2015年9月アーカイブ

親愛なる皆様
お元気ですか。


●今日の教訓

「協力は無理に得ようとしても得られない」
この言葉は幸之助の人間観です。
熱意と誠意で、懸命に取り組むところに、自ずと集まってくるのです。
そして、真の協力は、権力や同情では得られません。
志の高さと人間の温もりによってのみ、得られるのです。

          木野 親之(松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日)


1)
テレビ朝日の「報道ステーション」に、京セラの稲盛和夫名誉会長が出演されていました。
人間には「利他の心」と「利己の心」が同居している・・・。
利他の心を持つことの重要性や、人間は自力で存在するのではなく、
「生かされている」ということを認識することが大切だと述べておられました。
常に感謝の心、そして、日々反省することの重要さなど・・・。
83歳の稲盛名誉会長の味わいのあるお話でした。


2)
稲盛名誉会長は、松下幸之助翁の影響を受けておられると思います。
現在の経営者では、稲盛名誉会長の右に出る経営者はいないでしょう。
短い時間でしたが感動しました。
また、富士ゼロックスの小林陽太郎元会長がご逝去されましたが、
月刊『理念と経営』の巻頭対談ではお世話になりました。


3)
次々に実力のある経営者や芸能人が亡くなりますが、
稲盛名誉会長には長生きして頂き、日本のご意見番として頑張って頂きたいと思います。
特に日本庭園を背景にしての撮影でしたから、「日本人の心」というお言葉が身に沁みました。

────────────────────────
★理念と経営・経営者の会にご興味のある方は、
info2@rinen-mg.co.jp >まで
★理念と経営・社内勉強会にご興味のある方は
http://www.staff-study.jp/
★社内勉強会を効果的に活用している事例を紹介!
http://www.youtube.com/watch?v=PwpBG0OzvWA
────────────────────────

4)
さて、稲盛名誉会長は「盛和塾」という経営者の集まりを主催されています。
私も初期の頃にお誘いいただきましたが、日創研の創業期でありスケジュールの関係でご遠慮しました。
盛和塾は青年会議所のメンバーが多いのですが、
私も稲盛名誉会長のお傍についていた鮒子田さんに誘われました。


5)
現在はたくさんの優秀な経営者が集まり、盛大に色々な催しが開催されていますが、
「稲盛経営者賞」に、アイ・ケイ・ケイの金子社長が選ばれました。
大変名誉なことであり、私も大変喜んでいます。おめでたいことです。


6)
日本創造教育研究所の会員企業様が今まで様々な賞に選ばれることがよくありますが、
今回の賞は今までにない素晴らしい「賞」ですので、
今回の金子社長の受賞はことのほか名誉なことだと思います。
いつもいつも「良きことを念う」金子社長に拍手です。


7)
さて、月刊『理念と経営』9月号の『孫正義の「志」の経営』の記事に感銘を受けました。
ソフトバンクの孫正義さんを28年前から取材している、作家の井上篤夫先生による記事です。
企業事例や「逆境!その時経営者は・・・」でもそうですが、
孫さんの凄さをあらためて感じました。


8)
特に、文中の「ビル・ゲイツ氏」の言葉が印象的です。
作家の井上先生が「会社がつぶれると危惧したことはありますか?」という質問に、
ビル・ゲイツは「いつも、いつも、不安に駆られながら、なんとかここまでこぎつけてきた」
経営者ならではの御言葉です。


9)
我々経営者というのは、どんな楽天家でも危機感は強いはずです。
ましてや、真剣に経営すればするほど、色々なことが想定されます。
企業の寿命は30年と言われて久しいですが、最近は企業の寿命は20年という統計もあります。


10)
アメリカのビル・ゲイツのような「有言実行」の経営者は誰か、
ということで日本では孫正義氏が挙げられています。
1981年に創業しますが、二人のアルバイトに対してミカン箱の上で力説します。
「将来は1兆、2兆(1丁、2丁)と豆腐のように売り上げを数えられる企業になる」
翌日、二人のアルバイト社員は去っていきました。
しかし、翌年の82年には、社員が30人で売上20億円。
83年には社員125人で売上45億円と急成長します。


11)
ところが、無理がたたって慢性肝炎になるのです。病院のベッドで孫氏は考えます。
 1、人生とは?
 2、何のために生きているのだろう?
 3、自分のため? 家族のため?
 4、それとも社員のため? 顧客のため?
 5、もっともっと深く人生を生きられないか?
 6、一回きりの人生ではないか・・・

「考え抜きました。結論は、人に喜んでもらえる仕事がしたい」
三年間の闘病生活を経て病気は完治し、以来、そのときの思いを片時も忘れたことがないそうです。

誰もが悠々と生きているようで、やはり困難はあるのですね。
(ぜひ、お読みください)


12)
過日は、名古屋センターで経営理念と戦略ワンポイントセミナー(二日間)でした。
楽しい二日間でしたが、終了後、東京に来ています。
昨日はあるお方にお線香をあげ、今日は経営指南塾に臨んでいます。


