一以(いつもっ)て之(これ)を貫(つらぬ)く(指導者の一念を磨こう)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

今日の教訓
世の中、成功するか失敗するか。
そのわかれ目が、指導者の一念です。
すべてが指導者の一念から始まるのです。
大切なのは、魂と魂の触れ合いです。
指導者は、心に理想の火を点さねば、何事も成就しないのです。
「人が時代を開き、時代が人を育てる。だから、指導者の一念で
一切が変わるのだ」と教えられました。

            木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より


1)
先日は京都・霊山(りょうぜん)歴史館で、社長塾の最終講でした。
伊與田覺先生の言葉が我々の魂を揺さぶりました。


2)
まさに、98年間生きて来られたその証としてのご講義で、
「吾が道は一以て之を貫く」の言葉に尽きると思います。


3)
今回で9年目を終え、通算108講目の3時間の講義です。
一回だけご病気でお休みされ代理で私が行いましたが、
伊與田覺先生の強靭な精神力と肉体力は我々の目標であり希望です。


4)
やはり、明確な「仁義礼智信」を人生の基軸にもつということは、
我々が考える以上にとても大事なことです。人生が良い方向に変わります。


5)
早速3月26日から第10期が始まりますが、
第9期で学ばれた22名の皆さまは、ほとんどが第10期にも参加されます。


6)
伊與田覺先生はこの第9期の直前に奥さまを亡くされましたが、
一瞬のひるみもなく、「生老病死」の4苦の代わりに異なる説を唱えています。

 

7)
つまり、苦の代わりに楽を唱え、生楽、老楽、病楽、死楽と達観されておられます。
ご自宅が近くですので時折お話を聴きに行きますが、自説を実践しておみえです。


8)
やはり、歴代首相の指南役をされた「安岡正篤先生」の愛弟子の真髄です。
クヨクヨしても物事は片付かない・・・非常に楽観主義です。


9)
社長塾は、古典を軸に伊與田覺先生の生き方や体験談から学ぶものですが、
私も隋分人間的な幅が出来たように思います。


10)
判断の基軸が生じるという点では「経営理念塾」に似ています。
社是や社訓や行動規範を作る時等は、非常に参考になります。


11)
私は2月25日から経営理念塾を大阪で行いますが、
使命感とか、天命とか、自分の会社のあるべき姿が明確になります。


12)
今回は最終講でしたので、ディスカッションを各グループで行いました。
その後お一人づつ感想を述べる時間をお取りしましたが、皆さん凄い発表でした。

 

13)
やはり、伊與田覺先生の言葉が無意識のうちに沁みこんでいる事と、
先生の立ち居振る舞いや、お言葉や、声のトーンに影響を受けているのですね。


14)
私は人生の師に恵まれています。小学校や中学校の恩師をはじめ、
道元禅の田里亦無先生や、伝記作家の小島直記先生や、
サントリーの故・佐治会長や、青年会議所での師との巡り合いです。


15)
私は日本創造教育研究所の代表をしていますが、そんな人物ではありません。
やはり、人生の師のご指導と、皆様方の応援のお陰です(感謝します)


16)
全く日創研を知らずにネットから参加された方もいますが、
10期にも参加されるとのことで嬉しく思いました。


17)
17時に終了し、リーガロイヤルホテル京都で懇談会を行いました。
ここでもお一人おひとりが感想を述べられ、「一以て之を貫く」意欲を
痛感しました。


18)
人生は本当に不思議なご縁とご恩で決まるものと思います。
私は実力以上の人生を送っていますから、絶えず慎みを持つことが求められます。

 

19)
まさに、「君子は其の言(ことば)の其の行(おこない)に過ぐるを恥ず」です。
もっと自分を磨き、指導者の一念を高め、一以て之を貫く精神を強める決意です。


20)
また、「己に克(か)ちて礼に復(かえ)るを仁(じん)と為す」の言葉通り、
己に克つことは難しいですが、更なる克己心を持つことも大切です。


21)
一度しかない人生です。是非、お互いに「志」を高め、「経営理念」を深めましょう。
「ビジョン」を持ち、未来を価値あるものとして想い描いていきましょう。


22)
人生の思い出がもうひとつ増えました。
そして、最高に嬉しいのは、この一年間の社長塾参加者で、
東証一部上場が一社、東証二部上場が一社、ジャスダック上場が一社出たことです。

乾杯の音頭は東証二部上場の阿波製紙のM社長にして頂きました。

先義後利は単なる観念論ではありません。
社長塾の人たちはしっかり業績を上げています。


田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2013年2月19日 10:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もうだめだと思うな、なければつくれ(それが可能思考能力です)」です。

次のブログ記事は「精神的な強さを持とう・逃げたらアカン(努力と根性)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。