『今こそ求められる可能思考と、それを生み出すNISSOKENメソッド(昨日からビジネスSAが始まりました)』

| コメント(0)
―出来る・やれる・可能性を探求する
 こうした経営姿勢が幸運を招きツキを呼ぶ
 運もツキも呼び込む―


―あっという間に初日が過ぎましたが「凄いご受講生が多く」
 私が圧倒されました―

 
1)
昨日から社長と幹部のビジネスSAコースです。
オリエンテーションは丁寧に行いました。定員を超えたことで、
システムの対応がギリギリとなり、ご迷惑をかけました。

2)
オンラインのシステムも難しい部分がありますね。
人間よりも機械のほうが気分屋さんのような気がしました。

3)
ハーバードビジネスレビューや、スタンフォード大学の
大学院の主張=リーダーに不可欠なアウエァネス(気づき)の
仕組みの講義です。

4)
気づきの能力は同じですから、
「気づき」を高めるメソッドで可能思考を身につけると
色々な可能性が見えてきます。

5)
経営革新も,いってみれば「気づきの深さ」で
うまくいったり、いかなかったりします。
成功の因も失敗の因もすべて気づきで決まります。

6)
リーマンショックでひどい目に遭った方々も御参加ですが、
そのご体験から「ビジネスモデルの変革」に成功されて業績絶好調。

7)
感動しましたのは、ビジネスSAに参加されたら
「素直にご受講生」になられ、
最初から前向きに実習にもチャレンジです。

8)
どうしたら「成果」や「結果」をつくれるかについては、
トライ&エラーしかないでしょう。
挑まなければ失敗もないかわりに成功もない。

9)
トライ&エラーには好奇心がいります。
目標に対するコミットメントの存在がいります。
本気・没頭することです。
 
10)
西東京経営研究会の勉強会「今こそ可能思考を学ぼう」
の2時間例会が開催されたようです。
良い企画ですね。

11)
目的は、?可能思考の学びの必要性とオンライン可能思考
派遣促進だそうです。
小峯会長(23TT)協力のもと開催の報告です。

12)
派遣計画がうまく進んでいる企業事例として、
会員の?NTSロジ様のプレゼンテーションがあったよう
ですが、お礼を申しあげます。

13)
今日は、社長の責任、幹部の責任というテーマで
ディスカッションをして頂きましたが、
一部上場の社長は「成果を創る事」と明確です。

14)
株主に対してのことではなく、
結果は働く社員さんへの責任です。
社内は100%コストです。
社外(お客様)がコストを賄い結果を残しています。
だから経営活動の中心は「顧客づくり」なのです。

15)
S社長が、過日の目標実現アンバサダー大会に参加した
新入社員さんの感想文を送付くださいました。
合計8人分です。

16)
先ず、お一人の感想をお読みください。

「4月26日(月)、目標を明確にしそれに向かって努力され、
 目標を達成して堂々と発表された6名の方々の姿に
 心からかっこいいと感じました。

 自分には目標がありますが、しっかり期限を決め
 それに向かっていくという段階には程遠い状態にあります。
 なのでまず第一歩として、一年以内に目標を明確にし
 それを達成するまでの期限を決めるという目標を立てました。

 そして2年目以降に、ぜひ自分も目標実現アンバサダーに
 挑戦したいです。
 最後に、第一発表者の角倉さんが言っていた
 「私は周りを巻き込んで楽しんでいる男です」という言葉が
 すごく心に残っているので、
 ぜひ同期の仲間や働く仲間を巻き込んで、
 みんなで目標実現アンバサダーに挑戦したいです!」

17)
文章の前後には、きちんとS社長へのお礼や
感謝の言葉もあり、若者もきちんと躾けられていて
嬉しい気持ちです。

18)
いまこそ、初心に戻る。いまこそ経営理念に戻る。
今こそ自社のミッションに戻る。
ビジネスSA参加者の感想メールです。

19)
気づきを高める方法は、志を高めることですね。
低い志では物事の本質が見えません。
その志実現の為、知識や情報も必要です。

20)
コロナウイルス感染が広がりご不安な方もおられるでしょう。
でも、すべては始めがあれば収束は時間の問題です。
世界中が収束して、インフルエンザのような
受け止め方が出来るように祈るのみですね。

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2021年4月30日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『色々な人生があります。苦しくともそれを トレーニング中と考えると意欲もわきます。唯、手をこまねいてはいけない』」です。

次のブログ記事は「『リーダーは「目的の明確化」と「協働の自発性」と「コミュニケーション」を遵守せよ』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。