今年は人を育成する年です(感謝申し上げます)

| コメント(0)

親愛なる皆様

お元気ですか。

 

●今日の教訓

「すべての事柄を正面切って受けて立つ。

 そんな気概を幸之助にいつも感じていました。

 どんな逆境にも敢然と立ち向かう生き方が、幸之助自身の命を強くしていったのです。

 正面から挑むという、指導者の一念が事業を成功へと導いていったのです。

 心が燃えずにうろたえていては、偉大な事の成就は絶対に不可能なのです。」

        木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より

 

メールの返信が出来ずにいます。

心よりお詫びを申し上げます。お許しください。

田舞徳太郎

 

1)

3月4日より東京の特別基礎コースを行い、昨夜無事に修了しました。やはり、基礎コースは何度行っても、緊張して眠りが浅いです。20数年やっていると言いながら、毎日初演の気持ちでした。

 

2)

特に基礎コースはほとんどの方々が日創研が初めてであり、研修会場の雰囲気やご受講生の状況に合わせなければいけません。

 

3)

「田舞さん今回は頑張り過ぎです。もう少しエネルギー落とした方がいいです」パートナーの杵渕講師にアドバイスをもらい、初日の途中からトーンを落として研修をしました。

 

4)

やはり、私は基礎コース大好き人間ですからやる気満々でしたが、過ぎたるは及ばざるが如しです。でも、ご受講生は皆さま素晴らしい方々ばかりで、私が感動をもらいました。

 

5)

今回はアシスタントにO社長が参加下さいました。東日本大震災で売上が急減して経営危機におちいり、資金繰りに苦しんでいました。

 

 

6)しかし、可能思考能力の強い人は粘りがあるし幸運に恵まれます。一年間苦しみますが、新規のお客様に巡り合い苦境から脱出するのです。

 

7)

事前ミーティングで嬉しさのあまりO社長に声をかけると、涙を拭きながらOは私の事前講義を聞いて下さいました。よくぞ復活したと私も感動しましたが、当時は私も少し諦めていたことを反省します。

 

8)

O社長は業績も好調で色々な職能教育を受けておられますが、やはり、必死に頑張れば奇跡が起きるのですね。最高に嬉しかったです。

 

9)

今回は杵渕講師と二人で行いましたが、交替で講議するのも楽しいものです、彼も随分成長し凄い講師になってきました。(私も負けそうです)

 

10)

やはり、日創研は人財を育成する会社であり、一人ひとりが成長することは嬉しいことです。正直、私は社員さんやスタッフに恵まれていると思いました。(私ももっと感謝力を向上させます)

 

11)

さて、人間は色々な欲求を持っています。とくに成長欲求はとても強いです。

 

12)

やはり、人生は一度だけですから、人生の終焉を迎えた時後悔したくないのですね。皆が一所懸命に生きています。

 

13)

とくに「人徳」を積んで立派な人格者になり、周囲から認めてもらいたいという欲求もあります。

 

14)

この承認の欲求も強く、満たされなければモティベーションはすぐに下がります。可能思考研修はたっぷり承認しますから、その分、今回も爽やかな表情でご受講生も修了しました。

 

15)

しかし、承認を拒否したり、成長を拒んだりする人もいますが、最近の日本創造教育研究所のご受講生にはそのような人はいません。

 

16)

やはり、可能思考研修に参加する人たちが、月刊『理念と経営』で鍛えられています。結果的に経営感覚を磨き、前向きで肯定的になっています。

 

17)

今回も何の問題もなく、非常にスムーズな特別基礎コースでした。

ご派遣下さった方々、ご紹介下さった方々に感謝します。

 

18)

本当に日本創造教育研究所の成長は、皆様方の応援のお陰だとつくづく感じた三日間でした。とくにB社のI社長には心より感謝します。

 

19)

今回は受講生を18名もご派遣下さり、アシスタントも6名をご派遣下さいました。B社さんは13年前はわずか6名の企業でしたが、現在は500名を超え、増収増益を果たしています。

 

20)

派遣社員さんは全員が新入社員さんでしたが、皆さま前向きで肯定的です。

やはり、社長がしっかり学ぶ会社は成長し、人財も育つのですね。

 

21)

安倍政権になって経済的にも明るくなってきました。決算の報告がどんどん流れてきていますが、増収増益の会社が多いのも日創研の会員企業様の特徴です。

 

22)

どうぞ、今年を人財育成年とし、社長は社長自らを成長させて下さい。そして、京都の社長塾で私の尊敬する伊與田覚先生から学んで下さい。

幹部はマネジメントや経営指南塾で経営の何たるかを学んで下さい。

そして、社員さんは可能思考能力を磨くためにも基礎コースを受けて下さい。

 

社長力・管理力・現場力の三位一体の時代です。

 

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2013年3月 7日 20:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なりたい状態をイメージして仕事に取り組もう」です。

次のブログ記事は「偶然のなりゆきで偉大な結果が生まれたためしはありません。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。