今年一年の全ての研修が無事終了しました (今年は徹底したイノベーションの年、そして起業家養成スクール生への祈り)

| コメント(0)


『今年一年の全ての研修が無事終了しました
 (今年は徹底したイノベーションの年、そして起業家養成スクール生への祈り)』

 

親愛なる皆様へ
お元気ですか


1)
第25期起業家養成スクールの閉校式をもって、2018年のすべての研修が終了しました。
すべては、皆様からご支援頂きました賜物であり、
ファシリテーター様はじめ、色々な形でサポートして下さった全国の皆様に心よりお礼を申し上げます。


2)
「?イノベーション(革新・進化)を通じて会員企業の「成功企業」づくり」が、
今年の社長方針でしたので、社員全員一丸となって取り組みました。
まずは「マインドイノベーション」に手をつけないと、到底無理だと実体験をしました。


3)
昨年、全社員がSA自己成長コースを再受講していたことが、最大効果だったと思います。
今年は、可能思考教育のイノベーションが完成しました。


4)
来年は「目標実現型NM式人事評価制度セミナー」を10社限定で行います。
ワンウェイの評価ではなく、「新しい時代の社長学」で最大活用しているCIA診断手法を取り入れていきます。


5)
また、現在執筆中の「研修・効果理論」を可能思考教育にも徹底導入です。
スタンフォード大学でのリテンションプログラムは、
日創研では創業以来行っていましたが、せっかくの「効果理論の実行」が為されていません。


6)
来年度の32TTコースは、この「研修効果理論と実践」を教育カリキュラムに追加します。
社員の定着効果策も、幾重にも完成しています。


7)
SAコース、SCコースを修了後、PSV目標実現コース前に「個人別AIA診断」の実施が決まりました。
実際の「研修効果測定」を定量的に評価して、可能思考教育の受講が、どの部分で効果があったのかを明確にします。


8)
修了3ヵ月後効果測定、一年後測定をして、その結果に基づいてのフォローアップセミナーの開催です。


9)
檜山講師の5W2H思考一日セミナーが好評を頂き、もっとこの点に力を入れた内容にイノベーションされています。
PSV目標実現コースは再受講OKですから、SAコース・PSVコース再受講にもトライして試して下さい。


10)
「新しい時代の社長学」が、ようやく半年が過ぎました。
アクティベーターが進行役の戦略策定会議にも慣れてこられた会社様が多くなり、
うれしいお声やご評価を頂いています。


11)
参加企業のS社様は、計6名で研修にお越しになっていますが、
同じ知識や同じ情報をもって戦略策定会議を行うことで、非常にスムーズにいっています。
S社長は田舞塾にもご参加ですが、どんどん発展の可能性があります。


12)
今年も複数参加の方々が多くおられますが、効果性の面でも来年度はもっとお勧めする必要性を感じました。
シビアなS社長様からは、「金額ではなくて『費用対効果の価格価値がどういうことか』を日創研から学んだ。」
といううれしいお言葉もありました。


13)
CIA戦略の仕組みを作成し、
「幹部さんからの嬉しい発言もあり、700万円を出した価値があった。」というお言葉を頂いたようです。


14)
第25期起業家養成スクールの最後のスケジュールは、創業の精神の講演、六甲縦走と続き、
経営方針発表にはOBやご父兄も大勢駆けつけて下さり、私の卒業記念講演も無事終わりました。


16)
卒業記念講演では、卒業生一人ひとりに得山詠歌を詠み、
最後に、「オヤジの祈り」という文章を読み上げました。

オヤジの祈り

世の中の人々の幸せのために、どうか役に立つような人間であって欲しい。
単にお金を追うだけではなく、志をもって高い理想に挑んで欲しい。
君達は自分の仕事に誇りをもち、与えられた仕事の意味や責任を深めて欲しい。
たとえ、ささやかな仕事でも恥らわずに自分の道を純粋に求め続けて欲しい。
名声を追わず世の中を侮らず、心から世の中の人々を愛して欲しい。
真の指導者は自己犠牲をも厭わない。そんな人間を目指して欲しい。
君達がこの日創研に集って人々の幸せのために学び自らを鍛えたように、
生涯、働く社員さんや、お困りのお客様のために尽くして欲しい。
人を幸福にするために君の仕事がありますように。
ふたたび君達とお出会いができますように。
一人君達との一年を思い出しながら旅立ちを祈る。

田舞徳太郎


17)
年末の日創研は、全員が新春経営者セミナーでバタバタしています。
毎年恒例の忙しさですが、皆さん頑張ってくれています。


18)
閉校式が終わって久しぶりに帰宅しましたが、
帰宅途中に明治の森・箕面国定公園に立ち寄り、一人黙々と月を仰ぎながら箕面の瀧道を歩きました。
夜の瀧道は格別です。昔はお猿さんや、猪に出会う時もありましたが、最近は静かです。


19)
まだ、年末の会議が控えており、全社の経営方針と経営計画発表と、社員さんの一人ひとりの三ヵ年や、ミッションの発表です。
今年は、孫たち二人が受験ですから、神戸ポートピアホテルではなく、私も孫と同じような気持で正月は自宅です。


お一人お一人にお礼のお言葉をお伝えしなければなりませんがお許し下さい。心より感謝申し上げます。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2018年12月27日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「戦没画学生を慰霊する窪島誠一郎先生開館の美術館『無言館』よ、いつまでも」です。

次のブログ記事は「年賀・2019年が皆様にとってより良き年になりますように祈念します。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。