昨日、起業家養成スクールのシリコンバレー視察研修ツアーから帰国しました。

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

1)昨日、起業家養成スクールのシリコンバレー視察研修から帰国しました。
昨年と比較しての変化は予想していましたが、シリコンバレーのさらなるイノベーションに驚きました。


2)
特に、10月に東京で行なう「シリコンバレー一日セミナー」のメイン講師をお務め頂く、
マーク加藤さんが5日間熱く語って頂きました。
質疑応答も的確で、今の日本が学ぶべきところを大いに感じ取ってきました。


3)
テスラ、マイクロソフト、ヤフー、シスコ・システムズ、スタンフォード大学のDスクール、
AIやIoTやICTなど、たくさん学びました。
今日は東京に移動しますので、詳細は次回に送信出来るのではと思います。


4)さて、10月から日創研通信講座が始まります。
1分間のプロモーション動画を見て頂き、いろいろな観点からお互い学びあっていきたいと思います。

私が担当する「経営者・幹部の経営講座」は、経営者と幹部社員さんの個人登録になりますが、
社員さん向けの講座や新入社員さん向けの講座は、法人登録で受け付ける計画です。
いつもの担当研修とは異なる切り口で、いろいろとお伝えしたく思います。


5)
シリコンバレー視察研修で、改めて情報や知識が大切な時代になったと思いました。
今回は、3年目にしてようやく「デザインシンキング」が少し理解できたような気がします。

田舞塾でも、ケース・メソッド授業には、
1.インプット知力(入力にも、いろいろな情報や知識が大事であり理解力が必要)
2.プロセス知力(プロセスは、考える力や「情報や知識A」と「情報を認識B」を組み合わせる力が必要)
3.アウトプット知力(アウトプットは構想力・仮説・立案能力・関係性の深みが必要)

このようにお伝えしています。


6)
起業家養成スクール24期生も、大いに危機感を持ったようです。
今後とも、よろしくご指導くださいませ。
起業家精神が希薄になっている日本を考えると同時に、
私も、再度「スタートアップ企業と位置づけて」さらなる革新をしていく決意をした勉強でした。


7)
サンフランシスコから車で人がほとんどいない時間帯に、日創研の同行スタッフ4人と三時間近く散策しました。
アメリカが初めての幹部さんですから、かつての研究室や、
メモリアルチャーチでの思い出など、語り合いながらの懐かしさもありました。

こういう機会は、すべて皆様方に頂戴したご支援のお陰です。重ねて御礼を申し上げます。

田舞徳太郎 

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2017年9月26日 15:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「他人様の事を我がごとのごとく喜ばれる方だから、立派な幹部や社員さんが育ち、理念の浸透が出来るのですね。」です。

次のブログ記事は「たとえ失敗したとしても「敗れざる者」たちが集まっている (シリコンバレーの感想と人生)』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。