絶えず自分をリセットするべく基礎コース(SA)を再受講してみませんか? (親子三代を担当させて頂き、光栄に感じています)』

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

●今日の教訓(松下経営哲学)

 事業成功の基本は、なんと言っても「素直な心」です。

 「素直になるためには、まず素直な心になりたいと願うことだ」と、
 幸之助は口を開くと言っていました。

 そうして、「一日一回、素直な心になりたいと、念ずることだ」と。
 その繰り返しが、成功を呼ぶのです。

 素直になって宇宙根源の法則に乗らねば、事業は決して成功しないのです。

                     木野親之先生(松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日)


1)
昨日から大阪センターで特別基礎コース(SA)を開催中です。
前日の午後から、日創研 通信講座の録画撮りを行ないました。
なかなか骨が折れるものですが、フォローの意味で学んで頂ければと思います。


2)
また、田舞塾第二講の教育ケースの最終詰めと、設問が無事に終わりました。
日創研にご参加されてから創業され、現在は年商130数億円の企業に発展されています。
よくアシスタントもして頂き、色々な想い出がありますが、ご成長ぶりが嬉しいです。


3)
もちろん、順風満帆ではありません。
「もう駄目か!」と思ったこともおありでしたが、M社長は日創研を最大活用しました。
つまり、我々日創研は、会員企業の皆様やTTコース卒業の方々の経営資源なのです。
最大活用をしてご発展頂きたいと思います。


4)
今回も、それなりの企業規模でありながら、
なかなか社員・幹部が成長しないで悩んでおられる経営者の方が、ご参加されています。
日本一のテニススクールまで成功させた、姫路のO社長様のご紹介だそうです。
他社にご派遣されていたそうですが、日創研が良いのではとお勧めされたようです。


5)
「縁ありて花ひらき 恩ありて実を結ぶ」という言葉がありますが、すべてはご縁ですね。
とてもありがたいことです。
一昨日は、大阪開催の実践マーケティング塾の最終日でしたが、
南大阪のB社長がマーケティングの実践の発表をされたようです。


6)
以前から、色々と新規事業のお話もお伺いしていましたが、
海外との取引はすべて「人的ネットワーク」で決定されます。
その情報をお伝えして、非常に重要で信用のある方々との人脈を作られているようです。
実践マーケティング塾で、かなり深掘りされたので安心です。


7)
とくに、海外事業が順調な企業に共通しているのが、
日本の本社がうまく機能している企業は、間違いなく海外でも成功しています。
海外戦略が大事な時代になっていますので、本社機能の強化と人材育成戦略をしっかり練り上げてくださいね。


8)
研修や人財育成は、なぜ学ぶ必要があるのかを明確に提示することから始めてください。
短期的視点での教育の有り方として一番大事なのは、
仕事のパフォーマンスや生産性を意識してもらうことです。


9)
我々も働き方改革の面から、基礎コース(SA)では、
コミュニケーション能力や仕事能力の気づきと同時に、組織に関しても講義をしています。
チームワークの大切さはかなりの数の実習が組み立てられていますので、
その上でチームワークを妨げる要因に気づく力をお伝えしています。


10)
また、リーダーシップの条件ということで、かなり深い観点で講義をしています。
自主性をもった人材育成も短期的な視点の研修です。
「成果を創り出すための条件」は覚えておられると思いますが、
基礎コース(SA)はコミュニケーションとリーダーシップと成果を作るために、
可能思考能力の大切さを明確に講義をしています。


11)
今日は、全てを邪魔する心のブレーキの原因を話しますが、
やり抜く力を妨げ、言い訳を助長するのは何か?に気づいて頂きます。
日創研の長期的視点での研修の目的や使命は、
すべての会員企業様の業績を上げて、いかにして成功に導いていくか!です。


12)
今回のご受講生の特徴は、発表に対して拍手をされる方々が圧倒的に多いということです。
理念と経営・社内勉強会や13の徳目朝礼を、積極的に取り組んでおられる企業様が多いことに驚きました。


13)
日創研は、
1.中核に、研修理論でもっとも重要な可能思考教育を据えて、健全な価値観の醸成を行ない、
2.成果を作る上でのコミュニケーション教育を推進しています。
3.業績アップのための数々の職能教育は、日創研の最大の強みになっています。
4.社内研修が最近は盛んになってきましたが、講師のスケジュールなどもありご迷惑をおかけしています。


14)
また、良い社風づくりに貢献するべく、日創研 通信講座も今月から始まりました。
今回、録画撮りを行なってみて、私自身のGRIT(やり抜く力)が試されています。


15)
毎月、第一週から第四週まで同じテーマで講義を連続していますが、私なりに手ごたえを感じています。
これも必ず「中小企業の活性化」に繋がると思うと、俄然勇気が湧いてくるものですね。


16)
今回も、たくさんのご派遣を頂きました皆様には心より感謝を申し上げます。
皆様には、新教育カリキュラムをどんどんご提案をさせて頂いていますが、予想以上のご支援に驚いています。
感謝の念に耐えません。


17)
今回は、わざわざ北海道からもご参加されており、
広島のアイグランさんからは複数の方々のご派遣で恐縮しています。
また、三代にわたり私の基礎コース(SA)をお受けくださっている、
F社長のご子息も遠くからご参加下さっています。


18)
F社長が受講された時は私の体調が悪く、お昼休憩の時間に点滴を打っていました。
私の基礎コース(SA)を受講された医師の方が体調を心配して下さり、
わざわざ日創研にまで足を運んで下さっていたのです。


19)
その点滴を受けている時に、
「F社長がSA研修を途中で止めたい」という報告を受けて、
私が点滴を打ってもらっていた部屋まで来て頂きました。
理由を聞いて、当時若かった私は、すぐに起きて点滴の針を抜いて立ち上がりました。


20)
しかし、F社長は最後まで受講されて、すぐにお父様がご参加されましたが、
今回はご長男が参加されています。
創業間もない頃のことですが、親子三代はとても光栄に感じています。


21)
一時、様々なご苦労もあり、ご自宅まで行ってはお話しもさせて頂きましたが、
今では長年かかった技術が世界的に認知され、今や、テレビなどで紹介されています。


22)
やはり基礎コース(SA)は、やりがいのある研修です。
すべては気づきの能力が決めていますが、
ステーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグなどの成功要因が、
気づきの力であったという本を読んでいます。


23)
方法論も大事ですが、「命の目覚め」とでも言うべき、
基礎コース(SA)の講師という喜びを与えて頂いた皆様に心から感謝します。


24)
10月16日から東京開催の特別基礎コース(SA)が、私の年内最後の担当です。
経営者をご紹介頂くと共に、自分をリセットするためにも再受講をしてみませんか?


感謝
田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2017年10月 7日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経営理念は美辞麗句ではなく、機能的に付加価値を生み出すものでなければなりません」です。

次のブログ記事は「情熱を持つこと、真剣にチャレンジすること、創造性を持つこと(46歳のイーロン・マスクは、一日1ドルの生活からスタートした)』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。