大きな構想(ビジョン)は、その人を突き動かし、深く考えさせ、周囲が考える以上に実現していく(新春経営者セミナー報告 1/2)』

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。


1)
今年の新春経営者セミナー「企業革新?未来へつなぐ?」が終了しました。
昨年、インフルエンザでご参加出来なかった方々が、
わざわざ予防接種して万全を期し、「今年は来れました!」というお声が嬉しかったです。


2)
特に北海道から駆けつけて下さったK様のお顔を見て感謝の念でいっぱいでした。
新春経営者セミナーのご参加者のうち、多くの方が常連様として毎年ご参加下さっています。
残りの方々は、様々な悲喜こもごものご事情がありますが、今年も会場が埋まり、お礼を申し上げます。


3)
初日のトップバッターは、月刊『理念と経営』で日頃からご支援下さっている寺島実郎先生が、
「2019年への視座 ?変わる世界の構造と日本の進路?」をテーマにご講演頂きました。


4)
寺島先生は、お若い時から三井物産戦略研究所で活躍され、私にとっては青年会議所時代から憧れの方でした。
非常にバランス感覚があり、今でも日本総合研究所や多摩大学などのトップでご活躍です。


5)
寺島先生とは、年に何度かお会いする機会がありますが、
月刊『理念と経営』1月号で対談された国谷裕子キャスターを、多摩大学で呼ばれるそうです。


6)
初日の二番目は、株式会社マイファームの西辻 一真氏社長に、
「自産自消ができる社会のその先へ」のテーマでご講演頂きました。
西辻社長は農業ベンチャーですが、ピュアで感動しました。自然は人間性を豊かにするのですね。
西郷南州翁は、農本主義ですが人間の幸福を尺度にすれば、重商主義の非人間的な主張より優れていると思います。


7)
初日最後の飛?産業株式会社の岡田 贊三社長は、まるで仏様のようなお方でした。
論より証拠で、家具職人4人が壇上に上がっての挨拶や「匠30訓唱和」は感動しました。


8)
第7回「心に残る、ありがとう!」体験談 贈賞式は、応募総数2,000通以上の中からの10人が選考対象でした。
選考委員は作家の小檜山博先生、無言館館主・作家の窪島誠一郎先生、アイ・ケイ・ケイの金子和斗志社長の三名でした。


9)
31TTコースの高山社長の幹部社員さんの、涙を流しながらの朗読には目頭を熱くしました。
このような幹部社員さんがいれば成長するはずです。


10)
初めて開催した当時は、意味がお分かりにならなかった方が多かったのですが、
社内に落とし込まれる企業様も増えてきました。
ありがとう経営(社長力・管理力・現場力の三位一体論)の一環ですが、
人間力・考える力・仕事力・感謝力の企業文化には欠かせません。


11)
二日目朝に「無印良品の経営改革とグローバル展開」でご講演頂いた、株式会社良品計画の松井 忠三前会長は、
なぜ、無印良品が赤字に転落したのか、その理由を述べられました。


12)
日創研でいう「可能思考教育」そのままです。
基本を忘れ、慢心が置き、危機感が薄れ、目先だけの対処に終われ、あきらめる。
企業革新は、やはり社長・幹部のマインド・イノベーションが一番大事なのですね。
松井前会長は、そこから企業革新されてました。


13)
二日目午後から「WASHハウスのコインランドリー事業とビジネスモデル、その革新性」でご講演の
WASHハウスの児玉 康孝社長は、田舞塾での質疑応答での構想のうち、3つを具体的な形にされていました。


14)
田舞塾の時と比べ、「加盟店へのファイナンス事業」「洗剤工場」「災害救助・移動型洗濯機事業」を実現されています。
今月は中国に飛び、中国の有力都市との「特別洗濯機生産工場」の契約をしに行かれます。
定点観測すると非常に深く学べます。


15)
児玉社長のビジネスの構想力、実践力、スピード経営は、我々も学ばなければと思いました。
大きな構想は、その人を突き動かし、深く考えさせ、周囲が考える以上に実現していくのです。
児玉社長は言った事をやり抜く実践の人だと思いました。


16)
今回驚いたのは、昨年の社長塾に講師としてお招きした先生が、ご受講生としてご参加されていたことです。
100年以上続き、創業以来一度も赤字を出していないスーパー"サンヨネ"の三浦社長様です。


17)
サンヨネさんには、マイケルポーターがいう、社会的共通価値の創出が有ります。
1.売上は200億円以上は拡大しない(徹底して安全にこだわる)。
2.経常利益も8億円以上は要らない(それ以上は社員さんに分配している)
3.我が社は「永続する」ことが目的(だから目先の利益を追わない)。


18)
社長塾でのご講演が強く印象に残っていただけに、お顔を見た時は、一瞬目を疑うようでした。
ご参加された理由は、「昨年10月の講演の際、皆さんの真剣な学ぶ態度に感動し、一体なぜこんなに真剣に学ばれるのか?」
その理由をお知りになろうと、ホームページをご覧になってご参加されたとのことでした。


19)
他にも、田舞塾では数人の講師の方が、私のSA自己成長コースに参加して会員企業様になられたり、
可能思考教育や職能教育を活用して下さっています。


20)
磐石な業界でのポジションを築かれ、地域ではブランド力のある会社様で、
無借金で現金支払い、可能思考教育でも申し分のない人財がいらっしゃいます。


21)
サンヨネの三浦社長様も、講師の時には歯切れよくお話をされる方ですが、
ご立派な方ほど、学ばれる時の姿勢は真剣で真摯です。
第15期社長塾の皆様方がお招き下さったわけですが、心よりお礼を申し上げます。


22)
33年間、成長企業・衰退していく企業を見てきましたが、成長企業は社長はじめ全員が、経営の基本を大事にしています。

私は、以前、京都・社長塾で、2つの質問をしたことがあります。
A.世界で最も偉大な経営学者は何方でしょう?。
B.駄目になっていく会社の特徴は何でしょう(衰退する法則五箇条)?


そして、Aの答えは「孔子」だとお伝えしています。理由は、論語の「温故知新」こそ、最大の経営学なのです。
第一に、企業経営の第一は基本(原理原則・使命・経営理念・ビジョン)が如何に明確になっているかどうかです。

Bの、いつも新しいものを節操もなく求めている人が、究極最後は衰退の法則の5段階を歩んでいます。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2019年1月22日 21:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マルチタスク」人財です。基本教育と生産性アップは表裏一体です。(基本と応用のどちらを優先?)』」です。

次のブログ記事は「人を育て業績を上げて良い会社にする7つの条件(サウナでの懇談会・野津喬会頭のお墓参り)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。