『Webinar Japan経営サバイバルフォーラム第5回サバイバル・ダイアログ(問題解決型対話集会)の生の声(三つの貢献と人の出会い・一冊の本が結ぶご縁)』

| コメント(0)
【第5回サバイバル・ダイアログのアンケート結果】
 非常に満足した    50.0%
 満足した       40.7%
 どちらでもない    5.6%
 満足できない     3.7%
 全く満足できなかった  0%

1)
昨日は第五回経営サバイバルフォーラムでした。
本番中に音が割れるなどの状態がありました。
お詫び申し上げます。
音が聞きにくいという声が約20件あり、本番中に
音響機器を入れ替えて対応しました。要注意です。

2)
今回は「プロマーケット上場企業」の佐藤社長に
お話を頂きました。
難しかったというお声は理解できます。
小売だとか、建設だとか、外食だとかだと、
製造業の海外戦略と「民事再生法」「劣後ローン」など
は耳なれないです。

3)
我々日創研は、建設現場、工場などかなりの業種の現場を
知らなければなりません。佐
藤社長の人がやらないマグネシウムなど、
参入障壁の高い事業程、しんどい部分もありますが、
結果的に、事業そのものの顧客価値は高くなります。

4)
佐藤さんは、新大阪の駅の書店で、私のベストセラー
である「理念経営のすすめ(コスモ教育出版)」を購入され、
すぐに業績アップワンポイントセミナー2日間セミナー
(松原)、私の理念経営戦略セミナー(二日間)・金沢SA
でご縁を頂戴しました。

5)
一部上場のアイケイケイさんの金子社長と同じ、
16TT(企業内教育インストラクター養成コース)の同じ社です。
これもご縁ですね。

6)
田舞塾は殆ど欠席なく、すでに17年ほどご参加いただいています。
更なるご縁は日本興業銀行のニューヨーク支店などで
活躍されたKさんも、私の『理念経営のすすめ』で、
講演や大手企業のコンサル先の社長に勧められていたようです。

7)
ある時、3社を一部上場されたE社長からお電話を頂き、
「田舞さん、良い本を書いているね。K先生が僕に
 読め読めとうるさいんだよ」と言われて、
その読後感をお伝えくださいました。

8)
近いうちに「多くの企業経営者が幹部教育に活用された
増益経営のすすめ」を上梓しますが、経営戦略本です。
カルロス・ゴーンの話を書いており、書き直し、
コロナ対策後にもふれたないようにしています。

9)
読者様は神様ですから、E社長にご紹介頂きK先生とも
親しくしており、田舞塾の講師にお招きしました。
直接金融と間接金融の講義ですが、エクイティーと
デッドという言葉も初めての方もいましたが、
佐藤社長はすぐ反応しました。

10)
そこで、K先生のご接待の時に佐藤社長をお呼びして、
「苦労」「上場のきっかけ」としてのタイ工場進出と
なったわけです。
中国の深せん工場の林さんは実に実直な経営幹部です。
この成功が次の決意を促したわけです。

11)
拙い『理念経営のすすめ』のご縁が、△線の糸口になりました。
今でも18年前の拙著を繰り返しお読み頂いているようです。
佐藤さんは、全く飾らない社長です。
おそらく「300億で30億の経常」は実現するでしょう。

12)
経営フォーラムの3月のテーマは
「日本の教育力と中小企業経営」です。
批判の多い〇〇資本主義は正当な経営陣や
企業経営を生みだすか?
それなりのエビデンスで、日本の国力が衰退し
生産性下落の要因や、家庭、学校、企業の教育の在り方、
大学などの教育力のダイアログ(対話集会)です。

13)
1000名の対話集会で、色々な事を対話して
「中小企業の活性化」に寄与してまいります。
まだようやく半分です。
熱い内容になると思います。
ダイアログにはルールがあり、反論、他者の批判は
禁じられます。
シリコンバレーの井坂先生は厳しいですが、

別府社長(光る鹿児島の中堅企業)、広島の重道社長
(25TTで4000名企業)、森脇社長(行政に詳しい)と、
それぞれの人材教育論と中小企業経営です。
大和総研の中沢先生がまとめますが、
月刊『理念と経営』の連載「経済の読み方」を、
幹部も含めてお読みください。

デンマーク元首相の教育改革のノートが見つからず、
この手法は一部の紹介になるものと思います。

以下がみなさんの感想です。
多くてすべては掲載できません。一部のご意見です。
私への容赦ないご意見OKです。
今日から三日間の「ビジネスSA」です。頑張ります。


1.「腹を決めた」どちらが正しいわからない判断が
 経営にはつきまとうので、常日頃から経営知識、経営情報、
 そして実践力重要性を感じさせていただきました。

2.その時々の気持ちや感情の部分が聞けてよかった

3.とてもアグレッシブな印象で勇気を頂きました。
 リアルな苦悩等のお話も興味深く勉強になりました。

4.とても参考になりました。
 やはり人なりだと思えるところもあり良かったです。

5.やはり行動をすぐ起こす経営者でなければならないと感じました。

6.リアルな経営のお話をお聞き出来て大変刺激を頂きました。
 経営者は熱い想いと素直さが大切と感じました。

7.如何に行動に結び付けていくことが重要であるか、
 ということを感じました。

8.以前から佐藤社長のことをすごい方だと思って
 興味を持っていましたが、
 本日、佐藤社長の人柄、意思決定、生き様に触れることが
 できて、私も明日から見習って頑張ろうと思います。

