経営理念がある会社は、経営理念がない会社の1.7倍の利益が上がる。

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

 

●今日の教訓

 「朝に発意し、昼は実行、そして夕べに反省する。
  実業人の生活態度はこうありたい」
 と、幸之助は忠実に実行していました。
 九九回の失敗の後に、一回の成功が普通と、発明王エジソンは言っています。
 しかし、経営者には失敗は許されないのです。
 発意と実行と反省を常に心がければ、失敗が成功に変わるのです。

木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より


メールの返信が出来ておりません。
心よりお詫び申し上げます。お許しください。
田舞徳太郎

 
1)
今年は災害が特に多い年です。
広島でも会員企業様の社員さんが亡くなられましたが、
今回の噴火でも、長野の会員企業様の社員さんが被災され亡くなられました。
心から被災された方々のご冥福をお祈り申し上げます。
 
 
2)
「人生、一寸先は闇」と言いますが、
美しい紅葉の中でお弁当を食べている最中に突然噴火したのですから、
咄嗟に逃げる余裕も無かったのでしょうね。
 
 
3)
台風18号も大きな爪痕を残していきましたが、
地球温暖化現象で、年々台風も大きくなって来るような気がします。
すでに台風19号が発生しているとのこと、お互いに油断しないように準備しましょうね。
 
 
4)
さて、今日からの経営理念塾で東京に来ています。
産業能率大学の宮田教授は色々な検証をされていますが、
経営理念がある会社の経常利益は、
経営理念がない会社の経常利益の1.7倍あると明確に結論づけています。
 
 
5)
私はスタンフォード大学に行った折、
ビジョナリ・カンパニーを書かれたジェリー・ポラス教授に教えを受けました。
やはり、100年単位で見ると、
ビジョンがある会社とない会社では圧倒的な差があります。

 
6)
特に、優良企業は創業時から理念をつくり会社を立ち上げています。
いかに経営理念が重要かをもっと理解してもらいたいと思います。
体系立てて学ぶことをしない人は、ある面経営の本質をつかめないのです。 
 

7)
経営理念塾ではダイエーさんが存在していた時、
イトーヨーカ堂と比較しながら経営理念と戦略の違いを講義していました。
ダイエーはすべての不動産を自前で持ちましたが、イトーヨーカ堂はすべてリースです。
 
 
8)
ダイエーさんは特に経営理念もなく、
広報室でしつこく聞いて「お客様のために (For the Customers)」という、
創業時の文章を頂戴致しました。


9)
故・中内 功創業者は、昭和23年にアメリカに渡り、
ガルブレイス教授の「カウンター・ベーリング・パワー(拮抗力)」という、
流通革命の基になる理論を学びます。
 
 
10)
日本ではすべての主導権をメーカーが握っている・・・。
価格面からも、消費者主導権を握るようにならなければならない。
そのような世の中を創ろうと志を立てたのです。
 
 
11)
ダイエーに経営理念があれば、
そして流通革命の志が長く続いていれば、
恐らくダイエーは流通業の覇者になっていたかもしれません。
 
 
12)
しかし、経営理念がなかった故にプロ野球球団を買収したり、
ホテルや不動産業にも参入し、本業の範疇を超える多角化を進めてきました。

ダイエー子会社として出発したコンビニエンスストアのローソンも、
創業時から四半世紀、経営理念が無かったのです。 

13)
一昨日の日本経済新聞では、
「消えるダイエーの教訓」というタイトルで、
社会に響く経営理念の重要性が掲載されていました。
 
 
14)
ローソンは、2000年の上場準備の際、
証券会社から指摘されて、
慌てて「お客様の便利な生活」という付け焼き刃の理念を作るのです。
 
 
15)
しかし、2002年に三菱商事から社長に就任した
新浪 剛史氏(現・サントリーホールディングス社長)が、
「軸もなければ、方向もない」と評したほどです。
 
 
16)
大手企業にも、理念はあっても浸透していない会社はたくさんあります。
ましてや、中小企業には理念を軽視する経営者も少なくありません。
何のために経営しているのか・・・、軸も判断基準も方向もないのです。
 
 
17)
もちろん、ダイエーは日本の流通業界を変革して一世を風靡しました。
一兆円を突破した頃のダイエーは、まさしく時代の寵児だったのです。


18)
先日、イオンがダイエーを完全子会社化する方針を発表し、
2018年を目途に「ダイエー」の名前が消えるそうです。
報道されたのが、奇しくも9月23日という創業記念すべき日でした。

 
19)
57年前の同じ日、
大阪にて「主婦の店・ダイエー薬局」が産声を上げた日です。
皮肉と言えば皮肉ですが、
時代の一役を担った中内さんは天国でどう思っておられるでしょう。 
 

20)
経営理念が大事な時代です。
明日からの27TTコース(企業内教育インストラクター養成コース)では、
企業の規模別成長発展論を講義しますが、そこでも理念の重要性を語ります。
 
 
21)
日創研の会員企業様は経営理念を作っている会社が多くあります。
しかし、おおよそ「経営理念」と呼ぶには稚拙なものもあり、
お飾りの経営理念で終わっている会社も多数あるのではないかと思います。

 
22)
我々の会社は社会にとってなぜ必要なのか、
社会的使命をいかに果たしているのか・・・真剣に考える時です。
 
松下幸之助翁は、
「事業経営におけるいちばんの根本は正しい経営理念である」と述べています。
経営問答塾で松下経営哲学を学びませんか?
 
田舞徳太郎
 

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2014年10月 8日 13:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経済と経営は違う(可能思考能力の重要性)』」です。

次のブログ記事は「根っこが大事な所以(ゆえん)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。