理念は浸透します。浸透しないのは理念ではなく単なる美辞麗句だからなのです。

| コメント(0)

親愛なる皆様へ
お元気ですか


1)
シリコンバレーに先月に出発してからようやく自宅に戻りました。
書籍や書類が女房と孫できちんと片付けられていましたが、非常に慌てました。
山積みで乱れているようで、ジャンルごとに置いていますので、女房と二人で汗だくで、探し回りました。


2)
今日からの「第1回TTアワード記念大会」のために東京に来ています。
審査委員長で16TT卒業のアイ・ケイ・ケイの金子社長と、事前に打ち合わせしました。
東京証券取引所一部上場は、15年前のTTコースで最終決断されたようです。


3)
阿波製紙の三木社長をはじめ、
多くのTT卒業生が東京証券取引所一部・二部、ジャスダック、東証マザーズなどに上場されていますが、
皆様全員が今でも自ら学び続け、幹部社員さん・社員さんのご派遣を頂いています。


4)
今日の田舞徳太郎通信のテーマは、
「理念は浸透します。浸透しないのは理念ではなく単なる美辞麗句だからなのです」です。


5)
大阪センターで理念経営戦略セミナーを終えて、
すぐ翌日から経営理念作成セミナー(経営理念塾の上級コース)でしたが、
この教育カリキュラムは、講師泣かせで心身共にエネルギーを使い切る研修です。
今年も稲葉講師にサポート頂きましたが、私もかなりの時間を添削に割きました。


6)
単に経営理念の添削だけではなく、文章の「を」を「と」に添削することで、
新事業が見えたり、ビジネスモデルも大きく変わります。
マーケティング、人財育成、エンゲージメントも含めての経営理念体系づくりですから、我々も必死です。


7)
今年も20社限定でしたので、ご迷惑をおかけした企業様にはお詫びします。
稲葉講師と二人で、精一杯出来るのは20社までですが、それだけ、経営理念体系の完成は深いものです。
本当は全員が経営理念作成セミナーまで学んで頂ければ良いのですがお許し下さい。


8)
会場は、明治の森・箕面国定公園内の「箕面加古川山荘・明徳庵」で、
毎年2泊3日で行っていますが、最高の場所です。
私が大好きなサウナも水風呂もありますから、非常に大切に作っています。


9)
今回ご参加の方々も非常に真剣でした。
くじ引きで稲葉チーム、田舞チームに10社ずつ分かれての体系づくりでした。
単に「経営理念」を作るのではありません。
事業ドメイン、マーケティング、財務、新規事業など、多岐にわたる幅広い添削をしなければなりません。


10)
驚いたのは、今回は27TTコース卒の方々が4社が参加されていたことであり、
4年前当時の経営方針作成を思い出しました。
ある方は5人で参加で、熱意溢れる添削となりました。


11)
主な経営理念体系は見事なものが出来上がりましたが、宿題も出しました。
つまり、「ものづくり部品のプラットフォーム構想」が大きく膨らんだのです。
IT・Iotなどを活用した問屋機能づくりの添削になり、シリコンバレーから帰国したての私も大いに励まされました。


12)
皆さま方には奇想天外と思われるでしょうが、販売した部品のIotによる管理で、事故回避、不良品回避で、徹底した差別化です。
茨城県を本社に、東京支社を含めて三営業所をお持ちですが、ビジョンに基づき、非常にビジョン的な志の高い企業です。


13)
27TTコース卒の方々が4社全員が高い経常利益率を維持しています。
正しい経営理念は必ず、利益につながるのです。
私は、松下経営哲学と、スタンフォード大学のジェリーポラス教授やジムコリンズ教授の影響を強く受けています。
そこが基本の経営理念塾です。


14)
スタンフォード大学時代、ジェリーポラス教授の教授室を度々訪問して、
理解出来なかったところを貪欲に学びました。教授も親切でした。
日本でも大ヒットした「ビジョナリー・カンパニー」の著者でもありますから、約束の時間を大幅に超えてご迷惑もかけました。


15)
ある時、世界的な製薬会社「メルク」の米国本社のお話を頂戴しました。
まだ、ノーベル賞を受賞する前の大村智教授に大きな支援をされている最中のお話でした。

ジョージ・W・メルクの言葉

「医療品は人々のためにあるのであり、利益のためにあるのではないことを決して忘れてはならない。」


「どのようにすれば全ての人々に最良の医薬品を届けることができるだろうか。
 その答えを見出し、最高の成果を全人類にもたらすまでは休むことはできない。」


 ジョージ・W・メルクの言葉通り、開発した寄生虫病の治療薬をWHOを通じて無償供与し、
メルクがすべての費用を負担し、アフリカなどの村々へ薬を届けて回り、数億人の患者を救いました。


16)
教授室で、言いようのない感動を覚えたことを久しぶりに思い出しました。
苦しんでいた当時の私にとって、崇高な言葉は苦悩を希望に変えてくれました。


17)
ある苦しんでいる企業様も今回はご参加でした。
事業承継、三事業の売上構成比、これからのビジネスモデルの革新、長時間に渡っての添削でした。
気になっていた東京のH君も二年越しで参加し、理念を無事に完成させてくれてうれしかったです。


18)
経営理念は、企業の永続、業績、文化、人財育成、マーケティング、ブランドなどに大きな影響を与えます。
今回ご参加の藤井社長には、経常利益率を0.1%から10.6%にした体験談を60分お願いしました。


19)
同じく和田社長の経営理念体系は感動でした。
原子力の廃炉などの超高度なお仕事をされ、国に直接貢献している企業様ですが、
「働く社員さんは自社の宝であり、社会インフラを守る国の宝である」の、経営理念の一連の流れに感動しました。


20)
経営理念の確立をしているかいないかを比較した調査研究もあります。
理念の体系化企業は、営業利益率、製品開発、マーケティング、ブランド、人財育成、定着率で、圧倒的な成長です。


21)
経営理念こそ経営基盤を磐石にする最大の武器ですが、それが浸透しないという声を耳にします。
浸透しないのではなく、そもそも経営理念になっていないのです。
美辞麗句とか、精神面に偏ると、新しい価値を生み出すことは出来ないのです。


田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type