社長や幹部で企業は栄枯盛衰する

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

●今日の教訓

 困難や障害を、山や谷をどれだけ多く乗り越えたかで、
 その人の人生が決まるのです。

 幸之助は、大きな試練のたびに、絶望を希望に変え、
 厳しい人生荒波を前進へのエネルギーに変えて、力強く経営してきたのです。

 頂上は一つでも、道は無数にあるのです。

             木野 親之 松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日より

メールの返信が出来ておりません。お許しください。

1)
月刊『理念と経営』の「心に残る、ありがとう」作文の審査委員として誠実にご支援を頂きました、
夏樹静子先生が亡くなられました。私はお通夜にもお葬式にも出れませんでしたが、最高の人生だったと思います。


2)
審査委員長は文化勲章を受けられた中西進先生、宗教学者の山折哲雄先生の三人の方々にお願いしていましたが、
新春経営者セミナーで行われる授賞式での先生方のお言葉が一言一言思い出されます。


3)
先生方は日本の文化人を代表する方であり、背戸さんの人脈の大きさに感謝しています。
テレビでも夏樹静子先生のご逝去が報道されていましたが、心からご冥福を祈念しています。


4)
夏樹静子先生には色々なことを学びました。非常に静かな方であり、お言葉も優しく接して頂きました。
人間は生きたように亡くなると言われますが、急性心不全で、笑顔のあとに亡くなられたようです。


5)
日本創造教育研究所では「ありがとう経営の推進」を運動として行っていますが、
この月刊『理念と経営』の作文募集もその一環でした。「田舞さん、いいことされてますね!」のお言葉が忘れられません。


6)
さて、四日前が大阪で松下経営哲学を学ぶ、木野親之先生の「経営問答塾」でした。
私は松下幸之助翁を心から尊敬していますが、まさに世界経済がおかしくなっている今こそ、松下経営哲学を学ぶべきですね。


7)
木野親之先生とは、4月にビジョン経営沖縄セミナーでコンビを組みますが、
やはり、松下経営哲学に関しては右に出る人はもういません。経営問答塾のまとめの講義に感動しました。


8)
ビジョン経営沖縄セミナーが終ると、6月から東京で経営問答塾が始まります。
一人でも多くの方々に松下幸之助翁のビジョンや使命や理念を学び、自社に活かして頂きたく思います。


9)
一昨々日は京都の霊山歴史館で第13期「社長塾」でした。お申し込みが多過ぎて途中キャンセル待ちになりましたが、
机の並べ方を工夫し、会場いっぱいで無事に第一講を修了しました。


10)
伊與田覚先生は非常にお元気でした。いつもタクシーの中などで、安岡正篤先生のお話をお聞きします。
人間の縁というのは本当に不思議ですね。今は安岡正篤先生の昭和初期の頃の書物を毎日読んでいます。


11)
社長塾前日も私の二時間の講義の準備で遅くなり、社長塾を無事に終えてこたつに入ってから本を広げ、
朝5時15分まで書物と格闘していました。大塩中歳(平八郎)の「洗心洞箚記」ですが、多くを学びました。


12)
今回は新人の方々も多くおられ、起業家養成スクール卒業生も参加していましたので、
論語や四書五経のお話の前に「社長」の意味をお伝えしました。


13)
President(社長)とは、ラテン語のPrae(人前に)と、Sedeo(座っている)の意味です。
つまり、社長は見られる人なのですね。魅力がなければお客様に見離され、有能な社員に去られます。
働く人々のモチベーションも上がりません。


14)
すべては、社長に人間的な魅力があるかどうかですね。特にデジタルと人工知能には自分の魅力で戦うことです。
そして、社長には歴史観が重要だと強調しながら講義しました。経営にも歴史にも治乱興亡があります。


15)
なぜ国が治まり、会社が発展するのか?なぜ国が乱れ、会社がごたごたするのか?
なぜ国が興り、企業が成長していくのか?なぜ国は亡び、企業は破たんするのか?


16)
すべては「人」につきます。まさに社長塾は、単に伊與田覚先生に古典を学ぶのではなく、
伊與田覚先生の生き方や論語から、「立派な人物」を作り上げることが最大の目的です。


17)
日本創造教育研究所の使命である「中小企業の活性化」は、
社長の気づきと、人間力と、経営能力や人徳を高める以外にないのですね。


18)
伊與田覚先生も1時間45分お元気にお話をして頂きました。
また、第二講座は「経営理念」というテーマで、パナソニック4代目社長の谷井昭雄様にお話頂きました。


19)
松下幸之助翁の経営理念が非常に理解しやすく、谷井様の社長時代のご苦労のお話や、
社長のあるべき姿では、非常に教えて頂くことが多くありました。伊與田覚先生とのご縁はすべて谷井様のお陰です。


20)
第三講座は、今まで伊與田覚先生と第二講座の「まとめ」をしていましたが、今回から伊與田覚先生のお許しを頂き、
私なりに学んできた帝王学を2時間講義することになりました。最初は先に述べたPRESIDENT(社長)の意味です。


21)
私の古典は、20代からで「菜根譚」から始まりました。この書物の名前の由来は、
貧しくて野菜の根っこしか食べられない若者が、高い志をもって学ぶことで、その根っこの味わいを知るというものです。


22)
12回では少し時間が不足気味になりますが、伊與田覚先生のご縁で12年間お育て頂きました。
社長が立派な人物になるためには、人生の師が必ず必要です。一から出直す気持ちで謙虚に学ぶ決意です。

孟子は「師になるべからず、師をもつべからず」と述べています。安易に感動してすぐに人生の師と思う人は、
ころころ人生の師を変えて、あっちいったり、こっちいったりです。師になる人も少なくなった今こそ重要です。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2016年3月28日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人生も経営も浮かれずに、先憂後楽の精神を貫け(人財育成の原理原則)」です。

次のブログ記事は「我自らを耕せるのみ(かって三日糧を絶つ)』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。