逆境は人間をつくる(江口会長の場合)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

●今日の教訓

「人智を越えた力によって、自分の手の届かない世界まで
 味方にしていけるとの強い一念が、成功を招き、人を大きくする」
幸之助は、いつも言っていました。

この一念に立てば、如何なる苦悩に直面しようとも、
「宿命」を「使命」に変えることが出来る。

どんな困難も局面も打開出来ると、確信して事業を進めていたのです。
信じる力が大切だと学びました。
 
                     木野 親之(松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日)

いつもメールの返信が出来ていません。お許しくださいませ。

1)
名古屋の特別基礎コースが終了しました。
一風堂の河原社長や買取王国の長谷川社長はじめ、
お力添え下さった多くの方々に御礼を申し上げます。


2)
一風堂の河原社長は、4年前にシンガポールの海外研修でご受講生をご案内した折、
講師としてアジア戦略に関してお話を頂きました。
現在は様々な国でラーメン店を展開されていますが、今や「世界の一風堂」です。


3)
特に人財育成には熱心で、月刊『理念と経営』で取材させて頂いた折には、
一日の出来事などをびっしりと書かれてあるノートを見せていただきました。
全社員さんがびっしりと毎日書かれていたのです。
ハードな教育ですが、皆さん実践されているのです。


4)
月刊『理念と経営』を読み、設問に記入するというのもそれなりの学びですが、
一風堂さんからすると簡単なものです。やはり、一風堂さんの勝利は人財育成です。
可能思考教育も導入いただいていますが、今回は北海道の分社の社長がご受講でした。


5)
いつも思うことですが、今回も東北や四国や東京や九州などから多くの方々が受講され、
ご紹介やご派遣を下さった皆様方に心からお礼を申しあげます。
また、経営者の方々も多く参加されていましたが、ご紹介頂いた皆様には重ねて御礼を申し上げます。


6)
買取王国の長谷川社長は、青年会議所時代からのお付き合いですから、
すでに27、8年になります。2013年にジャスダックに上場されて業績も好調ですが、
やはり、派遣された社員さんも素晴らしい前向きな方でした。


7)
特に可能思考教育の場合は、継続が一番大事です。
実践コース(PSV)まで参加されると、仕事の仕方や取り組み姿勢に大きな変化が生まれます。
私は精神論が大好きなタイプですが、
精神論+現実の仕事(業績)+人間性にまで、現在の可能思考教育は広げています。


8)
日本創造教育研究所のビジョンは「会員企業100%黒字の実現」ですから、
可能思考教育と職能教育を組み合わせていけば、必ず黒字になるという確信があります。
職能教育は、社員様には営業スキルアップ5か月研修を、
幹部や経営者の方々には、マネジメント養成6か月コースや
業績アップ6か月研修、業績アップ上級コース(コア・コンピタンス経営)は必須です。

 

9)
名古屋の特別基礎コースに話を戻しますが、
今回はベアハグの稲川社長にもお力添え頂きました。
起業家養成スクールを受講している時は、まだ小さな会社でしたが、
今や、100億円企業を目指して頑張っています。
毎回複数派遣ですが、今回参加の方々も「おもてなし」溢れる表情をされていました。


10)
また、今回ご受講の?社長様は、会員企業様ではありませんが、赤字で債務超過の方です。
会社を清算しようと決意した時に、税理士の先生に勧められての今回のご受講でした。
税理士の先生が「弱気になった、?社長様のモチベーションを上げる」ことを考えられてのことだと思います。
最後は、私に「もう一度初心に戻ってやり直します!」と力強い決意のお言葉を頂きました。


11)
?社長様のような赤字企業や債務超過企業の社長様方も参加されますが、
不思議に可能性を信じてチャレンジすると黒字になり、債務超過から脱け出すこともできるのですよね。
ましてや、黒字企業様は、より業績アップされます。
基礎コースを始めとする可能思考教育は、とても不思議な研修です。


12)
やはり、日本創造教育研究所の原点は、可能思考研修の基礎コースですね。
N社様は後継問題がなかなか進まず、T社長は74歳で苦しんでいました。
東北の会員企業様に相談を受け、私はT社長の会社を訪問しました。


13)
ところが、なかなかいざとなると「後継」する子供やお孫さんがいなく、
T社長はいつも電話する私に後継問題の難しさをこぼしていました。
一代で100企業にまで発展させたのですが、ワンマンでの経営だっただけに後継者育成が遅れたのです。


14)
今回むりやり受講された次男のT君は晴れ晴れとした表情をしていました。
また、変革コースや来年のTTコースにも行く様子ですから、彼も決意を固めたと思います。
T社長や、T社長をご紹介下さった仙台のIさんのお役に立てて嬉しいです。


15)
毎年6月には、実践後継者育成セミナーを少人数で行い、
後継に『必要な知識』と『スキル』を学び、『後継計画書』を作成しますが、
いざ後継となると、後継する側も気後れするのでしょうか。


16)
今年の実践後継者育成セミナーは、今月19日(金)から東京研修センターで始まりますが、
実際に企業を後継したアドバイザーからの、親切なサポートもありますから学びやすいです。
やはり、経営者の子供たちは親の背中を見ていますから、
私はご自身の子供を後継者にした方が良いと思っています。

 

17)
昨日は東京で経営問答塾の第2講でした。
今日が千葉北経営研究会の設立記念講演ですが、お陰様で研修スケジュールが連日続きます。
この歳になるとさすがに疲れが出ますが、
「会員企業100%黒字の実現」というビジョンを思い出せば頑張れます。


18)
千葉北経営研究会の初代会長は江口さんという方ですが、
月刊『理念と経営』の「逆境!その時経営者は・・・」に登場された凄い会長です。
ご自身も癌になり、闘病中の時に売上がゼロに近くなり、奥様を亡くし、長男を亡くします。


19)
しかし、そんなどん底でも頑張れるのですね。私などは真似の出来ない素晴らしい経営者です。
お天道様はちゃんと見ているのですね。
次男の現社長が29歳で素晴らしく、TTコースまで学んだ勉強熱心で、
ずっと業績を向上させ、最高の親孝行をしています。


20)
今日の講演テーマは「業績アップと人財育成」ですが、
江口会長が講演する方が良いくらいに素晴らしい経営者です。
月刊『理念と経営』のメインの一つが「逆境!その時経営者は・・・」ですが、
苦労を重ねてきた人は他人に親切ですし、倫理感が強くきちんとルールを守ります。


21)
千葉北経営研究会の講演翌日が田舞塾の準備です。
今月のケースメソッド授業で取り上げる高嶋社長は、起業家養成スクールを卒業していますが、
素晴らしいビジネスモデルを作っています。
やはり、企業の使命は社会に役立つことであり、単なるお金儲けではありません。
時代や社会の問題を解決すべく、知恵を絞ったビジネスモデルです。

22)
私ももう数か月で満70歳になりますが、
若い頃と違って研修に対する念いが深くなっています。
本当にご受講生の方々の幸福を祈念しながらの研修でした。

皆さん、人財を愛情込めて育成し、良い会社をつくり、業績を上げ、幸せな人生を生きていきましょうね。
重ねて御礼を申し上げます。

感謝
田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2015年6月13日 15:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「子どもを立派な人間に育てる」です。

次のブログ記事は「思春期のご子息と一緒に!共に学ぶ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。