『二社の経営方針書のプログレスサポートをして気づいたこと(やはり、社長と幹部のシナジーが大事です)』

| コメント(0)
ーコロナのリスクは続くものと判断し
 10月末まではオンラインのみの開催にしますー

ー 慎重すぎるとお叱りを受けますが 
 「安全第一」と判断してのことです。 
 ご迷惑をおかけします。お許しくださいー
 


1)
昨日は起業家養成スクールOBの
春の勉強会でした。
岡山のI社長や過日の差別化戦略の
コメンテーターのK社長も参加でした。

ある書物を読んでいますが、
最新の科学者が
「偉大な成功をした人は大きな困難を
 乗り越えた体験の人が圧倒的」
と述べています。 

2)
つまり、GRITが強いのですね。
やり抜く力だけの差だとも述べています。

私も100万人以上が受講された日創研のセミナー
色々な企業内研修、講演会でみんさと関わらせて
いただいて、その考え方に共感します。

3)
事業承継セミナーを長年行っていますが、
起業家養成スクールOBには、父親を超えて
立派になっている社長も多くいます。

27期、28期と、シリコンバレーを中止し、
起業家養成スクールだけの親子での
ビジョン経営沖縄セミナーを行います。
 
4)
OB会が終わり、経営方針・計画書の
プログレスサポートを行いました。
念願二億の経常利益の企業様も
わずか2年で達成です。

一社は、2019年、20年比較での推移を
みましたら、19年比125%、
20年比で150%の増収です。

もう一社様も10%は順調に伸ばしています。

理由は「社長と幹部のシナジー効果」
?経営戦略の相互理解
?現場力の強化策 
です。 

逆にうまく行っていない部分は、
アナジー効果です。
決まって社長と幹部の不協和音です。
「責任と依存」がアナジーを生みます。

 6月から
「企業事例に学ぶ・社長と幹部の実践学校」
を開催します。「生のシナジー効果」を、
私が「自社に落とし込む」講義をします。 


5)
毎日がセミナーと経営相談との明け暮れですが、
業績の良いご報告、人財の成長、上場予定
などの報告に癒されています。 

昨日のプログレスサポート企業は、
リアル店舗とネット通販ですが、
リアルがネットを上回っています。

6)
客数減少ですが、富裕層をターゲットにされ
新商品による客単価が上がっています。
コア・コンピタンスを強化されての
付加価値戦略です。

マネジメントシステムも
プログレスサポートで充実しています。

T社長は、業績アップ6か月セミナーと、
社長塾と、経営理念塾二回目ご受講ですが、
ツーといえばカーと、即座にお返事をされます。

7)
つまり、翌月度の宿題をきちんと実践して
臨まれますので、どこから私が質問しても、
即座に答えられるのですね。
知行合一です。

定量的なビジョンを質問しますと謙虚に
「もっと、人物の器を大きくします」と、
実力以下の数字です。

8)
私は一昨日も「倍以上の定量ビジョン」を
提案しました。

?コア・コンピタンスがある
?人財が育ちつつある
?社長の人柄

経営サバイバルフォーラムの
四人の方々の差別化戦略も、
コア・コンピタンスをつくり上げた結果です。

9)
経営理念体系の素晴らしさも一つです。
四軸思考で分析すると、三代目ですが
祖父の教えを大切にしています。
祖父の教えの伝統性とご自分の革新性を
調和していますが、経営リテラシーが
非常に高いのです。

10)
さて、今日は皆様方にお願いとお詫びです。
可能思考メソッド(SA・SC・SGA)および
ビジネスセミナーを
10月末まではすべてオンライン開催と
させていただきます。 

リアル開催をお約束しながら反故にするよう
ですが「安全第一」を判断にしての決定です。
お許しください。

11)
緊急事態宣言の延長や、
ワクチン接種ペースの遅れの状況を鑑みて、
現状では会場での開催は、皆様に対し
安全を十分に担保できないという判断です。

12)
状況が整えば再開をして参りますが、
いつまでも皆様に会場での開催を
期待させてしまい、人財育成が遅れてしまう
ことは皆様へのご迷惑となります。

13)
現状会場での開催をお待ちになられている皆様
に対しまして心よりお詫びを申しあげます。

オンライン効果を理解されている企業様の
ご派遣で、SCなどは一度に80名を超えたり
していますが、最大効果を考えて、SCは
同日に3つのグループを分けて行う予定です。
講師の調整をしております。

SAコースは本数を増やして対応する計画です。

14)
インド株ウイルスのリスクもあり、
恐縮ですが、「安全第一」に切り替えて
頂くようにお願い申し上げます。

抗原検査は、インド株ウイルスでは
効果がないという声も出ていますし、
一番は企業活動への悪影響です。

15)
また、こういう時こそ、無理して人財育成や、
コロナ後の経営戦略に着手すべきだと思います。

5月29日からのビジネスSAも
定員を超えました。

前回(4月)は直前にご受講生様の
お申込みがあり、ホストを二つにしました。
結果的に一時320名という人数となりましたが、
今回は更に慎重を期して私も背水の陣で臨みます。 

7月28日(水)?30日(金)には
次回のビジネスSAが開催されます。
経営者・経営幹部の方はご一緒にご参加下さい。

16)
田舞塾などは、広島の方が講師ですから、
我々が移動して、ホテルをお借りして
オンラインケース・メソッド授業です。

17)
ワクチン接種や、感染リスクの減少を見極めてから、
?ハイブリット
?日創研の会場でリアル開催
を準備しています。

また、可能思考メソッドSAに
限りましても、面談制度を設けました。
オンラインの不備をカバーするためです。
そのための「可能思考メソッド」の「SA」の
テキストの充実も行ってまいります。

よろしくご理解くださり、人と企業の成功づくりに
全力を尽くしてまいります。

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2021年5月27日 17:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『ご満足度95%の経営サバイバルフォーラムとコメンテーター4社の見事な差別化戦略・マクロからミクロの両方の視点をもつ』」です。

次のブログ記事は「『加来耕三先生の歴史に学ぶ・4時間の懇談で「情報・知識・歴史観」の重要性と位置づけを学びました』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。