時には現実から離れて未来を築こう (10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーが終わりました)

| コメント(0)

親愛なる皆様へ 

●今日の教訓
「事業は、無理したらアカン。
 また、人に借りをつくってはアカン。
 人様には貸しをつくりなさい。
 ギブ・アンド・テイクというが、
 僕は、これまでギブ・ギブ・ギブでやってきたよ。
 だから後悔しないですんだ」

経営の極意は、
「自然に従う」ことから始まるのです。
理に叶う念いをもってこそすべては成功します。

         木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より

 

メールの返信が出来ておりません。
心よりお詫び申し上げます。お許しください。田舞徳太郎

1)
一昨日で「10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナー」が無事修了し、
昨日が「理念と経営」経営者の会の南九州地区大会で鹿児島でした。
今年も内容の濃い10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーでした。


2)
最終日は朝から「ビジョン」を発表する日でしたが、
涙を流しながら発表する人もいて感動しました。
自分のビジョンに出合うことで人間は新しい自分を発見するのですね。


3)
今回は遠くはアメリカのボストンや、シンガポール、カンボジアから参加されていました。
ボストンのN社長は、田舞塾にも月に一度通っておられますが、
発想といい、発言といいビジョナリーです。規模の壮大さに感動しました。


4)
普通、発想は大きくても実行しませんが、
N社長はボストンで実際に成功しています。
私心がない人で、一緒に話をしていても私自身が壮大になってきます。


5)
カンボジアのA社長は、
3年前の10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーでヒントを得ました。
事業領域の広がりでは、恐らく10年以内に大化けしているでしょう。
モノを売るのではなくシステムを売るという構想です。


6)
その為の準備をされていますが、
中国にもオフィスを構えており、
海外戦略の成功ポイントをつかんだようです。
日本で10万円のコストが中国では5万円になり、
カンボジアでは1万2000円だそうです。
 

7)
私も5月の連休にはカンボジアに行きますが、
A社長の会社も見学してきます。
中国では、中国人の社員さんたちが13の徳目朝礼をしておられましたが、
カンボジアはどうなっているかも楽しみです。


8)
シンガポールのN社長は「100人の社長」を創るビジョンを持っています。
現在は国内に数人、中国にも社長を創っています。
起業家養成スクール6期生で創業経営者ですが、なかなか熱い社長です。
今回は4名の社長と参加されていました。


9)
TOMAグループの藤間先生も参加されていました。
月刊『理念と経営』の勉強会も色々な経営者の方々を交え、
既に500回を超えました。
4月号、5月号と、当分「日本の百年企業」の記事で
月刊『理念と経営』にご登場されます。


10)
ぜひ、月刊『理念と経営』の「日本の百年企業」を読んで頂ければ、
100年続く共通のポイントが見えてくるはずです。
やはり、企業の命題は「永続」です。

 

11)
27TTからも5名の方々がご参加でした。
高知のK社長のリーダーシップには驚きますが、
昨年の私の特別基礎コースを受けられてからズッと学ばれています。


12)
人間には自分の潜在能力が弾ける時があるのだと思います。
火がつくというか・・・、気づくというか、基礎コースは凄いパワーがあるのですね。
せっかくの能力を持ちながら、潜在能力に火がつくチャンスに恵まれない人もいます。


13)
大阪の特別基礎コースは5月26日から始まり、
名古屋の特別基礎コースは6月2日から始まります。
ぜひ、お知り合いの経営者の方々や後継者の潜在能力を弾けさせて下さい。
ご紹介をお待ち申し上げます。


14)
ビジョン経営沖縄セミナーに話しは戻りますが、
27TTのファシリテーターの方々も5人参加されていました。
幹部や上司の経営者をご案内してのビジョン経営沖縄セミナーですが、
後継者である後継者とご一緒の方々もおられ、実に素晴らしいと思いました。
やはり、ファシリテーターになるだけの学びをされています。


15)
世の中には愚かな親もいて、
息子が必死に将来のことを考えて学ぼうとしていると、
もっと現場にいろ!と反対するのです。
「田舞さんどうしたら良いでしょうか?」と、そんな相談も結構あります。


16)
決まって60歳過ぎの職人肌の親であり、
真面目に働くことを最大の価値としてお考えの方々なのでしょう。
しかし、右肩上がりの時には売上は上がりましたが、
今は勉強しないと置いて行かれます。

 

17)
起業家養成スクール生も14名の参加でした。
静岡の「たこ満」のH社長親子・ご夫妻も参加されておられ、
沖縄に2号店をお出しになります。
1号店は起業家養成スクール卒業のご子息が成功させ、
次は沖縄で水が一番きれいな古宇里島に出されます。


18)
名古屋の「玉越」さんの会長・社長・次期社長のご夫妻と親子も参加され、
T会長様も社長も熱心にメモを取っておられました。
T会長は業界では革新的な方で色々と前向きな提言をされています。
起業家養成スクールを卒業したご子息が今年40歳で、
この5月1日から社長に就任されます。


19)
福岡の「健康住宅」さんは親子と幹部の3人で参加されていました。
もちろん、ご子息は起業家養成スクール修了です。やはり継続が大事なのですね。
この健康住宅さんは、どんなに注文がきても、年間90棟しか建築しないのです。
だからほとんどクレームもなく、施主様側に立った丁寧な家づくりをしています。
建築は信用が一番大事ですから、今回の駆け込み需要も無関係です。


20)
物流の「北王流通」さんも親子での参加でした。
父親はファシリテーターをしながら大学を卒業し、
ご子息は昨年の起業家養成スクールを卒業しました。立派な親子です。


21)
また以前、月刊『理念と経営』の企業事例にご登場願った「ちむら」さんの会社は、
来年が創業150年です。ご子息は昨年の起業家養成スクール生ですが、
200年企業に挑戦する!と、経営方針発表で断言されていました。

 

22)
日本創造教育研究所を全く知らない新しい方々もおられましたが、
5年後500億企業にするというビジョンを掲げた人もいます(出来ますね)
また、1300人の社員さんを抱えているM社長さんは、もの静かですが、
心の中に秘めたものを持っておられます。


年に一度は、
現実から離れ、
現物を客観視し、
現場を離れて未来を見据えるべきです。

差し入れをして頂いたヤマサンの大秦さん、たこ満さん有難うございました。

昨日は「理念と経営」経営者の会南九州地区の講演でした。
なぜ、「理念と経営・社内勉強会」が必要なのか?そんなテーマで話します。
人財育成には不可欠な社風を良くする勉強会です。

講演後は、日創研鹿児島経営研究会主催で
今別府初代会長ほか鹿児島経営研究会の方々にご接待を受けました。
楽しいひとときに感謝申し上げます。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2014年4月27日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経営者の究極の仕事はビジョンを示すことだ! 」です。

次のブログ記事は「衆知を集める経営のポイント(目的と手段)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。