『貴方はどういう天与の道・自分には自分に与えられた道があると思いますか(松下経営哲学と論語と経営)』

| コメント(0)
―人間の崇高さは一人ひとりの「ミッション・ビジョン」が
 与えられているのです。自分に意味の火を点す―

―十有五にして学に志し、三十にして立つ、
 四十にして惑わず、五十にして天命を知る―


1)
一昨日は誠にありがとうございます。
御参加下さいました皆様や
ご担当頂いた方々にお礼を申しあげます。

2)
昨日・今日は「新しい時代の社長学」です。
ハイブリッドで行っています。
お声を掛けられるだけ嬉しいです。

3)
昨日はマーケティングと財務の講義で、
私はまとめで「新事業の開発や新商品づくりの基礎」
をお伝えしました。
 
4)
広島のM社長からビジョン経営沖縄セミナーを
お申込みいただきました。
未来を如何に構想するかは重要な務めです。

5)
ビジョン作成には明確な手順があります。
マーケティングの古永君と交互に
講義や質疑応答やディスカッションです。
 
6)
語る相手がいるということは、
思考の質を高め視野を広げます。
企業の成功には
「人間力・考える力・仕事力・感謝力」がいります。

7)
京都の社長塾も定員オーバーですが、
北陸からは12名も御参加です。
ハイブリッドです。
今日も数名増えました。

8)
広島のM社長も、今日の社長塾の方も、
ビジネスSAの10数名も、
「それでも人生に"YES"と言おう」の
タイトルに心が動いたようです。

9)
加来耕三先生の
「渋沢栄一翁と岩崎弥太郎の新教育カリキュラム」
は、NHKの大河ドラマの影響ですね。
20数名です。

10)     
松下幸之助翁は、
「自分には自分に与えられた道がある。
 天与の尊い道がある。
    広いときもある。狭いときもある。  
 のぼりもあれば、くだりもある。
 思案にあまる時もあろう。」
と、実践経営者の決意があり、強さがあります。

11)
経営問答塾で木野親之先生に20数年叩きこまれ、
今はパナソニック四代目社長であられ、
松下幸之助翁を看取った谷井昭雄様に師事しています。
 
12)
私も弱気になって「あきらめそうになる」時が
ありますが、お教えくださる方々のお言葉に
勇気を頂きチャレンジしているだけです。

13)
意思決定会議のみんなと食事に参りましたが、
当然、ヴィクトール・フランクル先生の話題に
なります。「意味を求める」で議論です。

14)
勿論、意味ばかり求めていたら
「窮屈になる」という場合もあるでしょう。
生きるとはどういう意味を持つか。

15)
私は、経営者や経営幹部や、父母として、
上司として、基礎・基本・応用が必要と思います。
「人間として我々は問われているわけ」です。
 
16)
ただ、逆境や困難に遭遇した時には、
「意味」が強烈なenergyを引き出してくれます。
戦う勇気です。己との葛藤です。

17)
松下幸之助翁も、自己葛藤されていたようです。
自分に問いかけ、自分に答えておられます。
谷井昭雄様は「凄い人やった」とおっしゃられます。
我々が語れば語る程
「松下幸之助翁が実物より小さくなる」
それ位深く・高く・広い「弘毅な方」なのです。

18)
多分、松下幸之助翁の生き方や、
パナソニックの偉大さに触れ、
それを語るのは谷井昭雄さんが最後の人でしょう。

19)
合同例会が終わってから、箕面の瀧道を歩きました。
静寂の中で川のせせらぐ音は、?????
心の垢を洗い流してくれるようです。
 
20)
静寂、闘い、反省、自責、お世話になりながら
甘える事しか出来ていません。
戦いに備える。準備する。そんな気持ちです。

善きことも 覚えなきこと 知りながら 
吾今ここの いのちだきしむ
得山詠歌

今日のマーケティングの観点からのご講義に、
「時代の転換点」を強く感じました。
気を緩めずに努力です。

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2021年3月19日 14:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『コロナウイルスに負けない企業内研修を社員さん・パートさん・アルバイトさんで行いました(即戦略)』」です。

次のブログ記事は「『日本の教育力と学習力と中小企業経営・4人のコメンテーターの教育哲学(経営サバイバルフォーラム)』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。