事例で学ぶ企業研究(株式公開と人財育成)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

●今日の教訓

「窮屈な枠の中で、窮屈なものの考え方をしていては、
 心の働きも鈍くなり、自由自在な智慧も出てこない」
 私が松下通信工業株式会社東京営業所長になった時、いただいた言葉です。

 窮地は常にある。
 それを乗り越えていくところに、経営の妙味があるのです。
 矛盾を矛盾としない、経営の自由度を360度にすれば、生命の美しい花は咲くのです。

                           木野 親之(松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日)


いつもメールの返信が出来ていません。お許しくださいませ。


1)
名古屋特別基礎コース、東京の経営問答塾第2講が終わり、
週明けからの二日間は田舞塾でした。
ようやく東京から大阪に戻り、昨日からTTコースに臨んでいます。


2)
田舞塾の教育ケースは、エコランドの株式会社ウインローダーさんでした。
要らなくなったものを集荷し、毎日仕分けしてインターネットのオークションで販売します。
人の要らなくなったものを欲しい人の元へ届け、循環型のビジネスモデルを創ろうとチャレンジしています。


3)
高嶋現社長は三代目ですが、長年の物流事業に加えてエコ事業に乗り出し、
少しでも社会の役に立とうと懸命に努力しています。
起業家養成スクール時代からの構想で、それを実行に移しているだけでも素晴らしいです。


4)
研修初日には倉庫に行きましたが、海外にもエコ商品を輸出しています。
一コンテナ17万円の輸送費に対して、平均単価60万円の商品をアジア地区に輸送し、
時代環境の変化に機敏に対応しています。


5)
志が高く、明確なビジョンと経営理念を打ち出して頑張っています。
ご受講生の皆様方も盛んに発言し、ディスカッションスキルの高い方々がお揃いになっています。
今回は20分超過のケース・メソッド授業でしたが、あと一時間は必要なぐらいに活発でした。


6)
さて、円安による経常収支が10か月連続で黒字になり、日本としても良くなっています。
今年の1月から3月期のGDPは年率換算3.9%増と予測を上回りました。
日創研の会員企業様の業績予測もかなり上回ってきています。


7)
やはり、大手企業の設備投資の伸びが大きなプラス要因ですが、
我々中小企業には個人消費が大きな影響を与えるだけに、
0.4%の伸びしか示していないということを考えるとまだまだ断できません。
4月から6月期のGDP予測は落ちるものと予測されています。


8)
ただ、人財育成をしている会社様は圧倒的に業績を伸ばしている観点からも、
人財の格差が、考える以上に大きな影響を与えているようです。
経営者の皆様には、ぜひ可能思考教育の派遣計画を立て直して欲しいと思います。


9)
名古屋の特別基礎コースは、四国・九州・関東・東北からもご参加でした。
私の講義よりも、松原・檜山・杵渕・末武・松岡の各講師陣が素晴らしいのです。
さすがの私も70歳を迎えるようになると、昔のような迫力はありませんが、
各講師陣のレギュラー日程でも、オーナー会員特典を使ってご活用ください。


10)
ただ、いざという時は昔の私に戻りますが、ご参加者に対する愛情だけは年齢ごとに深くなります。
ご参加頂けている感謝の気持ちと、創業29年を迎えて、
よくぞここまで発展させて頂いたなと、強く会員企業様にご恩を感じます。


11)
名古屋特別コースはジャスダックに上場している「買取王国」の社員さんもご参加でした。
買取王国の長谷川社長とは27、8年のお付き合いで、お互い苦労している時だっただけに、
青年会議所の仲間ということと重なって、深い友情で結ばれています。


12)
京都の「ハウスドゥ」さんも、東証マザーズに上場されました。
この会社様も人財育成には熱心で、日創研創業の頃から可能思考教育を徹底導入されています。
今月の19日にお会いしますが、安藤社長様の執念が実を結びました。嬉しいことです。


13)
今回の田舞塾には、「アイ・ケイ・ケイ」さんの金子社長も参加されましたが、
5月1日に上場以来三度目の株式分割をされました。
現在は650円ほどの値を付けていますが、近いうちに元値に戻るでしょう。
元値に戻ると、私の株式数は8倍に増えたことになります。


14)
例えば、1000円で買った株が一回目の分割で500円×2株になるのです。
業績も好調ですから、500円の株価が元の1000円に上昇することになります。
つまり、1000円×2株となるのです。


15)
二回目の分割で1000円×2株が、500円×4株となります。
業績も良いので再び500円が1000円となり、1000円×4株となるのです。
そして、今回は3回目の分割ですから、500円×8株となります。


16)
アイ・ケイ・ケイさんは、人財育成には徹底して投資しますから、
それが好循環を生み、感動のサービスを創り上げて全店舗黒字です。
現在の株価は650円前後ですが、いずれ1000円になるということです。
(これは分かりやすく解説したものです)


17)
日創研の会員企業の方々による上場は、単なる資金調達ではありません。
社員さんの自社への誇りや、従業員満足や、企業イメージの強化が目的です。
徳島の阿波製紙の三木社長も東証二部に上場されていますが、
新技術の開発などに資金を投入されています。


18)
東京証券取引所の株価の時価総額は、
1988年のバブル期の時価総額を上回ったようですが、
上場企業はアベノミクスで業績も好調です。


19)
今回の田舞塾のウインローダーさんも上場を計画していますが、
働く従業員さんの満足のためにも大事なことですね。
高嶋社長はまだ41歳ですから、将来の可能性を思うと「若さ」というのは素晴らしいことです。


20)
昨日から28TTコースのプレゼンテーションが始まっています。
皆様方熱心に学ばれ、練習の成果が上がることを望んでいますが、
いざとなると緊張するのでしょうね。


21)
私はスタンフォード大学の客員研究員の時代に、
教授を前にして論文を発表したことがありますが、その緊張感は凄いものでした。
人間は「楽しいことばかり」続くことはありません。緊張感に耐える力が大事だと思います。


22)
今回の研修スケジュールは長丁場ですが、
中小企業の活性化や、会員企業様100%黒字の実現というビジョンや使命を考えると充実しています。
28TTコースもファシリテーターにご支援いただきながら頑張ります。

田舞徳太郎

 

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2015年6月18日 14:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「思春期のご子息と一緒に!共に学ぶ」です。

次のブログ記事は「正しい経営理念が出来ると、経営理念が利益を生み出してくれるようになるのです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。