読みたくない、見たくない、感じたくない、学びたくない、聴きたくない、言いたくない、試したくない症候群(自然淘汰が待っている)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。


●今日の教訓

?商売とはありがたいものや?

「商売とはありがたいものや。お客様が応援してくれるで。商売ほど尊い仕事はない。

 世の中で一番大事な仕事や。だから正直に商売せなあかん」

「マーケットは、奪い合いするものではなく、新しく創り出すものや、
 奪い合うから、自分の会社もおかしくしてしまう」

「新しいマーケットを創るところに、経営者としての本当の喜びがある」と、
 幸之助はいつも前向きに笑顔を絶やしませんでした。

                        木野親之先生(松下幸之助に学ぶ指導者の365日)


1)
日創研では、松原社長方針の一環として、
「コミュニケーションとベンチマーク研修1泊旅行」の実施を掲げています。
実施の第1号として、先週末に福岡センターが実施しました。
鹿児島の、今別府社長、栫社長、肥後社長、藤安社長の企業訪問をさせて頂いたようです。


2)
日頃からご支援を頂いている今別府社長様からは
「私たちの事をさらに理解していただき、日創研の社員さんがみんなで訪問されて、
 その上で勉強されることは、とてもいいことですね。」とおっしゃて頂きました。
鹿児島の皆様に感謝申しあげます。


3)
現代人は、読まない、見ない、学ばない、感じない、聴かない、考えない、言わない、試さない、の8つの障害があります。
生産性がアップするわけはありません。
日創研はコミュニケーション教育にも力を入れていますが、タスク機能教育も行なっています。


4)
また、社長塾などでは人物論や精神的な講義もしていますが、安易な精神論は通用しない時代です。
今日は東京・経営理念塾でしたが、基本は仕事の意味あいの理解が大事です。
現実の問題を切り開いていく勇気がいるのです。


5)
日創研の基本哲学は、二宮尊徳翁です。創業時から「積小為大」が基本です。
すべては小さな事の積み重ねしかありません。
二宮尊徳翁は安易な安らぎに逃げませんでした。おそらく世界的大偉業です。
現実を直視して、その問題解決力が肝要なのです。


6)
結果をつくる実力を身につけて、成果をつくる歓びが最大の歓びだと思います。
現在は、結果を作れない人がストレスを貯める傾向にあるようです。
先日終了した東京の経営理念塾では、私のストレス解消法をお伝えしました。


7)
良い業績を上げておられる方々の共通は、8つの習慣を身につけているということです。
読む、見る、感じる、学ぶ、聴く、考える、言う、試す、の、8つの事柄を日々繰り返しているのです
なぜ、人間がAIに次々に負けているのか?
なぜ、業績が上がらず、人が育たないのか?8つの習慣がないのです。


8)
先日、月刊『理念と経営』2月号の「心に太陽を持て、唇に歌をもて」を読んでいない方に話しました。
立派な経営理念は作りたいが、
読みたくない、見たくない、感じたくない、学びたくない、聴きたくない、言いたくない、試したくないのです。
「小人間居して不善を為す」と、古本大学でも、大学章句でも、本質論は全く同じことを述べています。


9)
東京の経営理念塾最終講では、経営理念の「理」に関することから講義に入りましたが、
立派な会社になるためには、社長も幹部も8つの習慣が要るのです。
しかも、それらは、努力というようなものではなく、良い会社や、良い人財を育成する最低の条件です。


10)
最近の日本でも、エンゲージメントという言葉が浸透してきました。
アメリカのギャラップ社やIBMケネクサなどが実施する各種の調査では、
「日本の従業員は仕事へのエンゲージメント(意欲)が希薄で、各国比較で最下位級」
という共通の調査結果が出ています。


11)
色々な調査資料に基づいて、今年の新入社員研修の教育カリキュラムを作っていますが、
これは、学生さんや、一般社員さんの問題ではなく、
私を含めて「指導する側の怠惰」が引き起こしていると思いました。


12)
学生さんや一般社員さんが、
読みたくない、見たくない、感じたくない、学びたくない、聴きたくない、言いたくない、試したくない癖を身につけて当然です。
過日はある団体のトップの所信を読み返していましたが、この方が鳴らす警鐘も全く同じです。
8つの習慣が希薄になっているのですね。


13)
今年は「イノベーション(革新・進化)で会員企業の『成功企業』づくり」の松原社長方針を掲げています。
経営理念体系にぴったりの社長方針で、正直感動しました。
一切私の指示ではありません。


14)
私は単純ですから、感動したら、すぐに策を練り、社長方針に基づき行動に着手します。
「どう成功企業様をつくるか?」寝てもさめても考えます。
やはり、第一は、幹部を含めた働き手のモチベーション。
第二に、モチベーションの維持。第三に経営資源の統合化と仕組み作りです。戦略です。


15)
働き手の熱意の低い職場からは、決してイノベーションは起きないからです。
与えられた事はするが、受け身の勤勉性では本人も可愛そうです。
いずれ退職するか、コスト型になって生産性を押し下げていきます。


16)
日本人のエンゲージメントが相対的に低い結果ばかり出るのは、
自ら自主的に仕事に関与しないことが、日本人の一般社員の特徴だと指摘しているのです。
まさに可能思考能力の欠落であり、出来ない人ほど自信があるという所以です。


17)
これは、一般社員さんだけではなく、経営者も共通です。
業績の悪い社長ほど勉強をしません。
読みたくない、見たくない、感じたくない、学びたくない、聴きたくない、言いたくない、試したくない症候群になっているのです。


18)
先週の特別基礎コース(SA)でも痛感しました。
業績の良いA社長は、深く内省されて号泣され、
ご自身が理由もなく日創研に対する抵抗をしていたことをお詫びされました。
私は一度お会いしただけですからわかりませんでした。


19)
ところが、ご紹介者の方にお聞きすると、
特別に抵抗をしていたわけではなく、業績が良いので甘く見ていたのでしょう・・・との事です。
「順調な時にこそ勇気がいる」と、先週の研修の中で何度も伝えました。
私は臆病ですからうまくいっいている時ほど慎重です。絶えず備えをしていないと眠れません。


20)
皆様は、読む、見る、感じる、学ぶ、聴く、言う、試す方々です。
周りに逆な方々がいれば、基礎コース(SA)で気づくきっかけにしてもらってください。
逆境の種は、すでに順境の時に蒔いているのです。


田舞徳太郎

 

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2018年3月20日 13:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自己への気づきと悲喜こもごもの業績報告(2025年問題はすでに起きている)」です。

次のブログ記事は「故に、ビジョンとは、あたかも10年後を実現したかのような模擬体験。 (切に念えば必ず遂ぐるなり・道元禅師)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。