価値の高い会社をつくろう(鳴かず飛ばずでは駄目です)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

●今日の教訓
 幸之助は働きたいという強い望みを持っていました。
 丁稚時代から働くことに意味を見出し、
 人生の喜びは働くことの中にあると体で感じていたのです。
 人の役に立つ働きの中に、
 人が人であることの美しさを発見したのです。
 幸之助は、94歳まで喜んで働き続けました。
 働く意味は考えるものではなく体得していくものです。

     木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より


メールの返信が出来ずにいます。
心よりお詫びを申し上げます。お許しください。
田舞徳太郎


1)
福岡特別基礎コースが無事修了しました。
まさに札幌から沖縄まで全国からご参加頂きました。
ご派遣・ご紹介頂きました皆さまやご受講生の方々に感謝です。


2)
最近の基礎コースのご参加者は、「理念と経営・社内勉強会」をされている方が多く、
理解度が非常に深いです。有頂天になることもなく、
着実に学んでおられるという印象です。


3)
可能思考教育は「価値」に焦点を当てていますが、
自分の価値を明確に自覚している人はそのような生き方をします。


4)
経営も同じで、社長が自分の価値に気づいていると、
間違いなく、「価値の高い会社」づくりにチャレンジしていきます。


5)
たとえば、今回は熊本のアイキャッチさんからも複数の方が参加されましたが、
この会社のY社長はまだ30数歳の青年です。
印刷会社を経営されていますが、不況業種にあって好業績で。


6)
創業者のお父さんはもちろんご立派ですし素晴らしい会社を創られました。
しかし、創業者が立派でも、後継者で失敗することが多くあります。


7)
修了式に現社長もお見えになっていましたが、
数年前の起業家養成スクール受講当時と違いご立派になっておられました。
凄く嬉しいことです。
(創業者とは違うビジネスモデルを模索し、それが好業績につながっています)


8)
私の体験談も基礎コースでお話しさせて頂きます。
父親の借金の形でお鮨屋さんで働きましたが、
悶々としながら「もっと価値ある人生が送りたい!」と思っていました。


9)
若い当時からすると、今は夢のような人生を与えられていますが、
やはり、「価値ある生き方」をする為には自分の価値を高めなければなりません。
色々と努力し悩みながらでも学び続けていると、
人生は想いのほか好転するものです。


10)
想いは現実化すると言いますが、
 1、どんな人間になりたいか?
 2、どんな人生を送りたいか?
 3、どんな会社にしたいか?
すべては想わなければ実現できません。
すべては想いからはじまるのだと思います。


11)
アイ・ケイ・ケイさんからもご派遣いただきましたが、金子社長の強い想いがあって、
ジャスダック上場から東証一部上場に短期間で実現したのです。
とくに、第二回目の株式分割をされました。
私もアイ・ケイ・ケイさんの株を持っていますが、
簡単にいうと分割とは株が倍になったということです。


12)
二回目の分割ですから、私の株は4倍になったということです。
金子社長の講演をお聞きされた方々は、
アイ・ケイ・ケイの将来のビジョンを知っておられるでしょう。
「高品質のサービス」をキーワードに広く事業展開をされると思います。
アイ・ケイ・ケイの株は間違いなく「買い」です。


13)
自分の価値に気づいている人は謙虚です。
しかし、自分の価値に気づいていない人は、
 1、向上心がない
 2、傲慢
 3、気づきが浅い
 4、ビジョンがない
 5、学ぶ意識が弱い

このような特徴を持ちます。


14)
その方々も多く参加されるわけですから、基礎コースは特別に緊張します。
今回もなかなか寝付けず、眠りも浅く、早くに目覚めます。
何回やっても、初心に引き戻されるような気持ちで緊張しますが、
今回もご支援者の方々やご受講生に私が学ばせて頂きました。


15)
自分の価値に気づき、自分の価値を更に高めようとされる人は、
明確な人生のビジョンや、仕事のビジョンを持っています。
4月22日から10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーを行いますが、
沖縄の海を見ながら、贅を尽くした研修会場での学びは最高です。


16)
忙しい、忙しいといって現実に追いかけられている人が多くいますが、
年に一度は、現実から離れ、思い切って自分の夢を探ることが大事です。
経営者は現実は大事ですが、「自社の価値を高める」には、ビジョンはもっと大事です。


17)
さて、昨日は福岡から帰り、
途中で26TTコースのファシリテーター会議に参加しました。
いよいよ本日から26TTが始まりましたが、新しいご縁が再びできます。


18)
福岡の基礎コースの時も、IさんやTさんがアシスタントをして下さいました。
また、懐かしいTTご卒業の方々が多くお見えになられました。
TTコースは数千名の方々が卒業されていますが、
TTコース卒業後にどんどん「価値の高い」企業を作っておられます。


19)
よく「忙しい忙しい」と言っては現実に追われ、
努力をする割には「鳴かず飛ばず」の経営者がいますが、
木野親之先生が言われるように、時間に追われて、忙しい忙しいと言っていると、
生産的な前向きの気持ちまで、滅びてしまうのですね。
ビジョンを持つことの大切な所以です。


20)
今日からが楽しみですが、
私の基礎コースを受けられたA社長も参加します。
30歳の創業経営者ですが、なかなかの人物です。


21)
日創研は中小企業の活性化を使命としていますが、
一人でも多くの経営者や幹部の方々に可能思考研修を受けていただき、
「価値の高い」企業づくりを目指して欲しいと思います。


22)
一社でも「価値の高い企業づくり」に貢献することは、
この日本の国に貢献することです。
私も大志を抱いて、さらにビジョンに向かって頑張ります。

田舞徳太郎

 

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2013年4月 9日 20:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「逆境に挑む者は美しい(シリコンバレーで戦う青年経営者)』 」です。

次のブログ記事は「社内の情報伝達をスムーズにし、社員の喜びを創り上げている(株式会社アンさんの事例)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。