皆さん、経営指南塾・発想塾にきなはれ(気持ち晴れ晴れ)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

 

●今日の教訓
「事業の成功は、「人」を得ることにある。
 人を得るには、それを強く要求することです。
 「強く要求すれば、よい人たちが自然と集まってくるもの」。
 これが幸之助の信念でした。
 会社の経営姿勢に人は集まるのです。
 だから、経営理念が何より大事なのです。

     木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より

 

メールの返信が出来ずにいます。
心よりお詫びを申し上げます。お許しください。
田舞徳太郎


1)
経営理念と戦略ワンポイントセミナー(二日間)が終わり、
一昨日は東京・経営指南塾でした。
昨日は東京・実践後継者育成セミナーが終わり久しぶりに大阪です。


2)
昔はセミナーが終わりホテルに帰るとホッとしていました。
最近はご受講生の方々ともっと一緒にいたいと思うようになりました。
原稿もあり追われていますが、
昨夜は実践後継者育成セミナーのアドバイザーと食事をしました。


3)
実践後継者育成セミナーには、
実際に後継者で社長になった方々がアドバイザーをして下さり、
その上に各自が講演までして下さいます。



4)
昨日の講演は武蔵境自動車教習所の高橋明希社長でした。
業績も順調で、香川に好意的に他の教習所をM&Aされました。
そこも急激に教習生が増えて黒字転換です。


5)
不況業種の一つに数えられる業種ですが、
立派に増収増益をされている姿は感動です。
社長業、母親業、そして大学院に通われ学ばれています。


6)
講演内容は久しぶりに起業家養成スクールのことに触れられました。
当時の仲間は優れ者がたくさんいますが、
学んだことが花と咲き実になった喜びの話でした。


7)
Kさんという受講生が参加していますが、
やはり、子育てしながら後継するということで、
講演を聞きながら涙を流されていました。

やはり、真剣に学んだり経営している人の話は感動を与えるのですね。

 

8)
一昨日の経営指南塾も良かったです。
ご受講生に質問というご支援を頂き、
助けられての研修ですが、5つのテーマに絞っています。


9)
1、経営理念
2、マネジメント
3、増益経営
4、オンリーワン経営
5、人財育成


10)
最初はテーマごとにきっちりと講演をして問題提起をして、
次にディスカッションをして頂き、次に経営指南です。
経営指南に3時間も取ります。


11)
とにかく、問題意識の強い方々の参加ですから、
我々5人の講師陣にも力が入ります。
実に色々な視点から質問がきますから油断できません。
多分、私ひとりでは出来ないプログラムです。


12)
次は大阪で行いますが、
ある経営者の方には、

「田舞さん、この研修は最高に良いです。幹部を連れてきた甲斐があります!」

褒められると素直に嬉しくなりました。

 

13)
経営指南塾の特徴は、
毎回講師が変わり講義が変わり、
経営に必須の実務を幅広く学びます。


14)
我々五人の講師も競争意識を燃やして行いますから、
お互いが勉強になり刺激のしあいにモティベーションが上がります。
それぞれ専門的に学んでいますから、私よりはるかに立派です。


15)
一昨日は杵渕講師の人材育成で、
個人知で止まっていてはいけない・・・組織知が大事です!と、
形式知と暗黙知の講義があり、私も深く学びました。


16)
杵渕講師の事例企業は、
26TTのファシリテーターをされている健康住宅さんでした。
研修派遣が一覧表になっていましたが、凄い派遣をして下さった事に、
あらためて畑中社長に感謝しました。


17)
経営指南塾の特徴は、
経営知識を幅広く学ぶだけではなく、
自社の最重要課題と対策を明らかにすることです。


18)
他の方々に対する経営指南が、
聞いているうちに自社の問題と結びつくのですね。
他の方々も熱心にメモを取り、うなづきながら参考にされています。


19)
成功発想塾(片方先生)でも早速メールが届きました。
●メール
「田舞さん、無理して参加して良かったです。
 いかに自分が考えているようで考えていないか。
 片方先生の話をお聞きするうちに恥ずかしくなりました。
 よく発想の転換をしろと部下に言っていましたが、
 自分の発想の貧困さを教えられ、田舞さんにお礼を言います。
 正直、田舞さんのすすめで義理で行きましたが、
 猛烈に経営に対する意気込みが湧いてきています。
 今後、田舞さんの勧める研修は必ず参加します。感激です!K社長」

 

20)
日本創造教育研究所は実に45以上の研修があります。
長期的でケース・メソッド授業を行う田舞塾から、
一日で終わる教育カリキュラムまで、階層別、体系別に出来ています。


21)
どれが一番良いかと問われると答えられませんが、
あえて答えるとしたらそれぞれが特徴があり、実務的です。
とくに、可能思考教育はSA/SCは研修会場で行いますが、
PSVコースは自社の中で実践します。


22)
やはり、やる気、やり方、やる場が大事ですが、
今日の武蔵境自動車教習所様の朝礼は13の徳目も入れて工夫されて楽しそうです。
どうぞ、やる気の次はやり方です。
そして、やり方を学び終えたらやる場を与えてあげて下さい。

理念と経営・社内勉強会は最高のやる場づくりです。
そして、良いことをしたら褒めてあげ、叱るべきところは叱るべきです。

そして、後継者は早めに学ばせることです。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2013年8月11日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「親切で優しい人が成功している(Y社長からのお電話)」です。

次のブログ記事は「準備8割仕上げが2割です(中小企業の心構え)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。