もう一度褌(ふんどし)をしめ直して頑張るべきですね

| コメント(0)

親愛なる皆様
お元気ですか。


今日の教訓

自分の条件だけを考えて、問題を解決すればよいと
考えていると、いつの間にか周囲に対する配慮が
足りなくなります。

「問題の解決は、試練の一つと思うこと。
その試練を乗り越えるには、周りの協力が必ずいること。
問題解決のコツは、常日頃から周囲に配慮しておくこと」

幸之助は、トラブルや問題解決の名人でした。

         『理念と経営』経営者の会・木野親之会長


●動画で見られる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新春経営者セミナー  http://www.youtube.com/watch?v=SWOoC6gHINc
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1)
今日は東京・経営理念塾の第3講です。

昨日はNHKの「坂の上の雲」をみました。
ロシアの南下政策に強い危機感を感じた日本の、
存亡を決する戦争が日露戦争です。


2)
苦悩しながら戦争に踏み切る明治政府の政治家の決断を、
今の政治家は真剣に学ぶべきでしょう。


3)
日本はロシアとの戦いに、
GDPの70%を使ったと言われていますが、
昨日は日銀副総裁の高橋是清が、
戦争債を集めに世界中を回る姿が印象的でした。


4)
昨日は旅順総攻撃でしたが、
秋山真之の203高地攻めの主張が受け入れられず、
乃木将軍の正面作戦でおびただしい死者が出るシーンには涙が出ました。


5)
日本はまさに飲まず食わずで日露戦争に挑みますが、
政府も軍人も、ロシアという大国を相手に非常に苦悩を重ねています。
現在の政治家の「国家意識の欠如」は目を覆うばかりです。


6)
民主党政権で二代続いた政策と比較し、
野田内閣はそれなりに頑張っているようですが、
明治の方々のギリギリの政策を知るにつけ、
安易に増税というのは如何なものかと今でも疑問を感じています。


7)
日本という国はどこにいくのか?
先人が築いたこの素晴らしい日本国家を、
政治家も官僚もどのようにしたいと思っているのか?
「坂の上の雲」を見ながら考え込みました。


8)
土曜日は起業家チューターさん達と、
滋賀県の大津で懇親を深めました。
スッポン料理でくつろいだ一日でしたが、
鄙(ひな)びた料理屋さんは一日一組のお客様しか取られないそうです。


9)
菅さんはじめ起業家チューターさん達と、
今までの起業家養成スクールの思い出などを語り合いましたが、
やはり、修了してからどうなっているのかがお互いに気になるものです。


10)
結婚、子供の誕生というめでたい話から、
企業を成長させている起業家養成スクール生の話題まで、
起業家チューターさん達の起業家養成スクール生を思う気持ちは深いです。


11)
?県のM君は、
起業家養成スクール生時代は問題児でした。
勉強もあまり手がつかず、会社も借金で資金に追われていました。


12)
特に29.5%の高利の借金等に苦しみ、
いつつぶれるか分からない悲惨な状況でした。
私も少しあきらめ気味でした。


13)
しかし、5年を経過し、
今では無借金になって業績も良く、
売上高経常利益率が10%近くになっています。


14)
正直、奇蹟というほかありませんが、
お母さんと新春経営者セミナー・東京大会の打ち合わせをしている中、
どのようにして業績を回復したかの話をお聞きし感動しました。


15)
まさに、「逆境!その時経営者は!」ですね。
諦めないで必死になれば、
必ず企業は息を吹き返すのです。


16)
来年はM君の弟が、
起業家養成スクール19期に入校しますが、
人間の縁の不思議を深く考えさせられますね。


17)
業績が良かったところが悪くなり、
どうしようもなかったM君の会社の業績が良くなる。
我々ももう一度褌をしめ直して頑張るべきです。


18)
新春経営者セミナー・東京大会のテーマは「零からの出発」ですが、
2012年こそ本気で学んで、
より良い年にしなければなりません。


19)
それにしても明治には人物がたくさん揃って国難を乗り越えました。
腹を据えて生きておられたのでしょう。
そして、国家意識が強かったのでしょうね。

再度「中小企業の活性化」に向けて私も褌(ふんどし)を締め直します。

新春経営者セミナー・東京大会お待ち申し上げています。

田舞徳太郎

 

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2011年12月 5日 16:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012年は厳しいだけに学ぶ年です(二人の創業者)」です。

次のブログ記事は「本日開業(腐らず焦らず零に戻ろう)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。