衆知を集める経営のポイント(目的と手段)

| コメント(0)

親愛なる皆様へ

●今日の教訓
「君なぁ、人間というもんは、人に会って人の話を聞いて、成長するものや。
 人を育て、人を生かすという事は、人の話を聞くことから始まるのやで。
 だから、人の話はよく聞くものや。
 僕の耳は、人の話を聞くたびに、だんだん大きくなったんや」と、

幸之助は大きな耳を動かせて見せました。

衆知を集める経営のポイントは
人の話を素直に聞くことから始まるのです。

         木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より

メールの返信が出来ておりません。
心よりお詫び申し上げます。お許しください。田舞徳太郎


1)
昨日は鹿児島での「理念と経営」経営者の会・南九州地区大会がありました。
今別府地区会長と栫(かこい)ブロック会長のコンビに、
熊本の森本ブロック会長や宮崎の岸本ブロック会長ほか、多くの方々が参加されていました。


2)
「理念と経営・社内勉強会」は、北九州地区会長の大島さんの、
発起人会での提案がなければ実現できていません。
大島地区会長にもご参加を頂き嬉しい大会でした。


3)
私の講義は、目的と手段を主にしたものです。
「理念と経営・社内勉強会」はあくまでも手段であり方法です。
常日頃から月刊『理念と経営』を読み、ディスカッションをし、
経営感覚を磨かなければなりません。


4)
「理念と経営・社内勉強会」の目的は、
 1、良い会社をつくること
 2、人財を育成すること
 3、業績を上げること
 4、働きやすい職場にすること
 5、報告・連絡・相談・確認をスムースにすることです。


5)
この目的と手段や方法が混同すると、混乱や行う理由が希薄になります。
あくまでも目的を第一義としなければなりません。
目的が明確であればマンネリも起きませんし、社員さんも学びます。

5)
南九州地区大会では、「理念と経営」経営者の会の支部長さんたち3人が、
分かりやすく事例を発表して下さいました。素晴らしかったです。
皆様方、鹿児島経営研究会所属の方であり、要領を得ていました。


6)
また、月刊『理念と経営』の社内勉強会は、
いいだクリニックの若い運動トレーナーの有嶋さんが発表して下さいました。
とにかく「凄い」発表で私も深く感動しました。


7)
有嶋さんに比較すれば、私の講義は中身のないものです。
とにかく「事実」の前には誰も勝てません。


8)
特に、最近のいいだクリニックは、
ファシリテーターの飯田さんはじめ急成長しています。
やはり、飯田さんの一念が強いからだと思います。


9)
最後にまとめが30分ありましたが、
情報活動の大切さを訴えました。
月刊『理念と経営』には、企業事例や「逆境!その時経営者は・・・」など、
経営情報が満載です。

 

10)
私は、これからの人財育成や企業経営には、
 1、インプット知力
 2、プロセス知力
 3、アウトプット知力が重要だと申し上げました。


11)
偏った情報で意思決定してもうまくいきません。
視野を広げ、視点を深めて情報をインプットすることが大事なのです。
月刊『理念と経営』を読むことで、経営情報の入力作業は大幅に高まります。


12)
情報の入力だけでは駄目です。プロセス知力が大事なのです。
情報を入力しながら、
 1、考える
 2、分析する
 3、仮説を立てる
 4、検証を試みる

こうしたプロセスが思考能力の幅と脳力を高めます。


13)
しかし、プロセスだけでも駄目です。
それを活かしていくには、アウトプットしていくことが大事です。
 1、発表する
 2、口に出して発言する
 3、自己主張する 
 4、意見を戦わせる(ディスカッション)

こうした段階を踏んで人間は学んでいくのです。


14)
結果的に働く幹部も社員さんも経営知識や知恵を持つようになり、
それが「大きな知恵」となり、一人ひとりの「衆知」になっていくのです。
考える力がないとか、情報を入力していなければ、
「衆知のレベル」が下がるのです。

 

15)
私は月刊『理念と経営』に、
社長力・管理力・現場力の三位一体論を連載していますが、
現場力という衆知がない会社は成長しません。


16)
地区大会の後には、日創研鹿児島経営研究会の20周年記念式典もありました。
日本創造教育研究所を創業して7年目に日創研経営研究会の構想をもったのです。
継続して学ぶシステムがなければ教育業は虚業です。


17)
鹿児島経営研究会の創業会長(初代会長)は今別府さんです。
13代目までが表彰状を頂いていましたが、
私も記念品や指輪や色々なものを頂戴しました。


18)
今別府さんの会社は最高売上で最高利益、そして最高の決算賞与です。
「Yes.イマベップ」で前向きに経営に取り組んでおられますが、
我々にとっても非常に嬉しいことです。


19)
公共事業一本から事業ドメインをつくりなおし、
民需に移行して「太陽光発電」に事業ドメインを広げられました。
世界中を回り研究され、猛烈に環境に関する勉強をされての今年の業績です。


20)
我々はやはり学び続けなければなりません。
継続は力ですが、力がなければ「継続」も難しいと、
今別府社長が昨日の挨拶で述べておられました。

 

21)
本当に有意義な一日でした。
「理念と経営」経営者の会の事例と効果を発表して下さった3人のメンバー。
いいだクリニックの有嶋さん・高田さんにもお礼を申し上げます。


22)
鹿児島経営研究会が作成した20周年のDVDに、
49歳の私も写っていました。
歳月は人を待ちませんが、与えられた天命を充分に全うしたく思います。

衆知を集めるポイント・・・・・・・
やはり、知恵を出せるような人財の育成が大事です。
そして、人が育つ環境が大切です。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2014年4月27日 19:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「時には現実から離れて未来を築こう (10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーが終わりました)」です。

次のブログ記事は「経営理念は企業を進化させるものでなくてはなりません」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。