起業家精神と六甲縦走56キロの道のり(若者の活躍)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

今日の名言
1、
正しきによりて滅びる店あらば 滅びても良し、
断じて滅びず

2、
古くして古きもの滅ぶ、
新しくして新しきものまた滅ぶ、
古くして新しきもののみ永遠にして不滅
                    『商業界ゼミナール』より

1)
昨日は17期起業家養成スクールの、
六甲全山縦走56キロが早朝より行われました。
11時間54分で全員がゴールしましたが、嬉しいことです。

2)
私は今年は経営問答塾があり、
起業家養成スクール生と歩けませんでした。
研修が終わると共に宝塚まで迎えに行きましたが、
若者らしい活気あふれる姿に感動しました。

3)
私はいつも展望台から4時間くらい一緒に歩くのですが、
今年は全員が歩くスピードが速く、
仮に歩いていたら17期生の速さに
ついていけなかったかもしれません。

4)
江坂に戻ってから一緒にサウナに入り汗を流してもらいましたが、
まだまだ余裕のある人もあり、
その「若さ」は希望に満ちていました。
「もう一度歩くかい!」と尋ねると、
「来年も歩きたいです」という返事でした。

特に今年は女性が一人参加しています。
男性顔負けで必死に歩いたそうです。
小さい頃から知っているだけに、その成長ぶりは嬉しいです。

5)
OBの方々も応援に駆けつけてくれました。
六甲山はマイナス3度という寒さでしたが、
OBの中には現役の起業家養成スクール生をリードして、
一緒に全山を歩いてくれる人もいました。感謝です。

6)
特に菅さんはじめ、
起業家チューターの方々のご努力には心から感謝です。
この一年、起業家養成スクール生を叱咤し、激励し、声をかけ、
彼らのモチベーションを維持する苦労は並大抵ではありません。

7)
起業家養成スクールは、
起業家チューターなくしては行えない教育カリキュラムですが、
「生活相談」から「企業訪問」から「社長さんとの面談」まで
行って下さいます。
この場をお借りして重ねてお礼を申し上げます。

8)
どの研修でも一番大事なのは継続ですが、
この起業家養成スクールも全く同じです。
学んだ後、現場に入りっぱなしになると
「現実」に縛られてしまいます。

9)
その点で、昨年卒業した北海道のS君は、
お母さんがTTコースのファシリテーターをしていることもあり、
継続して学んでいます。

10)
企業内マネジメントコーチング6か月プログラムや、
マネジメント養成6か月コースなど、今年も学ぶ意欲は旺盛です。
そして、現場でも頑張り、
前年対比売上を120%程に上げています。

11)
やはり、実績が大事であり、
学びながら「業績アップ」を実現するS君は、
起業家養成スクール生や後継者の模範だと思います。

12)
昨年の起業家養成スクールの閉校式の記念講演は、
「仕事三倍・勉強三倍」がテーマでしたが、
若い時にしか学べない事柄も多くあり、
17期生も真剣に継続してくれれば!と念願しています。

IMG_2753.jpgのサムネール画像
(起業家養成スクールの研修風景)

13)
特に後継者育成や起業家育成には、
本人の努力にプラスして、
両親や会社などの後方支援がいります。
仕事も三倍させて、勉強も三倍できる「場」の提供が
大事だと思うのです。

14)
来年の起業家養成スクールの募集も始まっており、
すでに決めている方々は10名近くになりますが、
学びたいのに「親の意見」で参加できずに
涙を流す後継者もいます。

15)
私も学びたい気持ちがありながら、
家庭の事情で学校に行けなかった事もあり、
そうした人の気持ちが良く理解できます。

16)
可愛い子には旅をさせなければならず、
他流試合をどんどん経験させることが大切です。
親が一年は我慢しても「子供」には学ばせることをお勧めします。

17)
毎年の事ですが、
 1、親は行かせたいが子供に学ぶ意欲がない
 2、子供は勉強したくてウズウズしているが
   親の理解が得られない
結果的にせっかくのチャンスを失っている、
実に不思議な光景が繰り返されています。

18)
起業家精神を培うには、
 1、体育
 2、知育
 3、徳育
この3つが大事ですが、六甲縦走完走までには、
彼らのたゆまない訓練があったことは言うまでもありません。

19)
マイナス3度という中を、
お互いを励まし合いながら歩き続けた
起業家養成スクール17期生、
それを支えてくれたOB、そして起業家チューターに感謝です。

20)
一人の人間の「人づくり」には、
たくさんの陰ながらの支援があります。
私も皆さま方のご支援で今があることを気づかせて頂きました。

本日から19日の閉校式まで、経営方針・計画の発表など、
まだまだ卒業までにはたくさんの「学び」があります。

田舞徳太郎

▼起業家養成スクールの動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年12月17日 17:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「学ぶ人は更に成長発展し、学ばない人は更に落ち込んでいく(ケース・メソッド授業)」です。

次のブログ記事は「夢への挑戦・こども論語塾と起業家養成スクール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。