[田舞徳太郎通信 20120621] ルソンの壺(勉強熱心な人は集い合う)

| コメント(0)

■■■  田舞徳太郎通信 2012年 37号  ■■■■■■■日本創造教育研究所■■■

            『ルソンの壺(勉強熱心な人は集い合う)』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 2012年 6月21日 ■■■

親愛なる皆様
お元気ですか。


今日の教訓
幸之助の基本的な考え方の一つに、
「商売の秘訣は意志の即決である。
しかし、事を行うには、三回だめを押して、行う慎重さも必要である。
そういう、相矛盾したことを、同時におこなってこそ、真の経営であり、
大きな成果が生まれるものだ」というものがあります。
強い指導者の一念が、「理外の理」「後の先」の法則を生み出し、
成功の扉を開けるのです。
             
            木野 親之 著「松下幸之助に学ぶ指導者の三六五日」より

                                                   
メールを頂戴しながら返信が出来ていません。
心より心よりお詫びを申し上げます。
田舞徳太郎


1)
昨日は、『理念と経営』経営者の会・京滋地区大会が開催されました。
私はいくつかの要件と経営相談があり参加できませんでしたが、
O地区会長が成功裡に役責を果たされたようです。


2)
O地区会長は創業者ですが、
現在、新しいビジネスモデルを構築するため、
一所懸命に経営革新に着手されています。


3)
田舞塾でも総リーダーを務められ、
多くのメンバーの長所を引き出して下さっていますが、
10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーなどにおいても、
日創研を長い間ご支援下さっています。
この場を借りて感謝です。


4)
経営相談は悲喜こもごもです。
業績が急回復したという嬉しいニュースもありますが、
色々な事故の発生もあり、
新しい電話番号が表示された携帯が鳴ると、ドキッとします。


5)
二宮尊徳翁は報徳仕法の実践で、
薄氷を踏む思いで生きられましたが、
最近の中小企業を取り巻く事態を深く「憂慮」しています。


6)
夕食は娘の家でとりました。
孫の顔を見ながら食事が出来るのは束の間の至福の時です。
辛い時も、孫の顔を見るだけで支えられます。


7)
食後は明治の森・箕面国定公園に行き、
「箕面加古川山荘・明徳庵」のそばで蛍を見ました。
今年は蛍も多く、孫たちもキャーキャー騒ぎながら蛍を追いかけていました。


8)
人間は何度も何度も壁にぶち当たります。
私などは弱い人間ですから毎日が壁との闘いですが、
屈託のない子どもたちをみると、
小さな事で悩んでいる自分に気づき、励みになります。


9)
さて、過日は函館の「ホテルテトラ」さんが、
10店目のホテルを大津にオープンされ、
そのオープン式典に参加してまいりました。

10)
10店記念式典でしたのでご挨拶をさせて頂きましたが、
M社長の頑張りには本当に驚きです。
函館、富良野、東京、大津、神戸、北九州と成長・発展されています。


11)
ビジネスホテルですが、
ホテル業界は95%が赤字経営と言われるなか、
「ホテルテトラ」さんは業績も好調のようです。


12)
M社長とのお付き合いは15年近くになりますが、
出会いは札幌センターの業績アップ戦略ワンポイントセミナーでした。
髭をはやしたM社長は日本創造教育研究所の受講は初めてだったようです。


13)
しかし、人なつっこいM社長の笑顔に「常連」さんと間違えて、
私は「Mさん、その髭似あわないから剃りなさい!」と言ってしまったのです。
誤解というものは恐ろしいもので、その日の夜にサウナに行き、
M社長の髭を強引に剃りました。


14)
二日目のM社長はすっきりとされていて、
業績アップ戦略ワンポイントセミナーを受けておられましたが、
何ごとにも寛容なのがM社長のお人柄です。


15)
今でも田舞塾で毎月お会いしますが、
そこでも人脈を広げておられます。
その関係で、滋賀の銀行や色々な業者の方々を知って、
無事に「ホテルテトラ大津」を大津駅前にオープンされました。


16)
やはり、勉強熱心な経営者は、勉強熱心な経営者と集いますね。
M社長を滋賀県の方々に紹介した上田社長も、
NHKの「ルソンの壺」に出るような、人一倍経営に熱心な方です。
上田社長は7月に書籍を出されるようです。


17)
ルソンの壺に、明和製紙原料株式会社の小六社長が出られます。
7月15日(日)の朝7時45分放送です。(一部地域のみ)
現在社長塾に参加されていますが、ご子息は起業家養成スクールを卒業し、
現在も六甲山登山や起業家のメールなどを手伝ってくれています。


18)
明和製紙原料株式会社の小六社長は、
無料ボランティアリサイクル授業を行っています。
『紙はゴミじゃない!!』をテーマに、
小学校や公民館で年間100回以上も行っています。


19)
また、大阪の古紙回収率の低さを解消し、
大阪の可燃ごみを減量させるために、
わざわざ岡山から出店した関西支社『けすぷろ』の
着眼点がユニークです。
総投資額は相当なものでしたが、軌道に乗ってきています。


20)
特に、スーパーの『イズミヤ』さんや『平和堂』さんと提携して、
スーパーの駐車場で古紙回収を行うポイント制古紙回収システムが、
市民にとても好評を得ており、回収拠点を拡大し続けています。


21)
最近は、日創研の会員企業様がよくテレビや新聞で報道されますが、
こうしたニュースを聞くにつけ、気持ちが弾んできます。
是非、明和製紙原料株式会社の小六社長の出演される
「ルソンの壺」をご覧下さい。(一部地域のみ)

 

22)
最後に、アウンサン・スーチーさんのニュースが報道されていました。
軟禁されて20数年・・・・・・・よく耐えられたと思います(感動!)
世界経済も日本の政治や経済も問題は山積みですが、
明日を信じれば必ず光は見えます。

明徳塾、社長塾が終わりましたが、
本日から再び25TTです。

田舞徳太郎

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■□■ 株式会社日本創造教育研究所の 公式Facebookページ■□■

日本創造教育研究所の最新情報を公式Facebookページにてお届けしています。
「いいね!」を押して日本創造教育研究所グループの最新情報をご覧下さい。

  株式会社日本創造教育研究所 http://ja-jp.facebook.com/nisouken
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2012年6月21日 16:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[田舞徳太郎通信 20120615] 肝心なことに後ろ向きでは永遠に豊かにならない(日本を富ませる)」です。

次のブログ記事は「[田舞徳太郎通信 20120630]どんな時代になっても自分の城は自分で守る気概が大事」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。