何事も苦労した分だけ、道は開けてくる。すべてを素直に受け入れることや

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

●今日の教訓

「夢は実現するものです。
 夢を希望に変え、さらに深く決意して、具体的に目標を定めるのです。
 そして強く実践し、それを繰り返して行うところに、
 初めて夢は実現するのです。
 「何事も苦労した分だけ、道は開けてくる。すべてを素直に受け入れることや」と、
 幸之助は心の持ち方を大切にして経営していました。
 邪念を捨てれば夢は必ず実現するもの、と信じ切ることです。」

                木野 親之先生(松下幸之助に学ぶ指導者の365日)


1)
昨日は福島君が講師を務める「ケースメソッドで学ぶ 幹部育成セミナー」を見学しました。
田舞塾の皆様方がご支援下さっていますが、今回も「幹部の役割」に関して行われました。


2)
前回の企業事例は「道頓堀ホテル」の橋本明元さんにお越し頂きましたが、かなり刺激を受けたようです。
今回は「株式会社アン」の築林社長が、事例発表と質疑応答で素晴らしいお話を頂きました。
日本創造教育研究所には、優良な会員企業様が多くあり、皆様の模範にして頂きたいと思います。


3)
福島君も第一講座の振り返りを基に、今回は前回よりも堂々として講義もし、
ケースメソッド授業も非常にスムーズに進行しました。
すごく活性化され、幹部の方々の凄さを感じました。


4)
さて、時代は大きく変わりましたが、
特に経営者や幹部が「不快」を避けて「快」を求める傾向があるということです。
市場で、多くの競合会社が生存できた時代は終わりました。
我々は自社を自己否定して、次に備えなければなりません。


5)
私は随分前から、「中小企業の受難の時代は続く!自助努力しかない」と「大きな声」で叫び続けてきました。
しかし、ストレス社会が蔓延して、「不快」を避けて「快」を求めているのです。
「快」ばかり求めていると、会社が良くなることはありません。


6)
口では「従業員満足だ!」と叫びながら、恐らく近い将来多くの企業が「雇用」を守れなくなるでしょう。
社長・幹部の役割は、自己の身を削ってでも「社員さん」を守らなければならないのです。
伊與田覚先生から学びました。「雑識や知識ではダメで、見識や胆識を社長は鍛えなければならない」のです。


7)
私が最も尊敬するのが、アイ・ケイ・ケイの金子社長です。金子社長は他人がストレスと感じることを「不快」と感じません。
つまり、人物が大きいのです。私は小さな人間ですが、少々の「不快」には耐えることが出来ます。
だから、「不快」に耐えられない社長や幹部はその地位についてはならないのです。


8)
もちろん、社員さんには「快(働きがい)」を与えなければなりません。幸福にする義務があるのです。
しかし、「不快」を避ける社長は、結果的に「良い会社」に出来ていません。結果「業績が悪い」のです。
世の中には色々な「会」がありますが、結構「憩の場」化しています。慰めあっているのです。


9)
正直、私にもストレスがたくさんあります。中国の清の時代の「曽国藩」という人は、四耐と述べています。
冷に耐え、苦に耐え、煩に耐え、閑に耐える。若い頃は冷に耐えました。それが役に立っています。
今は松原君はじめ取締役や幹部が成長して、川本さんの培ってきた事に加えて色々な智慧を使い、
彼らや彼女たちが、私の代わりに経営の苦労をしてくれています。苦労は少ないですが幹部教育の効果です。


10)
しかし、私にも結構悩みがあります。会員企業様の業績不振や、労務問題の裁判、資金繰りなど、
絶えず30件、40件抱えていますから、その個別相談は骨身に堪えます。
しかし、私がもう解決したと安心したある会社の裁判では、その後、予期せぬ結末を迎えました。


11)
私が、社長本人に電話をして「良かったね!」と伝えた矢先の出来事だっただけに、
相手の気持ちを察することが出来なかったことを、今でも悔やんでいます。
業績も良く、部下を信頼するタイプで、また社員さんを大事にしていました。


12)
先般におきた、別の問題も深刻でした。
日創研でたくさん学び、業績も良く、幹部もTTコースを受講しています。私は「よく頑張っているね!」と褒めていました。
ところが、企業経営は何が起きるか分かりません。私は肝心な問題を「注意出来ていなかった」のです。


