『一途に生きる(仕事を見直し、生活を見直し、自分を見直そう)』 

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

●今日の教訓
幸之助は、
「本当に偉い人とは、部下が自分より偉く見える人だと思う」と言いました。
そして、「部下を尊敬出来る人は、もっと偉い人やで、木野君、覚えておきや」と。
その時、初めて人が人を信用し、人に生まれ来た喜びを実感するものです。
美しき人間の心の絆は永遠に光る、と幸之助は、王道の経営を教えてくれました。

         木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より

 

メールの返信が出来ずにいます。
心よりお詫びを申し上げます。お許しください。
田舞徳太郎


1)
一昨日は北海道の帯広で「理念と経営」経営者の会の地区大会が開催されました。
北海道の皆様方に心からお礼を申し上げますと共に、
I地区会長に感謝申し上げます。


2)
過日は新潟の越佐地区で地区大会が行われ、
新潟のM地区会長には斬新な企画を実施して頂きました。
「理念と経営・社内勉強会」のデモンストレーションです。


3)
盛会に終わりましたが、
M地区会長や越佐地区の皆さまにお礼を申し上げます。
非常に前向きで、参加者も感動されていたようです。


4)
また、奈良では近畿地区の大会も行われました。
S地区会長や近畿地区の皆さまにもお礼を申し上げます。
「理念と経営・社内勉強会」の事例発表もあり、盛大だったということです。


5)
昨日から東京に来ています。
田舞塾の教育ケースの設問をつくり、
どのようにケース・メソッド授業を行うか楽しみにしています。

 

6)
今日は実践後継者育成セミナーです。
経営者は「後継者は自分の息子」と昔は思っていました、
最近は自分の長男や次男を後継者に選ぶことを迷う経営者が多いです。


7)
やはり、経営者の後ろ姿を息子たちは見ていますから、
そのような意味では肌感覚で経営感覚を磨いています。
田舞塾でも色々なケースがありますが、
結構、社員さんの中から後継者を選ぶ人が増えています。


8)
一つの理由は、息子には苦労させたくないと親が思っているからです。
あるいは、自分の経営に強い執着心が弱まったせいとも思います。
もっと親は「アニマル・スピリット(血気)」をもって、
自分の経営に取り組むべきです。


9)
親が子供たちにあまり期待しない分、
息子たちも明確な目標をもたず勉強をしません。
後継者不足で廃業も増えていますが、やはり、経営者の責任です。


10)
私は「音羽」は長男に継承すべく既に副社長にし、
10数年前に起業家養成スクールにも参加させました。
日本創造教育研究所は特殊な事業ですから子どもには継がせませんが、
再度、経営者はもっと「血気盛ん」であるべきと思います。


11)
実践後継者育成セミナーのアドバイザーは全員が後継社長ですが、
全員が大成功しています。
親もしっかりしていますが、二代目三代目も血気盛んですし勉強熱心です。

 

12)
やはり、親が模範を見せ、
後継者意識を明確に持たせることが大事です。
そして、その為の体験や勉強を積ませることです。


13)
子どもが継承しないというのは、
ある面、親の認識不足と子どもへの甘えです。
経営は厳しいのですから、親子でそれを克服すべきです。


14)
昨年、後継者育成6か月セミナーに参加して、
今年起業家養成スクールに来て学んでいる人達は、
とにかく無茶苦茶勉強しています。

社長・・・・しっかり息子を育てましょうね!(渇)


15)
明日は経営指南塾です。
経営を総合的に学ぶには非常に役立ちます。
経営理念、マネジメント、差別化戦略、増益手法、人財育成と、
五項目に分けて学びます。


16)
最初は親子でお見えだったK社長様は、
第二講目から幹部を5人増やされての参加です。
特に経営指南がありますから、幹部と参加するととても多くを学べます。


17)
今回の経営指南塾の参加者は質問も多く、参加目的が明確です。
やはり、実務に応じて経営理念を学び、
実務に応じてマネジメントを身につけるべきです。

 

18)
東京の研修が終わると、
26TT(企業内教育インストラクター養成コース)の、
TAプレゼンテーションです。
日本創造教育研究所で学ぶ人は本当に皆さん熱心ですね。


19)
我々は初心を忘れてはいけないと思います。。
 1、仕事を見直し、
 2、生活を見直し、
 3、自分を見直し、
 4、家庭を見直し
絶えずリセットしていかなければなりません。


20)
初心力というのが経営者には一番大事だと思いますが、
やはり、成功している企業は原点を忘れてはいません。
 1、人生の原点
 2、経営の原点
最近は私も原点に返ることをいつも自分に言い聞かせています。


21)
原点さえ忘れなければ、道に逸れることはありませんし、
道に迷うことはありません。
人間はぶれやすいだけに、お互いに原点を大事にし、
再度、経営を見直していきましょう。


22)
年を重ねるごとにスケジュールがハードになります。
昔は若さに任せて力で研修を行っていましたが、
今は体力が許しません。

過日の大阪の特別SAコースでは大変お世話になりましたが、
ご受講生を思い出すたびに興奮が蘇ります。
一途に生きる・・・・そんな生き方がしたいものです。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2013年6月10日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経営が上手くいくコツ(磨けば光る)」です。

次のブログ記事は「事業継承と中小企業(後継者と経営指南)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。