思春期のご子息と一緒に!共に学ぶ

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

過日は日創研千葉北経営研究会の設立記念講演会でした。
前回の田舞徳太郎通信では、
江口初代会長が掲載された「逆境!その時経営者は...」のことを述べましたが、
次男の現社長が素晴らしいですね。

講演テーマは「業績アップと人財育成」でしたが、
いかに志を持つか?いかに自分づくりをするか?
そんな観点から話しました。業績アップの根底の話です。ご参加いただきました皆様方に感謝です。

さて、日創研経営研究会本部主催の特別事業として、
いよいよ未受講経営者の方々を対象にした特別基礎コースを7月27日から東京センターで開催します。
300名体制で、アシスタントも本部役員が総出という物々しさです。楽しみでもあり心配ですね。

ところで、杵渕講師が務める「親子セミナー」の体験メールが流れてきました。
ぜひ、最後までお読みくださり、短い人生の中の親密な親子の関係を見つめて下さい。

                           田舞徳太郎

──────────────────────────────────────────
○親子の効果的なコミュニケーションセミナー(3日間)
 笑って、泣いて、感動する3日間!子どもたちの心の成長を見守ってください。

 東京研修センター:7月31日(金)?8月 2日(日)、大阪研修センター:8月 7日(金)?9日(日)
  詳しくは=> http://www.nisouken.co.jp/000058.html
──────────────────────────────────────────

鹿児島のK社長様より、
「先日「親子セミナー」のことで、田舞さんからメールを頂きました。
それから、だいぶ日にちが経ってしまいましたが、親子セミナーに参加した報告をしたいと思います。
少し長文ですがお許しください。

昨年の8月、当時高校1年の息子と一緒に、夏休み親子セミナーに参加しました。
理由は、思春期真っ只中の息子は、もともと私立中学に通っていたのですが、
野球部の廃部や友達とのトラブルで、中3の夏休みに、地元の公立中に転校し、
その後、公立高校に進んでいました。

中3から高校に入り1学期までは、喜怒哀楽が激しく、
私や嫁に対しても、ふてぶてしい態度で、よく口答えをしたり、
妹などとも喧嘩になっていました。

思春期は当たり前とわかっていたのですが、
親子関係を良くしたいのと、
一番は、息子が今後の人生をしっかり考えて進んで行ってくれるように
という願いから参加を考えました。

心配していましたが、機嫌のいい時に参加を誘うとOKしてくれました。
初めての二人旅でしたので、道中もいろいろな話をすることができました。
これも大きなできごとでした。
息子は、3日間のセミナーでは、様々な気付きがあったようでした。

私が息子を見て変わったなと思うことは、
「自分は、沢山の人に支えられている」という言葉を出すようになりました。
これは、親子セミナーで関わって頂いた方々に教わったようです。
その皆さんが、「お前は素晴らしい男だ!!」と沢山褒めて頂いたことも良かったようです。
人前で目標を発表したことも、自信に繋がったと思います。

親子セミナー以降、親子共々楽しく話しができるくらいに、急激に変わりました。本当です。

今では、「将来はこういう大学に行って、後継ぎの勉強をしないといけないね。」とか、
とても楽しみなことを言ってくれます。

私も、会社と自分の事ばかり考えていた日々でしたが、
親子セミナーに参加して、もっと子供との関わりを大事にしないといけないことなど学びました。
このセミナーをもっと早く知っていれば・・・。などとも考えます。

なかなか言いたいことが伝わらなかったかもしれませんが、
お子さんとの関係を良くしたい!!とか、子供に目標を持ってもらいたい!!
とお考えの方がいたしたら、是非、親子セミナーに参加してみて下さい。
とても素晴らしい時間を過ごすことができます。」

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2015年6月15日 18:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「逆境は人間をつくる(江口会長の場合)」です。

次のブログ記事は「事例で学ぶ企業研究(株式公開と人財育成)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。