入社時の面接で研修を受講してもらう事を説明し、研修受講が嫌な人は採用しないD社の業績

| コメント(0)
愛なる皆様へ
お元気ですか。

1)
大阪開催の可能思考研修SA 自己成長コースが終了しました。
今回も新しい方々との出会いがあり、ご縁が生まれました。
私は主に職能教育やコミュニケーション教育を担当していますが、一番楽しい研修です。

2)
お一人おひとりの人生に関わる内容ですから、自己への気づきはとても重要な位置づけです。
この教育カリキュラムで、企業の成長・発展を促進し、人づくりに成功した企業様もたくさんおられます。

3)
まず第一は、夢を持つこと、希望を持つこと、自分の才能を磨く事など、自己成長への意欲が大切です。

・IMD発表の国際競争力ランキングは、昨年比で順位を5つ落として63か国中30位でした。
・日本企業の意思決定速度は63か国中63位。機会脅威への素早い対応は63か国中62位でした。
・自分の城は自分で守る気概がなければ、日本の中小企業の活性化はいよいよ追い込まれてしまうでしょう。

4)
現在の日本経済や、話題の老後問題などがありますが、企業によっては大きなチャンスの時代です。

5)
例えば、7月の田舞塾でケース・メソッド授業を行う四国のD社様は優れた製造業です。
前期は売上13億6,000万円、経常利益率12.1%、経常利益1億6,600万円で、まさにコア・コンピタンス経営です。
先代が昨年お亡くなりになられましたが、実直でお人柄も素晴らしい方でした。

6)
先代は、1999年に石原金属株式会社の石原社長から私の研修に誘われ、何も判らず受講されました。
20年前からすると素晴らしい成長ぶりで、現社長の経営手腕も凄いです。

7)
生前に現社長にすでに事業を継承して、全てを解決されて天国に召されました。
今でもお名前を呼んでお線香をあげています。
ご子息も起業家養成スクールを卒業され、理想的な企業様です。

8)
京都の社長塾にも無理して通って頂きましたが、
お休みの時にお電話すると、すでに覚悟を決められていました。

9)
人材育成も制度化されており、現在は入社時の面接で研修を受講してもらう事を説明し
研修受講が嫌な人は採用していないようです。

10)
良い企業様の特徴ですが、人づくりを仕組化されています。
そのご相談は「人財育成のお困りごとWeb相談窓口」にて、
無料で仕組化などの事例やアドバイスをさせて頂いています。

11)
このD社様は可能思考研修は全員受講ですが、
係長職以上はマネジメント6か月養成コース修了を必須にしています。

12)
日創研は、「人と企業の成功づくり」が目的と使命です。
人間の成長の方程式は、縦軸と横軸の因果関係が脳科学的にも明確です。
可能思考研修は、そのようなエビデンスを元にしています。

13)
月刊『理念と経営』でもお分かり頂けるように、各大学の諸先生方のご支援を多く得ています。
東京大学の玄田 有史先生、脳研究の世界的権威の池谷 裕二先生、
早稲田大学のMBA教授で"世界の有力コンサルタント25人"選出の内田和成先生などです。

14)
恐らく、経営学の権威・リーダーシップ・コミュニケーション・心理学など、
ご教授下さる方々は、日創研のご受講生の熱心さにいつも驚かれています。

15)
なぜ、日創研の経営者はこんなに熱心なのか?とお尋ねされますが、
やはり、可能思考研修があるからでしょうね。
黒字企業91.7%の特徴は、人材育成を仕組化されているのです。

16)
顕著に、シグモイド効果が他社と違い、継続と徹底を図る仕組が出来ているのですね。
社長の人間愛と、仕事の出来る、雇用され得る能力に力点を置いています。

17)
「日創研との出会いが無かったら今のD社はなく、田舎の鉄工所のまま無くなっていると感じている」と、
先代にも、今のI社長にも過分なお言葉を頂いていますが、非常に光栄です。

18)
古永君の実践ビジネススクール受講をきっかけに、経営方針発表を毎年行うようになり、
現在は上期、下期の年2回、方針発表をしておられます。

19)
なお、11月の32TTコース終了以降、
経営方針書の進捗管理と発表大会のお手伝いを希望者のみ一年間行う予定です。
自社内のSWOT分析もどちらかというと不明確で、そうした分析や進捗システムも開催します。

20)
先代は現社長をTTコースに行かせるために、自分が先に17TTコースを修了されました。
先代の教育哲学は、「先ず自分が受けてみない事には分らん」が口癖だったようです。

21)
長男は、2013年に入社。
起業家養成スクールで26TTコースを修了し、着々と事業承継が進んでいます。
現社長も熱心で、田舞塾やコア・コンピタンス経営も明確です。

22)
1.第2回 TTアワード記念大会
2.目標実現アンバサダーブロック大会・グランプリ大会、
3.「理念と経営」経営者の会全国大会、
4.企業内マネジメントコーチング協会全国大会など、フォローアップの大会が目白押しです。
1?3は全国各地で無料で学べる素晴らしい大会です。
日創研を御社の経営資源として最大活用して頂ければ、「人と企業の成功づくり」は間違いなしです。
田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2019年6月21日 16:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「田舞塾事例企業の27年間の学びと企業訪問(ポーター教授・本業で社会への共有価値を創造する)」です。

次のブログ記事は「尊敬する友の叙勲祝い、そしてご退任されるT会長へのご挨拶」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。