やがて必ず前途に光がさしてくる(希望の年にしましょう)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

今年も残すところ数日になりました。
この一年間はどんな成果がおありだったでしょうか。

おそらくそれぞれが喜びがあり悲しみがあり、
こもごもの日々だったと思います。
ご健闘に心より拍手を送ります。

新渡戸稲造は、
「いかに 苦しいことがあっても、
 ヤケになるのは短慮の極みである。
 逆境にある人は常に、
 「もう少しだ」と言って進むといい。
 やがて必ず前途に光がさしてくる。」と述べています。

どうぞ来年を希望の年として、確実に一歩前進の希望の年にしましょう。
色々と年末のご挨拶や新春経営者セミナーなどのお電話掛けをしましたが、

やはり、素晴らしい結果をつくっている方々は前向きです。
来年は「可能思考能力」がキーワードになると思います。

2014年が皆様方にとって更に良いお年になるようにご祈念します。
今日が日本創造教育研究所の仕事納めです。
研修や月刊『理念と経営』や13の徳目など本当にたくさんの応援を頂きました。
心より感謝を申し上げます。有難うございました。

明日から経営方針の発表会を含めて二日間の年末会議に入ります。
今日をもって業務を終了しますが、
振り返りますと感慨深い一年だったと思います。

30日はご挨拶まわりをしますが、
本当にこの一年ご支援を賜りました。
心からお礼を申し上げますとともに、
我々も中小企業の活性化の使命を果たすべく、来年は更に努力精進していく決意です。

皆様方のご企業の繁栄と、ご家族の皆さまのお幸せをお祈り申し上げます。
良いお年をお迎えくださいませ。
誠にありがとうございました。

感謝申し上げます。
田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2013年12月27日 19:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「教壇に死ぬる(縁を大事にする)」です。

次のブログ記事は「今年は誰もが正念場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。