経営理念は企業を進化させるものでなくてはなりません

| コメント(0)

親愛なる皆様へ


●今日の教訓

幸之助は、ある日、はっと気づいたのです。
人間、何の問題もないことを望むのは当然ですが、
やっかいなことに人間は、何か悩みがないと、
生きる張り合いがなくなってしまうものだ、と。
それは、悩みを解決出来るのは人間だけだからです。
「悩みを解決するために、人間は生まれてきたのだと考えるようになって、
初めて本当の意味で生きる元気が出た」と喜んでおりました。

       木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より

 

メールの返信が出来ておりません。
心よりお詫び申し上げます。お許しください。田舞徳太郎


1)
森信三先生は、
「それなりに社会に受け入れられるようになったら、
 今までの倍働き、収入は半分に減らさなければなりません!」
と述べられています。


2)
職業を人間的成長の大きな手段と考えられていたのでしょう。
この言葉に非常に引き付けられ、忙しいと充実した気持ちになっていました。
立派な人物は健全な職業観をもっています。


3)
つまり、単なるお金儲けではないのです。
我々経営者も、企業経営を通して自分を磨き、
幹部も社員さんも仕事を通して自分を磨くのですね。


4)
一昨日に鹿児島から大阪に戻りましたが、
鹿児島経営研究会の会長や起業家養成スクール修了のF君や、
ファシリテーターの飯田さんにお見送り頂きました。


5)
非常におもてなしに溢れた鹿児島での「理念と経営」経営者の会でした。
重ねて今別府地区会長や栫ブロック会長、宮崎の岸本ブロック会長、
熊本の森本ブロック会長やご参加者にお礼を申し上げます。


6)
青年会議所時代の後輩で、
随分と長い間お付き合いをしている「健ちゃん」も参加され、
元気なお姿を見て懐かしく感じました。



7)
昨日は大阪の経営理念塾で5時間の講義をしました。
稲葉講師もパートナー講師として色々とアドバイスをして下さいました。
修了次第、そのまま新幹線に飛び乗り、東京に移動でした。


8)
今日は埼玉の倫理法人会の講演です。
力いっぱい話をして、お世話になった方々にご恩返しをしたいと思っています。
終わり次第また大阪に戻り、明日は京都の「社長塾」です。


9)
社長塾が終わると関西空港で宿泊し、
5月1日から5日間のカンボジア視察です。
日本創造教育研究所も海外セミナーを行うようになってきましたが、
会員企業様のニーズも増えてきました。


10)
今年は「成功する新卒採用セミナー」を開催します。
10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーで温めてきた事業だけに、
会員企業様に少しでもお役に立ちたいと思います。


11)
また、内定者と就職活動生を対象にした
「ゲット・ア・ジョブ・カレッジ」も東京・大阪で開催します。
 1、経営理念の重要性
 2、ワーク・マネジメント
 3、人財育成
この3つのテーマを一つのシリーズとして三回シリーズで開催します。


12)
特に、今の大学生は「経営理念」に非常に興味を示します。
各大学の教授の皆さんが、経営理念の重要性を説かれるからでしょうが、
ディスカッションを交えると色々な角度で討議をしています。

 

13)
昨日は大阪・経営理念塾の第三講でした。
理念を本格的に作成しようとするとかなりの勉強が必要です。
今日は、形のない理念を形のある商品やサービスや技術にどう変換するか?
そんな講義を行いました。


14)
やはり、インスタントで作成したものはインスタントです。
考えて、感じて、未来を見つめ、現実を考慮しながらの作成は「難しさ」もあります。
しかし、自社に経営理念委員会を創りますから、社員・幹部を交えて作成するのです。


15)
創業が旧いところでは、
創業のいきさつや動機が分かりにくいものですが、
必死に探すと資料があるのですね。
先般も、ある方が明治初期の資料が自宅から見つかり喜んでおられました。


16)
大切なのは創業の精神です。
何のために創業したのかを追求していくと、
不思議に経営理念が明確になってきます。


17)
創業時はお金もないし、人もいませんし、お客様もいません。
あるのは、成功したいという創業者の強い念いだけです。
その強い念いを我々は代々引き継いでいかなければならないのです。


18)
また、今回の宿題で「社是」と「社訓」の違いなども講義しましたが、
社訓は「ヤマト運輸」さんは素晴らしいものを創っています。
有名な「ヤマトは我なり」が第一番目に来ますが、
セールスドライバーの質の良さをもたらす社訓もあります。


19)
経営理念は、価値の体系化が為されていなければなりませんが、
ここらあたりの講義も幾度となく繰り返し行っています。
付加価値を生めない経営理念は単なる美辞麗句です。


20)
皆様方も、是非、生きた経営理念を創りましょう。
理念の浸透が必ず企業の発展を生み出しますし、
それが利益にもつながっています。


21)
経営理念は企業を進化させるものでなくてはなりません。
また、大義を内包していなければならず、
働く社員さんのモチベーションの源泉です。


22)
経営指南塾でも私が経営理念を担当します。
 1、経営理念
 2、マネジメント
 3、オンリーワン経営
 4、業績アップ
 5、人財育成

5回シリーズですが、
経営とは何かという具体的な指南をテーマに沿って行いますが、
やはり、経営理念が一番先にきます。

日本創造教育研究所も少しは社会的に認知されました。
森信三先生が言われるように、更なる努力で頑張っていきます。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2014年4月29日 20:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「衆知を集める経営のポイント(目的と手段)」です。

次のブログ記事は「カンボジア視察で経営能力の差が見えた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。