志を貫く創造の経営(あきらめるかチャレンジするか)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。


●今日の教訓

 幸之助は、
 「自らの努力で困難を開拓し得た境地には、金銭に代え難い人生の味わいがある」
 と述べています。

 金が主役の経営では、毎日が金に振りまわされ、
 金に追いかけられ地獄となるのです。

 人間主役の経営、王道の経営に徹すれば、
 苦難を勝利に導くことが出来るのです。

 経営の主役を何にするかが企業の成否を決めます。
 幸之助の人生は自らの努力で困難を開拓した人生でした」

         木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より

 

 

メールの返信が出来ておりません。
心よりお詫び申し上げます。お許しください。
田舞徳太郎


1)
先週から東京で連日研修を行い、
昨日は経営問答塾が終了して久しぶりに自宅に戻りました。
大阪の経営問答塾は過日始まりましたが、今回も内容の濃いセミナーでした。


2)
武蔵境自動車教習所の高橋会長が質問をされました。
「M&Aした坂出自動車教習所もうまくいっているのですが、
 他からもM&Aの依頼がたくさん来ている!どうするべきか?」という内容のものです。


3)
私は今勢いよく成長している株式会社ミヤザキの山之上社長に振りました。
山之上社長の会社も第四工場を計画中で素晴らしい発展です。
素晴らしい経営者に素晴らしい経営者がアドバイスするというシチュエーションです。


4)
良い会社は「社長も幹部も社員もみんな可能思考能力が高く」前向きです。
と同時に、人財育成に力を入れているだけに
「拡大になっていないか」、「真の成長なのか」を吟味します。


5)
人の育成ができていない会社に限って拡大をしますが、
究極は、すべてのビジネスは人財で決まるわけですから、
長い目で見ると人財がいるかいないかが判断基準になっています。


6)
高橋会長は坂出自動車教習所をすぐに黒字にしていますが、
今の責任者に3年間任せて、
さらなる経営理念の浸透を図っておられるのです。


7)
武蔵境自動車教習所は順風満帆ですからM&Aしても良いのに、
もう一年待つということになりました。
立派な会社は経営を安直にしません。非常に戦略的で慎重です。


8)
山之上社長の第四工場建設計画も成功は間違いなしで、
普通なら五億円かかる工場建設費を1億2,000万円で作る計画です。
新商品の開発工場だけに成功間違いなしで、さらに売り上げも上がります。

 

9)
さて、26日まで東京で私の特別基礎コースでした。
カンボジアやセブ島からも参加されていましたが、素晴らしい体験をされたようです。

私はほとんど可能思考教育よりも職能教育を行い、
そこに力を注いでいましたから、改めて反省がありました。
やはり、仕事の出来る人を育成するには、可能思考教育が一番大事です。


10)
今回は経営者が多く参加されていましたが、
その分、研修もスムーズに進行し、参加者の方々に心から感謝しました。
昔よりもソフトになっていますが、研修がさらに深くなっています。


11)
今回はご紹介者や派遣企業の皆様方にも御礼を申し上げなければなりません。
20数年ぶりの方々が紹介者として修了式に参加してくださいました。
重ねて感謝申し上げます。


12)
武蔵境自動車教習所さんは11名もご派遣を下さいましたが、
昨年新卒の方々で素晴らしい人たちばかりでした。
いつも前の席に座り熱心に聞いてくださいましたが、本当に嬉しかったです。


13)
また、ウインローダーの高嶋会長には6名の社員さんの派遣と経営者のご紹介を頂きました。
ご子息が社長になり、エコランドという部門を立ち上げていますが、
来年はマザーズに上場予定ということで、さらなる成長を遂げています。

 

14)
「成果を作り出すための8つの条件」は力を入れて講義しました。
松下幸之助翁は「経営で大事なのは結果をつくること」と述べておられますが、
我々日本創造教育研究所のビジョンを達成するには、結果を創れる人財の育成にも力を入れなければなりません。


15)
もちろん、可能思考教育は「人間力・考える力・仕事力・感謝力」の育成が目的です。
この人間力・考える力・仕事力・感謝力を作り出さない限り、
社長力・管理力・現場力の三位一体の経営を実現することはできません。


16)
新商品や新技術を創るには、肯定的な解釈能力と前向き発想が必要です。
新しいサービスを提供するには、プラス思考で、感謝力が大事です。
チームで仕事をする社風にするには協調性の育成も大事です。


17)
最近はダイバーシティ(多様性)が言われていますが、
基本ができずに多様性を主張してもうまくいかないのです。
基本には「人間力・考える力・仕事力・感謝力」が不可欠です。


18)
今こそ可能思考能力が求められる時代はありません。
私自身が今後可能思考教育を強化していく方針を立てました。
再度、派遣計画を見直して下さい。
そして、悩んでいる経営者のご紹介もお願いします。

 


19)
さて、いよいよ新春経営者セミナー東京大会の募集に入りました。
来年は東京大会開催10周年記念です。
是非、お祝いに駆けつけて頂きたく思います。
有名ではありませんが、今までになく中小企業の経営者の方々が講師になっていただいています。


20)
奥村幸治先生は経営者ではありませんが、
イチロー選手が210安打を達成した時の専属打撃投手です。
マスコミや我々の知らない「イチロー選手のルーティン」は、本当に感動します。
特に、田中将大投手は少年野球での教え子であり、人財育成の点からもそのコツを学べます。


21)
結局、一流選手に共通するのは、技術の巧みさもあるが、
究極はそれを支える「人間力」にあったという結論ですが、
最後まで残る超一流の選手は、人としてどうあるべきかを追求している人であると述べています。


22)
逆境を乗り越えた3人の経営者が、どのようにして乗り越えることができたのか?
まさに、志を貫き創造の経営をしてきたからだと述べて下さいます。
それぞれが逆境の乗り越え方も違いますが、我々の経営の最高の参考になります。

新春経営者セミナー東京大会は、
1月20日(火)12時30分?21日(水)16時40分までです。
是非、10周年記念大会としてお祝いにご参加下さい。

田舞徳太郎

 

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2014年10月30日 10:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビジョンを持てばそれなりの生甲斐と苦労はついてくるものです。」です。

次のブログ記事は「博く学んで篤く志す(素直に学ぼう)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。