9.海外に拠点を持つ当社も、金属加工のビジネスモデルの
 再構築を今回考えさせられた。
 とても参考になりました。すぐ行動に移したいと考えている。
 ありがとうございました。

10.客観的に自分自身を見つめる目をもち、
 自分の行動を見直していかなければと感じさせて
 いただきました。

11.逆境からの企業再生が聞けてよかった

12.業界の非常識(マグネシウムなんて爆発するものは
 やらない)の分野(ニッチ)に挑戦して専門性を
 確立していったから、TOSEIの買収(俺よりマグネシウム
 事業をうまくやれるやつがいるなら連れてこい!)に
 つながったと感じました。

 ニッチにかける可能思考能力、そこに森田専務、
 林さんの有能な幹部を巻き込むリーダーシップ、
 まさに日創研の学びそのものでした。

13.苦難に立ち向かった時の心の心境、覚悟について
 その姿勢を学ばさせていただきました。

14.現実論としての本音が聞けた。

15.考えるより行動あるスピード→ごもっとも。
 当たり前だけどやってない事あるなと振り返ってました。

16.考え方、ものごとの捉え方などは、大変勉強に
 なりました。ただし、話が大きくて自社には
 合わないところもありました。

17.行動するかしないかですべて決まると実感いたしました。

18.佐藤さんのお話は本音で語られており、
 非常に良かったです。

19.佐藤さんの講演、質疑応答は本当に素晴らし
 かったです。もっと勉強しないといけないという
 気持ちになりました。

20.佐藤さんの講演を通じて、自分も常に理想(理念)
 と現実との葛藤を通じて「闘って」理想の経営を
 実現していきたい

21.佐藤さんの知らない心境や苦悩をする事が出来た。
 IPOと海外進出で経営者の価値観は大きく変わる。

22.非常に具体的で前向きであり、企業規模も身近
 なので、聞く人に勇気と希望と励みを与えて
 下さったと思います。
 佐藤さんの運の強さを指摘する方が多く居ましたが、
 運も実力の内であり、運を強くするためには
 経営者として実力を高める必要があると感じました。
 これからもしっかりと勉強して社長力を
 高めたいと思いました。ありがとうございました。

23.佐藤講師のお話しから「仮説を立てて
 検証していく」→実行力が時代のカギだと痛感させ
 られました。
 今日の学びを活かしていきたいと思います。

24.佐藤氏の豊富な知識が素晴らしい、しかしそれは
 すべてご本人の努力の結果

25.佐藤社長のご苦労されたお話、そして覚悟など、
 非常に勉強になりました。

26.佐藤社長の企業家精神(情熱)に自分自身を見直す
 きっかけをいただきました。

27.佐藤社長の社のサプライチェーンの図を社内で
 すぐ実行しようと行動します。

28.佐藤社長の心構えが非常に心に響いた

29.佐藤社長の善循環に向かう信念やビジョン
 があると、神が降りてくる瞬間があるのだなと思いました。
 セレンディピティでしょうか?
 勘違い、怖さを知らないというのも、一つの才能
 だと思いました。

30.佐藤社長の話を伺ってリーダーとしてのあるべき姿
 を学びました。
 行動意欲、知識欲、志への欲を感じ、かき立てる
 ような学びでした。
 非常に赤裸々なお話の中から、自社と自分の在り方
 を見つめ、問い直すような時間でした。

31.佐藤代表取締役社長のお話が魂が入って
 引き込まれました。
 本を読むという習慣がない私にとっては
 今日からスタートします。
 先ずは「月刊理念と経営」です。

32.佐藤様の学び続ける姿勢に大変感銘を受けました。
 本気で学び続けるからこそ、運命的な出会いがある
 ものだということに勇気をいただきました。

33.佐藤様の講演は大変参考になりました。
 勇気が湧きました。

34.参加されている方が本当に素晴らしい方ばかりで
 とてもよかったです。

35.自分の仕事の中での立ち位置を見直すいい機会
 になった。明日からも行動重視で仕事をしたい

36.実践している経営者の生の声は信用できます。

37.飾らず率直にお話しして頂けたので、
 前向きに捉え行動する勇気をもらえました。

38.世界を身近に感じるとても素晴らしい内容でした。
 成功される方は光の部分を支える見えない
 基礎・基本の部分がとても大きいので、
 体験談をお聞きして、その一端に触れることは
 とても勉強になります。
 理念との戦いの部分は私が父に感じる近づけば
 遠くなる背中に重ね合わせ、
 感慨深く聞かせていただきました。
 佐藤講師、田舞代表、中沢講師、福島さん、
 受講された方々ありがとうございました。

39.成功企業の苦難・障害という逆境をどう捉え、
 どう考え、どう乗り換えてきたか伝わってくる
 素晴らしい内容でした。
 またお客様に掛ける責任感の必要性を感じました。

40.生産業ではないので難しかったが、
 佐藤さんの行動力とスピードが今の結果を作り
 出しているのだと感じた。

41.インスタントな学びよりも「こういう難しい
 ダイアログ(対話集会)」も大いに良い物です。


コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2021年2月 5日 12:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『プログレスサポート三社 成功の共通点は人財育成にある。社長と幹部が近くなった)』」です。

次のブログ記事は「『TT修了生の逞しさを感じました。「熱意・情熱・執念」に加えてのマネジメントが重要(コロナ禍のビジネスSA)』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。