どこまでも走り続けます(人生二度なし)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

●今日の教訓

 値付けでその会社がわかるのです。
 価格こそ企業の魂であり、商品の魂です。
「新製品の価格決定の時こそ、
『利益に対する考え方』『経営方針』『商品に対する執念』の特訓を受ける
 最大の試練の場だ」と教えられました。
 幸之助の要求する適正利益は、常に10パーセントでした。
 高くてもいけない。安価でもいけない。
 すべては適正でなければいけないのです。
                        木野 親之(松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日)


いつもメールの返信が出来ていません。お許しくださいませ。


1)
大阪で特別基礎コースを行なっています。今日は三日目です。
今回は大物が多く、大物をご紹介頂く方は、やはり大物だと気づきました。
人脈というのは非常に大事ですね。


2)
名古屋特別基礎コースも6月早々にありますが、
ようやく、ある会社の後継者が参加するようになりました。
お父様の社長が「後を継がない」というご子息に苦悩を募らせていましたが、
どんな後継者でも、継いでくれるだけで親は感謝しなければいけませんね。


3)
やはり、ご受講生が会場いっぱいになると講師も燃えてきます。
そして、今回も多くの学びを頂きました。
「もっと努力しましょうよ!勉強しましょうよ!」という私の大声に、
「そうだ!」と会場から大きな声が響きました。


4)
初日の帰りには、深々と頭を下げる人が多く、
やはり、皆さん「良い会社や、良い職場や、良い家庭」を創りたいと思われているのですね。
肯定的な雰囲気の中で働く意義などを強く気づかれたようです。


5)
さて、皆様方に今年の新組織のご報告をしましたが、
私が日本創造教育研究所を卒業したと勘違いする方もおられるようです。
留守電やメールやお手紙でご連絡を頂きますが、私の日創研の研修は逆に増えています。


6)
経営は松原社長や取締役の方々に任せていますが、
いたって元気に研修三昧です。ご安心ください。
私は倒れるまで「中小企業の活性化」に尽くしていきます。


7)
特に松原社長はコア・コンピタンス経営を講義しているだけに、
素晴らしい社長役を発揮しています。
今までが分社の社長でしたし、経営方針や計画や実践は抜群です。


8)
私と違って大声で怒鳴るようなタイプではありませんが、
部下の話をよく聞き、緊張感をもって仕事をし、リーダーシップの発揮は素晴らしいものです。
立派に業績も上げてくれていますし、さすが業績アップ6か月研修の講師です。


9)
毎年7月から業績アップ上級コースも行い、
マーケティングを含めたコア・コンピタンスの研修をしていますが、
松原講師の強みは分かりやすさです。


10)
私はガンガン講義しますが、
松原社長はご受講生のことを最大優先しながら講義をしています。
特に、経営感覚も優れており、改めて後継者育成の重要性を感じました。
頑張ってくれる取締役に感謝です。


11)
東京と名古屋の特別基礎コースは杵渕副社長とコンビを組んでいます。
彼は高校の教師をしていましたが、
創業間もなくの出会いで、直感的に彼と一緒に仕事がしたいと思いました。


12)
結果は大正解でした。彼は基礎コースを中心的仕事をしていますが、
一緒に基礎コースを行なっていて、最近は凄みを感じます。
業務を兼ね経営をしながらの研修は辛いと思いますが、本当によくやってくれています。


13)
名古屋も杵渕副社長とコンビを組みますが、
きちんと筋道立てての講義と迫力はさすが責任者だと思います。
是非、皆様方も杵渕講師の基礎コースを受けてみてください。
私も彼の講義を聞きながら涙を禁じ得ない時があります。根っからの教育者です。


14)
福岡と大阪の特別基礎コースは、末武専務とコンビを組んでいます。
入社20年で、すべての面で飛び抜けていますが、日創研は関西学院大学と縁が深いのです。
末武専務も関西学院大学出身ですし、
実践ビジネススクール講師・経営コンサルティング・月刊『理念と経営』のオンリーワン経営を連載している、
非常に繊細な経営指導をする古永取締役も関西学院大学出身です。


15)
関西学院大学は私学では関西ナンバーワンですが、
末武専務の有能な頭脳と若さが持っている、情熱・執念も凄いものがあります。
私も研修大好き人間ですが、彼も中小企業の活性化には命を賭けると決意を表明してくれています。


16)
まだ42歳と若いですが、若さは素晴らしいものですね。
「後世畏るべし」と言いますが、42歳と言えば私が基礎コースを始めた年と一緒です。
優れた研修スキルには頭が下がりますが、
広島でも末武専務の特別基礎コースが6月に開催されますので是非ご支援ください。


17)
檜山副社長も基礎コースを行ないます。
7月の日創研経営研究会主催の特別基礎コースでコンビを組みます。
日創研経営研究会では、可能思考研修の実践コース(PSV)受講が、
定款で理事資格条件として義務付けられています。
今回は未受講会員ゼロを目指すための、本部事業の特別基礎コースです。
檜山講師とは常日頃からTTコース(企業内教育インストラクター養成コース)で
コンビを組んでいますから呼吸はピッタリです。


18)
また、私が日創研をリタイアしたと誤解されている方々には、ご心配やお励ましのお言葉を賜り感謝します。
正直、講演・研修・経営相談・原稿・移動で年齢的に披露困憊になることもありますが、
「人生二度なし」です。生涯、中小企業の活性化に向けて走り続ける決意です。


19)
私は社長塾で伊與田覚先生から四書五経や論語を学んでいますが、
学而第一の「人知らずしてうらみず」の言葉も痛切に骨身に沁みます。
これだけ「中小企業の活性化」に努力しているのに・・・、
それでもなかなか念(おも)いが通じないことがある・・・。


20)
本音でそう思う時がありますが、
国民教育者の森信三先生は「指導者は孤独・寂寥に耐えねばならぬ」と述べておられます。
人生は自分の都合良くいかないのが当然ですが、いつも森信三先生の文章に励まされます。
そうやって人間は真に磨かれていくのでしょうね。


21)
そして、私の最大の喜びが研修であり、経営相談の会社様の問題解決の報告です。
今回のように基礎コースを行なっていると一番充実感や達成感があります。
可能思考教育は、私の心の拠り所でもあるのですね。


22)
今月も、経営相談の無事解決が4社あり、問題解決は講師冥利に尽きます。
よく「日本創造教育研究所のお陰で現在の会社がある」というお言葉を頂きますが、
可能思考教育を受けて「会員企業100%黒字の実現」まで、もっと走り続けます。


一度しかない人生です。悔いのない人生を走りたいと思います。
皆さま、努力は必ず報われる!と信じて、共に頑張りましょうよ。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2015年5月27日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「物事というのは、うまくいかないことのほうが圧倒的に多い。」です。

次のブログ記事は「「長寿企業と短命企業」の比較」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。