13)
田舞塾はお陰様で定員をオーバーして少し苦慮していますが、
お願いしていた人に急遽キャンセル待ちとお詫びのお電話を差し上げました。
ケース・メソッド授業は実学ですし、日本創造教育研究所でなければできない現実味を帯びた学習法です。


14)
社風の診断や、財務診断や、面談等、参加企業様を丸裸にしてのケース・メソッド授業です。
教育ケースご提供者に対して色々な提案やご意見を述べるのですが、
8月のアイ・ケイ・ケイさんの二日間の田舞塾は、最高の学びになりました。
まだ、「博多の森」の素晴らしい会場が目に焼き付いて離れません。


15)
今回の経営理念と戦略ワンポイントセミナーもたくさんの方々がご参加くださいましたが、
日創研名古屋経営研究会は、清水前会長が音頭をとって18名も参加くださいました。
また、日創研尾張経営研究会からも、京極社長はじめ複数でご参加いただき感謝です。


16)
日創研名古屋経営研究会は、現在は吉見社長が会長ですが、
海外出張で参加できずに残念がっておられたようです。
溝俣元会長がお元気になられて、28TTコースの社長としてご参加くださいました。感謝です。


17)
京極社長や多くの方々が幹部とご一緒に学ばれましたが、
「経営理念」と「コア・コンピタンス経営」のつながりをよく理解されていました。
業績アップ6か月研修の後は、
ぜひ業績アップ上級コースでコア・コンピタンス経営を学ばれると良いと思います。
京極ファシリテーターも上級コースに通われていましたが、
幹部が育っている分、経営者自身に学ぶ時間が取れるのですね。


18)
さて、千葉県に小中高進学塾の「個別教育CAN」という学習塾があります。
これまでに日創研の研修を最大限活用頂き、結果を出して頂いている企業の1社です。
まず、社内規定で社員さんは可能思考研修実践コース(PSV)まで必修になっています。


19)
また、OJT(職場内教育)では、
 1、13の徳目を活用した朝礼の実践、
 2、「理念と経営・社内勉強会」の定期開催、
 3、ありがとうカードの導入もして頂いています。


20)
実は、10年前は正直業績はあまり良くありませんでした。
その理由の1つ目は、地域に大手の同業他社が数社あったため、
他社よりも授業料を下げないと生徒さんを獲得できなかったこと。

2つ目は、企業理念で「授業の質」を重視しているため、
学生アルバイトの雇用は一切せず、
全員が正社員さんであるため人件費が利益を圧迫していたのです。


21)
しかし、その5年後には授業料を1.5倍に引き上げても入塾者が増え、
現在ではさらに1.3倍に授業料を引き上げても、2年先まで入塾待ちとなっています。
その最大の要因が、人財育成にありました。


22)
人財育成を徹底したことにより、社員さん達の人格及び能力の両面が向上し、
他社では1教科90分を掛けて指導している授業を個別教育CANさんでは、
1教科40分で効果の高い指導ができるようになったそうです。


個別教育CANさんのコアコンピタンスは優秀な人財です。
正に人財格差が企業格差の最たるモデル企業です。
可能思考教育は中小企業の活性化に絶対的に不可欠です。
経営者の皆様は、ぜひ可能思考研修の全社導入を促進してください。


田舞徳太郎

親愛なる皆様
お元気ですか。


●今日の教訓●

どんな、経営環境でも、誰にでも夢を見る権利があるのです。
運が悪かったであきらめてはいけません。
必ず成功してみせるという強い信念があれば道は開かれるのです。
困難や問題は指導者の志の強さに応じてチャンスとなるのです。

               木野 親之(松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日)


いつもメールの返信が出来ていません。お許しくださいませ。


1)
9月に入りました。
月初からの二日間は福岡で経営理念と戦略ワンポイントセミナー(二日間)でした。
初日は経営理念に重点を置き、二日目はコア・コンピタンス経営について講義しました。


2)
コア・コンピタンス経営とは、他社が絶対に真似の出来ない競争優位の源泉です。
17年前にシリコンバレーでスタンフォード大学の客員研究員として学んだことが夢のようです。
当時は語学を甘く見て、本当に辛酸を舐めましたが、今は懐かしいです。


3)
今月下旬に起業家養成スクールで久しぶりにシリコンバレーに行きますが、
スタンフォード大学のアジア太平洋研究センターでの一年間を思い出しています。
必死になって学びましたが、お陰でケース・メソッド授業法や、コア・コンピタンス経営など、
多くのことを学んで教育カリキュラムにしています。


4)
アメリカはスペシャルなものを持っている人を大事にします。
私はお鮨を握れましたから、教授のホームパーティーなどで人気者になりました。
人生には何も無駄はない・・・!特別にご教授頂いたことを思い出します。


