命を知らざれば、以て君子たること無きなり(社長の条件)』 

| コメント(0)

親愛なる皆様へ

●今日の教訓

事業の成功は、「人」を得ることにある。
人を得るには、それを強く要求することです。
「強く要求すれば、よい人たちが自然と集まってくるもの」。
これが幸之助の信念でした。
会社の経営姿勢に人は集まるのです。
だから、経営理念が何よりも大切なのです。

      木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より


メールの返信が出来ておりません。
心よりお詫び申し上げます。お許しください。田舞徳太郎


1)
社長塾の伊與田覚先生のお孫さんが、
先日の大阪基礎コースをご受講されました。
とても深い気づきで次の変革コースにもご参加されるようです。
(東京特別基礎コースも近づいてまいりました。私のモチベーションも上がります。)


2)
日頃、絶えず学ばせて頂いている伊與田覚先生のお孫さんですから、
少しはご恩返しができたかなと思っています。
いつも霊山歴史館に伊與田覚先生のお世話役で来て下さいます。


3)
さて、月刊『理念と経営』3月号の企業事例1は、
町工場にIT化の導入をされている「トネ製作所」さんです。
赤字で苦しむ中、IT化を促進されて危機を脱した話は我々にも大きなヒントになります。


4)
先般の田舞通信では株式会社ミヤザキの事例を上げ、
少量多品種生産(試作品)の話題を取り上げましたが、
このトネ製作所も同様です。社運を賭けて高額な機会を導入されるのです。


5)
ITによる省力化で顧客を拡大されています。
また、受注スピード対応もできるようになり成功されていますが、
こうした事例を、社員さんが読んで学び続けると、経営感覚は強化されますね。
是非、「理念と経営・社内勉強会」を開催してみてください。


6)
日本創造教育研究所では、トイレに雑誌「BIG tomorrow」の記事が貼ってあります。
今、美容業界でも話題の「トゥルースさん」の事例です。
「理念と経営・社内勉強会」を始める前は離職率も高く天野社長も悩んでおられました。


7)
また、技術中心で、前向きな気持ちで働く社員さんが少なく、
会社全体のことを考える社員がほとんどいなかったようです。
天野社長は自分のビジョンと社員さんの意識のギャップに悩む日々でした。


8)
ところが、月一回の「理念と経営・社内勉強会」を導入し始めた頃から、
社員さんの目が輝き始め、離職率も低下し、
前向きな発言がどんどん出るようになったのです。


9)
2007年からの導入ですが、
経常利益が5年で10倍になっています。
まさに「理念と経営・社内勉強会」の成功事例ですし、
現場に経営感覚を植え付けていった結果です。

 

10)
天野さんは今年も11日からの社長幹部塾に参加されます。
幹部を多数連れてのご参加です。幹部教育に徹底して取り組まれていますが、
この会社も「IPO(店頭公開)」を目標に業績を上げておられます。


11)
また、天野社長は若い頃は「ヤンチャ」でしたが、
現在は社長塾に継続参加されて、伊與田覚先生に学んでおられます。
「学びて時に之を習う」です。社長力を磨いておられるのです。


12)
一昨日は経営理念塾の最終講で東京でした。
不思議に業績の良い会社が参加されていましたが、
11日からの社長幹部塾もほとんどが業績の良い会社様です。


13)
中にはベアハグさんのように16人で参加される会社もあります。
ピーターパンさん、武蔵境自動車教習所さんなど、
飛躍的な伸びをされている会社様が参加されています。
学ぶ会社は更に学び、学ばない会社は更に学ばない・・・・法則ですね。


14)
ピーターパンさんも社長幹部塾は常連さんですが、
船橋駅の店舗は5坪で80万近く売れています。記録的店舗です。
今、新しいビジネスモデルを構築され、更なる増益企業を目指しておられます。

 

15)
さて、経済産業省に関連するメールが届きました。

「過日は、経済産業省の中小企業300社の表彰式でした。
 385万社ある中小企業の中から選んで頂けたことは素直に嬉しかったです。
 これも、日創研さんで学ばせて頂けたお蔭です。
 道頓堀ホテルの戦略が一気に開花したのは、3年前に業績アップ上級コースに
 幹部6名と一緒に参加してからです。日創研さんを続けて10年が経ちましたが、
 少しづついい会社に近づけて来ています。本当に感謝な思いでいっぱいです。」


16)
橋本さんのメールはさらに続きます。

「授賞式は、びわこホームの上田会長、武蔵境自動車教習所の高橋会長、高橋社長、
 酒商山田の山田社長、アイグランの重道社長等、
 日創研で続けて学ばれている方がたくさんおられました。
 道頓堀ホテルは、これらの素晴らしい会社と比べたらまだまだの会社です。
 続けて学び続けて社員さんが幸せと誇りを感じ、
 そして社会から必要とされる会社になれるように頑張ります。」


17)
こうしたメールは本当に嬉しいです。
心からお祝いを申し上げますし、こうしたメールで本当に救われます。
日創研も創業28年目を迎えますが、私もやはり深く悩むことが多くあるのです。


18)
特に、製造業や小売業や建設業などのように、
形ある物を販売しているわけでもなく、常にどうお役立ちしているかを悩むのです。
経営相談の時等、日創研は「会員企業様」に役だっていないのでは・・・・・と、
相談相手に自分の事のように悩みます。


19)
研修だと割り切れれば良いのですが、
それでは理念やビジョンや使命に反することになります。
やはり、何が何でも「会員企業様100%黒字」にしていきたく思います。


20)
さて、27TTのファシリテーターの組織が出来ました。
今年から櫻井さんが総リーダーとして活躍されますが、
4月9日が楽しみです。
TT(企業内教育インストラクター養成コース)参加で悩んでいる方、
日本創造教育研究所の真骨頂の教育カリキュラムです。ご参加ください。


21)
3月31日からの社長塾も相変わらずリピート率が高いです。
人生の師たる伊與田覚先生のお姿に、一年間ふれる良い機会です。

伊與田覚先生のお好きなお言葉
「孔子曰く、命を知らざれば、以て君子たること無きなり。
 禮を知らざれば、以て立つこと無きなり。
 言を知らざれば、以て人を知ること無きなり。」

22)
1か月があっという間に過ぎます。
社長幹部塾、
社長塾、
27TT、
10年後を考える沖縄経営ビジョンセミナー【4月21日からです】

とにかく中小企業の活性化に向けて頑張るしかありません。
天命を知らなければ社長じゃないよ・・・・・伊與田覚先生から言われているようです。


田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2014年3月 9日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分のレベルを上げると色々な機会や危険が見えてくる」です。

次のブログ記事は「採用と人財育成と業績向上(事例・寺下機型製作所)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。