社員さんの笑顔と教育(ピーターパンの事例)

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。

今日の教訓
悲観した暗い絵を描けば、
その通りの方向に現実も動いて行く。
自分も不可能だと思えば必ず不可能になる。
もうだめだと思ったら、必ずだめになる。
だから、そんな悲観的なイメージは心から消し去らねばならない。
「『私は勝つ』。そう決めた人が勝つんや。人間は思った通りになる」
幸之助にいつも諭されました。

            木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より

 

1)
人間は信用信頼が第一です。
信用している人の話は聞きますが、
信用信頼のない人の話はどんなに立派な言葉でも聞きません。


2)
今回の20期起業家養成スクールは定員になりましたが、
株式会社芝寿しの梶谷社長、
株式会社クース・コーポレーションの島ノ江社長、
株式会社サンライト小西の小西専務(25TT)からのご紹介や、
この方々の生きざまを見て起業家養成スクールに参加された方が
いらっしゃいます。


3)
つまり、今回の起業家養成スクールの3名の方は、
日本創造教育研究所を全く知らない方で、
ご紹介下さった方の人間性を信頼してご参加下さったわけです。
梶谷さん、島ノ江さん、小西さんに、心より感謝を申し上げます。


4)
さて、テレビ東京系列のWBS(ワールドビジネスサテライト)に、
月刊『理念と経営』にもご登場頂いた
千葉のピーターパンさんが取り上げられました。


5)
横手社長の真剣な表情に心打たれ、
幹部や社員さんの色々な光景に感動しました。
テレビを見て、すぐに横手さんにお電話しました。


6)
横手さんからのメールです。
「田舞さん昨晩は深夜にもかかわらず、
早々にお電話頂きありがとうございます。
繁盛店の裏側というテーマで、
商品、サービスは何処でもやっているということで目新しいものがない中、
私の自慢は『社員さんの笑顔と教育』ということを取り上げて頂き、
十分満足できる取材でした。
片方先生の成功発想塾で教わった、
『ゴールデントライアングル』のレクチャーをしているところが放映され、
片方先生にもちょっと恩返しが出来たかなと思っております。
日創研で学び続けたお陰です。感謝いたします。」

 

7)
横手さんの会社の商品は特筆する内容です。
次々に新商品を開発され、お店はフル稼働です。
サービスも良く、店内のレジだけでは対応できないため、
外にレジを作っておられる繁盛ぶりです。


8)
横手さんとは本当に長いお付き合いです。
ピザのお店などをもち、それなりに苦難の時もありました。
ご一緒にサウナに入り、将来構想を語ったものです。


9)
やはり、経営者にも幹部にもビジョンが大切ですね。
横手さんは何が何でも成功するという強い意志をお持ちでした。
そして、未来を想い描く力が強かったのです。

また、成功するためにも、社員さんの笑顔と教育が大事だと考えておられました。


10)
ビジョン経営沖縄セミナーにも、
あの独特の笑顔で何度もお見えになっていますが、
とにかく勉強熱心かつ研究熱心で、素晴らしい幹部達がおられます。

現実に縛られ、行動しようとしない経営者は、
ビジョンを多く持ち、活き活きとして経営しておられる
横手さんの姿を見習って欲しいですね。


11)
テレビでは、社員さんの前で講義をしている横手さんが映し出されました。
メールにあった、成功発想塾の片方善治先生の「ゴールデントライアングル」です。
とにかく、横手さんの貪欲に学ぶ姿勢を我々も見習わなければなりません。


12)
社員さんも熱心ですし、横手さんも真剣な目つきです。
成功発想塾は今や日創研で静かなブームですが、
横手さんは目の付けどころが違いますね。

 

13)
片方善治先生は、単に講義をするだけではなく、
ご自分の人脈を紹介されたり、その場で技術開発や
製品開発、そしてマーケティングの相談にまで乗られます。


14)
松下幸之助翁や井深大さんや本田宗一郎さんにも講義されていただけに、
とにかく、企業成功の手順を具体的に話されます。
 着想
 連想
 発想
 予想
こうした段階を経て成功の道を説かれますが、
単なる着想ではなく、理念が大事だとも述べておられます。

この成功発想塾では、色々な製品・技術・販売手法が生まれています。


15)
ピーターパンさんは月刊『理念と経営』にも登場されましたが、
研修に来て頂くたびにたくさんの新製品のパンをご持参下さいます。
次々と商品開発する気迫には驚きを感じます。

横手さんの姿がアップになるたびに、
本当に嬉しい気持ちになりました。


16)
さて、先日は東京の経営理念塾でした。
「たこ満」さんの理念体系を事例として講義しましたが、
ご受講生には大いに参考になられたようです。
後の懇談会で色々な感想が出ていました。

 

17)
懇談会には2時間半を使いました。
一部、経営相談に似たような話もありましたが、
日創研の研修に参加される方々の熱意には驚かされます。


18)
ピーターパンさんも経営理念を大事にされ、
その浸透のため努力をなさっていますが、
良い会社は決まって「人を大事」にされ、社風が素晴らしいですね。


19)
本来はその日の最終便で帰る予定でしたが、
23TTの集まりがあるということで、
I社長が経営する東日本橋の「新日本焼肉党」に行きました。
ユニークな名前ですが、楽しく語りあい、美味しく頂きました。
ホテルに帰ったのは深夜1時をまわっていました。


20)
熊本や石川や大阪からも参加されており、
当時の思い出話に花が咲き、私もワインを3杯飲みました。
東日本大震災で活躍された関根社長の話に耳を傾け、
別府さんや藤倉さんや、当時物資を運んで下さった方の
ドラマを語りあいました。


21)
3・11後、皆さま方にはたくさんの物資をお送り頂きましたこと、
お礼を申し上げます。
(関根社長や別府さんや藤倉さんや内畑谷さんにもご苦労をかけました)
また、ガソリンカンパを提案させて頂きましたが、
短期間に1000万円も集まり、心より人間の温かみを感じました。
皆様方に心より感謝申し上げます。

22)
横手社長、たこ満さん、経営理念塾のみなさん、
そして、梶谷さん、島ノ江さん、小西さん、23TTの仲間達、関根さん、
本当にご縁を頂き感謝です。
まさに「縁ありて花ひらき 恩ありて実を結ぶ」ですね。
私も、更なる中小企業の活性化に向けて頑張ります。

3月からは東京で「日創研 ブランド道場」が始まります。
「講師」は、偶然にも日創研の可能思考研修を受けておられるだけに楽しみです。

ブランディングにも社員さんの笑顔と教育が大事ですね。

田舞徳太郎

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2013年2月12日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「困難を乗り切る火だねをもとう!(困難がチャンスになる)」です。

次のブログ記事は「もうだめだと思うな、なければつくれ(それが可能思考能力です)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。