皆様の子どもさんに幸せの人生を歩んでもらうために・・・ 「親子の効果的なコミュニケーションセミナー」』

| コメント(0)

1)
親愛なる皆様
お元気ですか。

さて、毎年子どもさんたちの夏休みの時期に、
東京と大阪で年一回「親子の効果的なコミュニケーションセミナー」を開催させて頂いています。
担当講師は元・高校教諭であり、現在、日本創造教育研究所の副社長をしている杵渕講師です。


2)
親子セミナーは、1997年の第1回目に私と杵渕講師が一緒に担当しました。
今年で19回目の開催となり、これまで多くの親子にご参加頂きました。
親子セミナーに参加された子どもさんたちの中には、
もうすでに立派な社会人として活躍をしている方や、
後継経営者として頑張っている方々もたくさんいらっしゃいます。


3)
中学生、高校生の多感な時期は、
子供が理想とする父親像や母親像とはギャップがあり、反発や反抗をしますが、
心の奥底では、「自分の親を尊敬したい」「誇りに思いたい」と思っているものです。


4)
ですから親子セミナーで、お父さんやお母さんが家族や子供のことをどれだけ真剣に考えているのか、
会社の経営や自分の仕事に対して、どれだけ真剣に考えているのかを感じることが出来るのは、
子どもたちにとって、何よりも代え難い大事な経験だと思います。


5)
実名を出して申し訳ありませんが、高校生の時にこの親子セミナーを受講し、
動物のお医者さんになられたのが株式会社ミヤザキの山之上社長のご長男さんです。
山之上社長の三人の子どもさんは、三人ともお医者さん薬剤師さんですが、
ご長男はお父様の会社を継ぐ決意をされています。


6)
現在は後継者として修行中ですが、
山之上社長は事業だけではなく、子どもさんの教育にも大成功されています。
これこそ「成功者」と言えると思うのです。


7)
お金儲けはうまいが、子供や後継者が立派な人間に育たないのは、親の生き方のひずみです。
やはり、中小企業の経営の原点は家族であり、子供を立派に育てていくのも成功の条件だと思います。
ビジネスは下手でも子育てでうまくいっている人こそ成功者です。


8)
ここで実際に親子セミナーに参加された、
お母さん、お父さん、子どもさんの感想を紹介したいと思います。
一人目は、熊本県延岡市のS.Yさん 49歳のお母さんです。

●感想

「こんなに泣いたことは、何年ぶりだろう。
 こんなに感動できるなんて、1年に1回日創研もいいね。」
 やんちゃ坊主の中2の次男の言葉です。

 主人と別れて丸2年、子供達にとっては厳しい父親の方が良いのではないか。
 そんな迷いの中で長男と次男と3人での参加でした。

 研修の3日間は、一生心に残る大切な時間となりました。それも中身の濃い時間。
 共に過ごした3日間は、私、長男、次男に信頼を取り戻させ、心の中に労り(いたわり)を育ててくれました。

 私自身、子供を信じない母親でした。
 子供達には、それが一番不満だった様です。今は、何があっても我が子を信じています。


9)
二人目は静岡県藤枝市 M、Mさん 41歳のお父さんです。
普段、子供と接することがなかっただけに、今回の3日間の親子セミナーはとても良い機会となりました。
いつも子供に期待するあまり、つい子供の短所ばかりを知らず知らずの内に見ていた自分に気づきました。

●感想
「この子が自分の子で本当に良かった」と心底思えた時、本当に涙が止まりませんでした。
 この親子セミナーで初めて「父子」になれたという自信と愛情が持てました。


10)
最後の三人目は、群馬県O.Y君 高校3年生で受講された子どもさんの感想です。

●感想

過去に参加した2人の姉からの勧めと、父の誘いを受けて参加しました。

親子セミナーでは、チームで楽しみながらコミュニケーションについて学べました。
また、自分の長所や短所を理解して目標を設定し、
早い段階から将来について意識できたことが良かったと思います。

セミナーの最後に自分の目標を声に出し伝えたことで、
周囲からのサポートや良いう刺激を受けることができ、モチベーションを維持することができました。

父に自分の成長を見てもらえたことで、
信頼され、今までよりも自分で考えて行動させてもらう機会が増えました。
また、父の新たな面も見つけることができ、父の存在がより身近で大きなものとなりました。


11)
親子セミナーは、
親子の共通の体験をすることで、
相互理解をはかり、絆を深めていきます。


12)
そして、さらに子どもさんたちの素晴らしい可能性に気づくことができる感動の3日間です。
今年の開催日程ですが、
東京研修センターは7月31日(金)?8月 2日(日)、
大阪研修センターは8月 7日(金)?8月 9日(日)となります。


13)
ぜひ、子どもさんの夏休みを利用して、親子セミナーにご参加下さい。
先ほど申し上げましたが、親子の関係は考える以上に重要なものです。
私も企業内教育インストラクター養成コースでTA(交流分析)を行なっていますが、
歪んだ親子関係は、子どもさんの一生を台無しにします。


14)
また、先般もブレイクスルーセミナーを行い、経営者の方々の心の叫びを聞きました。

やはり、
「両親に認められたい!
「もっと触れ合いたい!
「理解されたい!」が心理の奥底にあってもがいています。

親子関係は、すべてのコミュニケーションの中で一番重要です。


ぜひ、子どもさんに幸せの人生を歩んでもらうためにご参加ください。
無理して参加して下さい。


日本創造教育研究所グループ 代表 田舞 徳太郎

 

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2015年6月 3日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「長寿企業と短命企業」の比較」です。

次のブログ記事は「子どもを立派な人間に育てる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。