する・各社長のアドバイスー

ー引き算思考はマイナス成長です。
 足し算思考は9+9=18のみです。
 掛け算思考は9×9=81
 (これをマインドケイパビリティ効果と定義しています)ー


1)
土日祝の中でビジネスSAが無事終了しました。
可能思考・メソッドのビジネス版カリキュラムですが、
4人の方々のご意見・ご感想をもとに
今回で完成しました。

今日から頭を切り替えて第23期『田舞塾』です。
オンラインですが、
ご受講生の友情でコロナ前に近い人数となりました。

2)
ビジネスSAはコロナ対策から開催したものです。
私のスケジュールは既に決まっていますので、
やりくり算段し、最初2日間で行いました。
長崎の中村社長、栃木の羽石さんのアドバイスで、
2回目から2日間半にしました。

3)
お二人は34TTのファシリテーターもされており、
核心をついたアドバイスをいただけます。
疑問点の質問もあります。
さらに、御受講生様のご意見は
NISSOKENの現場社員さんが集めてくれます。

4)
2回目のアドバイスから3回目のビジネスSAは初日を
1時間早くしました。
元ファシリテーターの愛媛の真鍋社長のアドバイスです。

実習の1つが、
「ビジネスと可能思考のつながりが分かりにくい。
 他の人には難しいのでは!」
とアドバイスいただきました。

5)
4回目は武澤ファシリテーターのアドバイスです。
診断手法や講義の手順を異なるものに変更です。
今回は、?非常に深く、?かつ分かり易く、
?希望と現実の対応策、?可能性への気づきの視点が
明確でした。

6)
日創研が初めての方々も多く、
地域NO.1企業の社長も御参加でしたし、
30年以上もご支援をいただいている、
東京のT社長も御参加でした。
色々と休憩で生情報をとっていくと、
コロナや「金余りの悪影響」は既に起きています。

7)
今回は企業の進化を妨げる老化現象と、
どうやって成果・結果を作るのかの防止策を、
リアルな実習と、具体的な講義でお伝えしました。

製品には、魔の川、死の谷、ダーウィンの海が
待ち受けます!

8)
それを乗り越えてマネタイズ(収益化)するには、
マインドケイパビリティ(思考の組み合わせ能力)が
必要です。
新規事業予定の方もおられ、
新規事業の価値を駄目にしてしまう
失敗の理由も講義しました。

9)
つまり、ケイパビリティを最強にするには、
マインドのイノベーションがいるのです。
計算式の思考回路を、?引き算から足し算に、
?足し算から掛け算の発想にしないといけません。

10)
計算式はメタファーです。
引き算はマイナス成長です。
足し算は9+9=18です。
掛け算は9×9=81です。
この方式をさらにメタファーにすると、
掛け算81?足し算18=+63です。

これが「プラス63」を生み出すマインドケイパビリティです。

11)
ある4年生はマインドケイパビリティ「+63」を
思いつきます。
でも、母親が「ムリだよ・出来ないよ」と
マイナス化します。
その上に中学生の姉が超マイナス化意見を述べます。

人間の思考はプラスは無限大に広がりますが、
マイナスも無限大になってしまい、
出来ない・無理だを生み出します。

母親が途中で気づいて、4年生の課外授業は
全国からの応援で大成功します。

12)
サウナでこの小学校4年生の番組を見ながら、
姉の「弟の創造性」を奪う「ブロックされたメンタル」の
強さに驚きました。

私も講義に引用しましたが、
不可能思考は「少年・少女期に起きる」ことを
確信させられました。社長幹部は影響大です。

13)
ビジネスは、なおの事これらが働いています。
「無理ですよ。」「失敗するよ、そんなの」
これらをリスク表現と言います。
日本人は特にこうした損失回避が強いのです。
無意識に自分で成功の芽を摘みます。
種子蒔く前に芽は出ないのです。

14)
私も、経営相談では『演繹法(えんえきほう)』を用いて
リスク表現を意図して使用します。
拡大志向の強い相手様には、
B/S(賃借対照表)・P/L(損益計算書)
・C/F(キャッシュフロー)を説明しながら
企業を守る立場で使います。

15)
現状維持では会社は間違いなく衰退するのです。
未来投資は重要な時代です。
唯、何に投資するかです。
今回のビジネスSAでの実習は、
?永続領域、?衰退領域、
??消滅領域の四領域について行いました。

16)
118社様がご参加でしたが、
2時間半の実習と講義で明確になったのは
?永続領域は3社様だけです。

17)
しかし、?の領域でも大丈夫なのです。
月刊『理念と経営』の「逆境!その時経営者は・・・」
の登場企業は、すでに?の領域を超えて
「消滅する会社」でした。
一寸した革新で12%の営業利益は出しています。
(今回御参加)

18)
長崎の中村社長、栃木の羽石さん、岡山の金山社長、
愛媛の真鍋社長、福井の武澤社長の率直なお陰です。
アドバイスは素直に聞くべきですね。
10月のビジネスSAは今回以上に万全で臨みます。

19)
代表のビジョンに関しては、
現役『後継者のための起業家精神養成スクール』生である
神奈川の坂本さんが発表です。恵まれたIT企業から、
日本の「モノ作りの再生」を期したビジョンは
素晴らしかったです。

20)
彼女の為に、すぐに歌を詠みました。

君や行く 未来を背中に 負いつつも 
凛々ならむ 大和撫子
得山詠歌 

今年の『後継者のための起業家精神養成スクール』生も
凄い者達が多いです。
未来を託せる若者に敬意を表します。

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2021年9月21日 10:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『結果の想定が一番先にくる最大の理由は、目標や戦略策定がよりクリアになるからです』」です。

次のブログ記事は「『泥水をすすってでも生き残れ 売上2億円で借金9億円の暗黒の時代からの復活』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。