5)
10月から東京で始まる「経営理念塾」は、
「ビジョナリー・カンパニー」のジェリー・ポラス教授の教えに大きな影響を受けています。
戦略型よりも理念やビジョン型の経営が好業績を上げるというデータに基づいた理論です。


6)
日本では産業能率大学の宮田矢八郎教授が、
TKCさんの6,000社ほどの企業を調べ上げて、
経営理念を早く作った会社ほど業績が良いことを報告しておられます。


7)
宮田矢八郎教授が『収益結晶化理論』によると、
経営理念が無いと回答した企業の平均経常利益が2,900万円なのに対し、
経営理念があると回答した企業の平均経常利益は4,900万円とあります。
なぜ、中小零細企業が廃業率が高いかが、経営理念の観点からも伺えます。

 

8)
私が月刊『理念と経営』という経営誌や13の徳目を出した背景には、
中小企業の活性化のためには、広く「経営理念作成」を啓蒙する意図もありました。
経営理念は経営の物差しであり、大きな判断基準です。


9)
ほとんどの経営者や幹部は「もっと利益がほしい!」と考えています。
しかし、表面的なことしか追いかけず、理念のような基本を疎かにしているのです。
 1、人財育成
 2、新商品開発
 3、新しいサービス
 4、お客様の満足
 5、健全な社風
 6、販売チャネル
 7、その他


10)
こういったことを無視して、売上が上がらない、利益が出ないと嘆いています。
当然のことと言えば当然です。
「お金を追いかけるな、志を追いかけろ!」と松下幸之助翁は述べています。
利益は企業永続のためには絶対的に不可欠ですが、
その前にやるべきことがたくさんあるのです。


11)
日本創造教育研究所の会員企業様も、アイ・ケイ・ケイ様や、株式会社ミヤザキ様のように、
理念やビジョンを大事にしている会社の方が業績が抜群に良いです。
多くのご受講生の方々に理念経営の促進とコア・コンピタンス経営をお勧めしました。


12)
先日、ある方からメールを頂きました。
水谷工業の京極社長の講演の報告ですが、
この会社はお金を追いかけるのではなく、まさに理念や人財育成に力をいれています。


13)
結果的に適正利益を出しておられますし、
早くから、粘り強く「理念と経営・社内勉強会」をされたお蔭で現在は明確に定着しています。
しかし、13の徳目も含め、京極社長は手を抜きません。


14)
ファシリテーターとして、TTコースや田舞塾でも真摯に学び、
日創研経営研究会でもレクチヤラーとして真剣に講演をして頂いています。
姫路での講演に感動されたご受講生からのメールです。


15)
京極社長の講演に関して
メール1)
「先日、姫路経営研究会の例会で京極盛社長に講演をして頂きました。
 通常例会でしたが、240名の多くの方が参加され、心に響く講演内容でした。」


16)
メール2)
「理念と経営」を使いながら、勉強会を何故行うのか、
 その意義を明確にし理念をベースにした講演内容はTTで学んだことを振り返らせて頂きました。
 途中涙ぐんでしまう程、京極社長の話は深く心を打ちます。 」


17)
メール3)
「社員さんに理念の浸透を図るため、
 同じ価値観で仕事を行うため、
 自社の強みを生かすためにも「理念と経営」は大切なツールなのだと気づかされました。」


18)
メール4)
「理念を可視化させること、また京極社長のかっこよさと優しさに触れ、奮い立つ気持ちになりました。
 忙しさを理由に勉強会を疎かにしていた自分を恥じます。
 社員さんに光を当て、ありがとうを経営を進めていく上でぶれないように新たに問題に向かって頑張って行こうと思います。」


19)
メールを下さった方もご立派です。
書いてあるように、本当に中小企業経営者や幹部の悪い癖は、
忙しさを理由に勉強会を疎かにしてしまいがちなのです。


20)
経営理念と戦略ワンポイントセミナー(二日間)のご参加者の方々は熱心でした。
すき焼きのお店を100億を超える売上で経営されている、創業120年の「人形町今半」のT社長様には、
わざわざ東京から福岡に来ていただきました。素晴らしい理念を冊子にされていました。


21)
キューハイテックのH社長は5人で参加されましたが、幹部の表情が素晴らしかったです。
また、6回目のご参加の新幹線のレールを溶接される会社のH創業者や
健康住宅のH社長様や幹部社員様4名。
そして、御主人を亡くされてから孤軍奮闘されている
ベストオフイスクリエイションのT社長も幹部とご一緒で素晴らしい学びをされていました。


22)
熊本経営研究会からは12名の方々が参加され、28TTの方々もたくさんおられ懇親会もすごく楽しかったです。
経営理念と戦略ワンポイントセミナー(二日間)は、経営理念とコア・コンピタンス経営の講義です。
一体不可分の学びだけに、私も充実した二日間でした。


23)
最後に、11月8日は、月刊『理念と経営』創刊、「理念と経営」経営者の会設立の
10周年記念全国大会です。
ぜひ、ご参加ください。

田舞徳太郎

 

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。