事業継承と中小企業(後継者と経営指南)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

 

●今日の教訓
「何のために経営するのかと問われれば、それは経営理念を実現することだ」
と幸之助は言っていました。

「儲けることは大事や。それを忘れてはいかん。
 しかし儲けが先に来ると、経営はうまくいかないようになっている」

つまり、指導者が志を立てて、
理念の実現に向かう過程でその結果として利益が上がるものです。
経営理念の確立が最も大事です。

         木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より

 

メールの返信が出来ずにいます。
心よりお詫びを申し上げます。お許しください。
田舞徳太郎


1)
実践後継者育成セミナーの第一講が無事に修了しました。
アドバイザーの皆様方が素晴らしく、
今回も能勢鋼材のN社長に記念講演を頂きました。
(素晴らしい講演でした)


2)
若さというのは素晴らしいものです。
どんな困難も乗り越える可能性があり、
苦労の中に夢と希望があります。


3)
私も若い時には真剣に悩みました。
特に人財育成の問題ではたくさんの挫折を味わいました。
しかし、かたわら希望があり、会社を成長させたいという夢がありました。


4)
特に、人財の問題さえ解決すれば大きな可能性があっただけに、
若さがその可能性に挑戦させたのだと思います。
不安や心配はありましたが、怖さはなくがむしゃらでした。
日創研も若さだけでチャレンジしたような気がします。


5)
今回のご受講生にも同じものを感じます。
多少の個人差はありますが、学ぼうという意欲が強く感じられます。
親には黙って参加しているという熱意のある方もいますが、
やはり、親子で話し合いながら「後継」は進めていかなければなりません。

 

6)
昨日の経営指南塾も質問がたくさん出ました。
今回は松原君が業績アップ6か月研修などで主張している、
「増益経営」がテーマでした。
とても理解しやすく、事例は私も勉強になりました。


7)
例えば、今回の実践後継者育成セミナーには、
武蔵境自動車教習所のT社長もアドバイザーとして参加下さっていますが、
サービスで付加価値をつくり、断トツの業績を上げておられます。


8)
中小企業は経営資源が限られているだけに、
誰にも真似の出来ない製品とか、技術とか、サービスの提供が大事です。
松原君の講義は、経営理念やマネジメントと繋げての内容ですから、
特に理解しやすいものでした。


9)
色々な視点での質問も多くありました。
具体的に答えて経営指南していくのもこの研修の特徴ですし、
何よりも他の方々の質問や指南から多くのヒントが得られると思います。
ヒントを有効活用して企業を増益に結びつけていくことが出来ます。


10)
日本創造教育研究所は中小企業の活性化を使命と目的にしていますが、
それだけに、色々な角度の教育カリキュラムが揃っています。
特に中小企業が対象ですから、分かりやすいことも特徴のひとつです。


11)
「コア・コンピタンス経営」を学ぶ業績アップ上級コースや
「マネジメント養成6か月コース」や「実践ビジネススクール」など、
難しい経営理論を分かり易く教育カリキュラム化しています。
7月から松原君の業績アップ上級コースが大阪で始まりますが、
いつも「経営の本質」がようやく分かったと言ってもらえます。


12)
また、檜山君のマネジメント養成6か月コースは、
PDCAサイクルの効果的な回し方を実務を通して学びますから、
経営のやり方が具体的に分かったと言ってもらえます。


13)
可能思考研修はモチベーションを上げることはもちろん、
業績向上やチームワークなど、どんな会社にしたいのかを明確にします。
時代も変わりましたが、日創研の中核的な研修です。


14)
私は27年間色々な教育カリキュラムを作ってきましたが、
階層別、体系別を意識して組み立ててきました。
ケース・メソッド授業から古典の勉強まで、実に30いくつもの研修があります。

 

15)
さて、過日は京都の霊山歴史館で社長塾も行われました。
テーマは、学而篇の冒頭に出てくる有名な言葉です。

学びて時に之を習う (まなびてときにこれをならう)
亦説ばしからずや  (またよろこばしからずや)
朋遠方よりきたる有り(ともえんぽうよりきたるあり)
亦楽しからずや   (またたのしからずや)
人知らずしてうらみず(ひとしらずしてうらみず)
亦君子ならずや   (またくんしならずや)


16)
立派な人の教えを事あるごとに学び続けるというのは最高のよろこびです。
とくに我々社長塾に参加している人達にとって、
98歳の伊與田覚先生は最高の教えの師です。
伊與田覚先生の立ち居振る舞いや声のトーンだけでも学べるのです。


17)
また、志を同じくする人々が、北海道から九州まで、
わずか6時間のために遠方から駆けつけて下さいます。
まさに楽しからずやですね。京都のひとときは私にとって至福の時です。


18)
経営問答塾の木野親之先生も86歳でお元気です。
真に松下幸之助翁を語れる人達が少なくなった現在、
松下経営哲学を学ぶには最適の人です。
王道の経営、人に光を当てる経営は松下経営哲学の真髄です。

 

19)
さて、日経平均株価が乱高下していますが、
当分この状況は続くでしょうね。
アベノミクスだけではなく、アメリカの景気動向が大きく影響を与えています。


20)
安倍総理も参議院選を前に色々とご苦労でしょうが、
医薬品のインターネット販売が規制緩和されることにはあまり賛成できません。
商店街の小売り業者の首を絞めますし、
ドラッグストアが十分役割を果たしていると思うからです。


21)
政府の産業競争力会議で、医薬品のインターネット販売を巡って議論が紛糾し、
「これが通らないのなら、私が産業競争力会議にいる意味はありません」と
楽天の三木谷社長が辞意を漏らしたと伝わっています。


22)
全国の商店街が廃れた理由は、商店街の方々が学ばなかったことも一因ですが、
しかし、ほとんどの街でシャッターが下りている姿は気分がすぐれません。
すぐに医薬品のインターネット販売が解禁されるとは限りませんが、
商店街の活気を取り戻さなくてはいけないと思います。

誰もが、一寸油断してしまうと、
時代の変化ですたれてしまいます。

1に勉強、2に勉強、3に実践4に実力、5に成果だとつくづく思います。

昨日の経営指南塾の質疑応答はお互いに迫力がありました。
今日は大阪の社長幹部塾です。更に頑張ります。

田舞徳太郎

 

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2013年6月12日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『一途に生きる(仕事を見直し、生活を見直し、自分を見直そう)』 」です。

次のブログ記事は「本業を離れるな、本業を続けるな(中小企業の黒字は16.7%です) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。