13)
その会社は、問題が起きてから次々に逆境に追いこまれました。
二重三重と、私が見落としていた問題が大きくなったのです。
「ある社長」に応援を依頼してご支援を頂き、その方が会社を守るべく努力をして下さいました。
毎日電話で状況報告をお聞きし、「ある社長」のお考えも聞いて、現在ようやく解決の目途が立ってきました。


14)
その会社の社長は決して「不快」から逃げませんでした。
自社の破たんするかどうかの局面と対峙し、問題解決に努力したのです。
ところが、今度は問題解決に助言していた、「ある社長」の会社で問題が起きたのです。
私も報告を受けて、胸が痛みました。


15)
一報を受けてすぐにお電話しましたが、「ある社長」は色々な困難を乗り越えてきた人です。
社員さんや社会に対して誠実な経営をされ、決して「不快」を避ける方ではありません。
常日頃から社員さんを大事にされ、社員さんが胸を張って「会社を誇りしている」と語っておられるのが救いです。


16)
まだまだ、多くの会員企業様の苦悩の相談はあります。私の周りは信頼する立派な経営者がたくさんいますので、
その方々のお知恵を借りながら、問題解決のためのお手伝いをさせて頂いています。
でも、決して「快」ではありません。
しかし、曽国藩が言われるように、私には「煩」に耐える使命があるのです。まるでストレスの塊です。


17)
でも、私はストレスに耐えるコツを持っています。坐禅をしたり、伊與田覚先生の教えを思い出したり、
仮名論語を素読したり、明治の森・箕面国定公園を歩いたり、色々な書物を読んで「不快」と向き合っています。
特に、心が乱れた時には「中庸」になって心を調えています。伊與田覚先生の中庸の本を開いているのです。


18)
伊與田覚先生の言葉1)
『患難に素しては患難に行なう』
病気や貧乏など、さまざまな憂いごと、心配事、なかなか思うようにならないことに対して、
それを基にして対処していかなければならない。

ここのぺ―ジを何十回めくったかわかりません。私の「不快」を支えて下さるお言葉です。


19)
伊與田覚先生の言葉2)
「君子入るとして自得せざる無きなり」
自得とは自ら満足するということです。つまり、どこへ行っても、不平不満ではなく、

「自分の居るべきところはここや」と決め、他を願わずにその場所らしく生きていく。という意味です。


20)
私は気の小さい人間です。メールでも生意気な事を述べています。本当は自分に言い聞かせているのです。
しかし、兄弟との比較、両親の離婚など、小さいときからたくさんの「不快」を味わってきました。
でも、いつも本を片手にもって、その書物の言葉から「不快」から避ける工夫をしてきました。


21)
現在、社長・幹部が「不快」をどう乗り切るかの教育カリキュラムを新しく作っています。
社長や幹部は「順境な時ほど、悲観脳を使い、逆境に遭った時ほど楽観脳」を使うことが大事です。
29TTコースのご受講生に、冗談で「CPを上げる研修をするよ!」と伝えたら、何人もの方々が、
「田舞さん、いつからやるのですか!」と聞いてこられました。6か月コースですが、2か月分の案は創りました。


22)
どうか、社長や幹部は、フロイトが言うような「快」を求めず、
ヴィクトール・フランクル先生のように「意味」を求めて下さい。
人間は「意味のために死することさえも出来る高遠な生き物」なのです。

松原社長の「コア・コンピタンス経営」が、大幅に参加者が増えています。
将来は東京でも行なう構想を持っていますが、私がスタンフォード大学で学んだものです。
松原社長が、非常に分かり易く講義をしてくれています。厳しい時代になります。社長も幹部も耐える力をお創り下さい。

松下幸之助の「何事も苦労したぶんだけ、道は開けてくる。すべてを素直に受け入れることや」
心に沁みるお言葉です。今日は東京の「全日本マネジメントコーチング協会」全国大会でした。
創業メンバーの湯ノ口君や檜山君と「創業の精神」について話しました。後日、ご紹介出来ればと思います。


田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2016年7月 9日 19:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「道頓堀ホテルの「日本サービス大賞」優秀賞受賞と橋本兄弟の人徳と才能(人を活かす経営)」です。

次のブログ記事は「先人の苦労を知り、社長の感謝力と、幹部の忠誠心と経営感覚が会社を成長させる・創業の精神」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。