目標実現能力を高めながら未来を担う社員さんを育てよう(目標実現アンバサダーブロック大会)

| コメント(0)
親愛なる皆様へ
お元気ですか。

1)
日創研では、昨年から"人と企業の成功づくり"を打ち出して、様々な取り組みを行ってきました。
まだ、軌道に乗っていない部分もありご迷惑をお掛けしております。お許し下さい。

2)
なかなか、思った通りいかないものです。
イノベーションは、マインドのイノベーションからだと日々反省しています。
でも、皆様からの励ましや激励メールも頂き、嬉しい限りです。

3)
昨年の第1回TTアワード記念大会は大成功でした。
今年も、第2回TTアワード大賞の準備が進んでいますが、
凄い企業様ばかりで、我々日創研が、逆に教えを請わなければならない会員企業様が多いです。

4)
過日も、3TTコース卒で『カンブリア宮殿(テレビ東京系)』で取り上げられた、
たこ満の平松社長様に、NEWビジネスモデル発表大会で事例発表の講演を頂戴しました。
やはり、上辺だけの経営哲学では通用しない時代になってきましたね。

5)
たこ満さんは静岡県の掛川を拠点に浜松周辺に20数店舗展開されていますが、
業績が実に健全に伸びておられ、日創研の会員企業の中でも模範的企業です。
(今度、平松社長と私の対談が、静岡経営研究会で行なわれます)

6)
平松社長とは、商業界ゼミナールで私が講演させて頂いたのと、
平松社長ご自身が掛川青年会議所の理事長だったご縁で、TTコースまでご参加されました。

7)
昔の青年会議所は、メンバーの向上心やビジョン・企業経営に真剣に取り組む分、強い問題意識がありました。
平松社長もそのお一人で、日創研の大阪センターで学んでは、
夜の青年会議所の理事会や例会に出られて、再び大阪にトンボ帰りしておられました。

8)
日創研のご受講生には、尊敬する経営者がずらりと並び、
圧倒的な人財育成と経営手腕で、人物も経営も凄い方々ばかりがおられます。
平松社長は、障害者雇用など社会的な奉仕活動にも陰徳を積まれています。

9)
昨年のTTコースには、たこ満さんからも有能な副社長がご参加でした。
私は、実感として、強く「人財の格差が企業格差」になると危機感をもっています。32TTも更に革新していく予定です。

10)
さて、日創研の新たな取り組みの中の一つが、
4月15日(月)に東京研修センターと大阪研修センターで同日開催する、
初の「目標実現アンバサダーブロック大会」です。

11)
この企画は、昨年の会員企業の皆様からのアンケートで、
「研修終了後のフォローを充実してもらいたい」というお声を頂き、
それにお応えしての大会開催です。誰もが無料で参加出来、審査に自由に参加できます。

12)
目標実現アンバサダーブロック大会では、
各地の可能思考研修PSV 目標実現コースでプレゼンテーションを行い、
60日間で素晴らしい成果や成長を遂げ、優秀賞獲得者のブロック大会です。

13)
私が、スタンフォード大学に行っておりました折から、
ピッチコンテストというものがシリコンバレーでも盛んになる兆しでした。
これは、働く社員さんの目標実現能力をアップする、こうした形を導入させて頂いています。

14)
当日はPSV 目標実現コースの名物講師の基調講演もあります。
「人と企業の成功づくり」そしてそのための目標実現に向けて何が大切なのか、
目標実現のポイントを学んでいきます。

15)
この目標実現アンバサダーブロック大会に、是非、社員さんと一緒に参加してください。
皆様参加者が審査員になります。
素晴らしい目標実現コースでの学びのプレゼンテーションを一緒にお聞頂き、
その後、ディスカッションの時間を設けています。

16)
現在の可能思考研修PSV 目標実現コースは、
社員さんが如何に素晴らしい能力を持っているのか?多分驚かれる思います。
誰もが参加登録すれば、無料でご参加頂けます。
このような時にこそ、社員さんと一緒に参加すると、どんな会社にしたいかを共に語れます。

17)
社員さんと本音で、会社や人財育成のビジョンを話し合う機会はなかなかありません。
社長・幹部・社員さんがビジョンの共有や、ビジョンに対する想いを高める機会と捉えています。

18)
また、目標実現する人に共通する成功要因を学ぶことができます。
やはり、目標実現する人には共通するところがあるのです。
我々日創研は、脳研究について講師陣が学んでいます。

19)
私たちは、目標実現に向けてどれだけ脳を活用出来ているかというと、
うまくいかない人は、脳全体のわずか20%、活用しても40%くらいという研究もあります。

20)
つまり、目標に本気で取り組まない人たちは、平等の財産である脳全体を、60?80%無駄にして捨てているのです。
目標実現に向けて、どれだけ集中して脳を活用出来るかが大きな差になってきます。

21)
どうぞ、今回の目標実現アンバサダーブロック大会にご参加頂き、
改めてご自身のビジョンや目標実現に対する意欲を高めましょう。

22)
そして、社員さんと共にビジョンや目標を大いに語り合いましょう。
今いる社員さんが、やがて幹部になり、企業を担っていくのです。
未来を創るのは社員さんなのです。

23)
最初は少人数で開催しますが、アドバイザーとしても、ご意見を頂戴して人財育成の場を広げていきます。
本格的に「社員教育した会社しか残れない時代」です。インスタントでは真に人は育ちません。
皆さんのご参加をお待ちしております。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2019年3月25日 21:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社長にはリーダーとしての使命があり、No.2にはNo.2の美学が要る(ベアハグ幹部のSA 自己成長コースのビジョン)」です。

次のブログ記事は「マルチタスク型人財育成のための目標実現アンバサダー大会と、人間的魅力の研究(京都・社長塾)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。