『プログレスサポート三社 成功の共通点は人財育成にある。社長と幹部が近くなった)』

| コメント(0)

―人財とは「人間力・考える力・仕事力・感謝力」を
 「統合する力」をもつ者のこと―

―企業内OJTプログラムの成果が実りだした
 (社長力・管理力・現場力の三位一体経営)―



1)
昨日は二日続けての企業内OJTプログラムの
オンライン講義でした。
A日程は「情熱・熱意・執念」B日程は「すぐやる習慣」です。
「すぐやる習慣」がもたらす効能と、
「ぐずぐず癖」がもたらす悪循環のお話です。

2)
すぐやる習慣を身につけている人は、多くのものを
周囲にも自分にも与えていきます。
「ぐずぐず癖」は不幸を創るのです。

3)
パワーポイントを作って下さるスタッフが素晴らしく、
「すぐやる脳」と「ぐずぐず脳」を周囲に分かり易く
図にしています。

4)
原稿は自分で書き上げるのですが、
原稿以上に作図してくれますから、
その場で「色々な話題」に広がります。

5)
「すぐやる習慣」は誰もが創り出すことが出来ます。
ただ、「やっている意識」の段階では熟練度は50点ですね。

6)
「やらされ感」には永遠に「すぐやる習慣」は身につきません。
だから体験学習してセルフ・アウェアネス
(自己への気づき)がいるのです。

7)
ただ、単なる自分自身のバイアスがかかった「気づき」は
偽物の気づきです。
ここには「他社からの評価」は入りません。

8)
ハーバードビジネスレビューでは、
2020年からビジネスマンに必須の能力は
「セルフ・アウェアネス」という研究論文を掲載しています。

9)
まさに、日創研の可能思考教育が陽の目を見た瞬間ですが、
我々はもう一歩先んじて、
「気づきへの壁」の存在を述べています。

10)
思考の質、感情の質などによって、
思考バイアス・感情バイアスがかかり
「正しい自己認知」を妨げて捻じ曲げてしまうのです。
「これらに深く気づく方法」
それが、可能思考メソッドです。

11)
大学などの機関は学問の入り口であり、
実践こそが真の学問で在り「人を豊かにさせる」
(スマイルズ)。実践を促しています。

12)
可能思考教育SC自己実現コースも、二本を同時開催
していますが、二日目の状況を尋ねました。
革新した「可能思考メソッド」の効果です。

13)
皆様も、企業内OJTプログラムの「C日程開催」を
企画しています。
A・B日程の二日間で2千数百人の方々にお伝えしました。
法人ご契約になりますが、月に3本の内容の濃い
「日創研独自にOJT」は好評を得ています。
コロナ対策から生まれたものです。

14)
また、4月からの34TT(企業内教育
インストラクター養成コース)も100名を超えました。
女性の社長・幹部が多いようです。
新しくリニューアルしてまいりますが、
秋にはTTアワードを開催します。
目標実現アンバサダー大会も4月26日開催です。

15)
とにかく、このコロナに打ち勝つためにも
「次々に手を打って」いかなければ、
「中小企業の活性化」は嘘になります。

16)
更に昨日は、三社の「プログレスレビュー」を行いました。
今年は五社の受け持ちです。
昨対はコロナ前ですが、A社様は7千万の経常です。

17)
もちろん、昨年の3月4月は「コロナで部品調達」ができず、
赤字に陥りました。
オンラインでディスカッションしながら、
ここまで急回復するとは予期しませんでした。
社長の発言も非常にさわやかで「嬉しい限り」です。

18)
もう1社は黒字ですが、業界の市場が急激に
狭くなっていますが、H社さまは女性幹部Oさんの活躍で、
他社には真似ができないような仕組みを、
片方善治先生の「新ビジネス」で獲得し、かなり上向きです。

19)
もう1社様は業績好調ですが、人員不足で悩まれています。
3社様の共通方針は「徹底した人財育成」だそうです。
3社様とも「日創研一本」とまで述べてくださり、
未熟な我々もさらに努力が求められます。
幸い若手が台頭しています。

20)
経営相談にも追われていますが、名古屋S社長の
レスポンスは「すぐやる脳」ですね。
次々に手を打ち、報告をくれます。
誰もが「人間力・考える力・仕事力・感謝力」を
もっていますが、
バラバラに機能するとうまくいきません。

可能思考とは、この人間力・考える力・仕事力・
感謝力の「ど真ん中」にあり、
4つを統合する力となります。
「出来ない、ムリだ、自分は駄目だ」思考は、
ばらばらで統合されていません。

「出来る・やれる」の状態は、
人間力・考える力・仕事力・感謝力を可能思考が
統合させているのです。
今日は、経営フォーラムです。
佐藤社長の幾度となく「地獄から這い上がった姿」は
私も見ています。
是非、聞いてください。

 

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type