指導者とは何かを学ぼう(士は以て弘毅ならざるべからず。任重くして道遠し)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

1)
月曜日は明徳塾でした。
馬場惠峰先生の講義と書の学びは最高ですね。
今回は「庭前梅花」の文字を30枚くらい練習しました。
今は基本でもある楷書を練習しています。

2)
火曜日は伊與田覺先生の京都・社長塾でした。
第七期の最終回ですが、テーマは大好きな、
「士は以て弘毅ならざるべからず。任重くして道遠し」でした。

3)
伊與田覺先生の講義は、単なる論語ではありません。
指導者学とでもいうべきもので、
経営者や幹部の生き方を語ってくださいます。

画像 004.jpgのサムネール画像のサムネール画像
(社長塾にてご講義をされる伊與田先生)

4)
3月25日から、第八期が始まりますが、
既に半分くらいの方が再受講で申し込みされています。
八期連続の方々や新人も入り混じり、
坂本龍馬の墓前での勉強会は最高です。

5)
学びて然る後足らざるを知る!と言いますが、
学べば学ぶほど、
伊與田覺先生の講義は経営者や幹部の魂を揺さぶります。

6)
伊與田覺先生は、
すべては物事の根幹(仁・義・礼・智・信・勇)からお伝えされます。
経営の基本を学びたい方、第八期をご一緒しましょう。

7)
さて、ジャスダックに上場している
アイケイケイ株式会社様の決算書が届きました。
以前も、同社の業績向上のポイントを送信しましたが、
今期は大幅増収増益です。

8)
アイケイケイ様は、
社長力・管理力・現場力の三位一体経営の典型例ですが、
金子和斗志社長のリーダーシップのもと、
幹部も社員も一枚岩です。

9)
「理念と経営」社内勉強会や「13の徳目」だけではなく、
全員が可能思考研修や職能教育を受けておられることです。
金子社長は非常に親切な人柄で、
業績アップ上級コースのアドバイザーにもご協力下さっています。

10)
売上は126億9400万円です。
前期が101億円ですから、この厳しい時代に、
素晴らしい伸び率を示しています。

11)
経常利益は、前期が8億円。
今期は16億円ですから2倍の数字です。
流動資産は42億円もあり、
現金及び預金が35億5400万円もあります。

12)
私は株式を持っていますから、
送られてくる財務資料もこうして公開できるわけです。
ますます成長発展する同社の株式を皆さんもお持ちになり、
営業戦略やマーケティングや人財育成を学びましょう。

13)
金子社長の特徴は、
 1、経営理念を大事にして基本がぶれない
 2、ビジョンが明確である
 3、人財育成にはどの会社よりも熱心である
 4、社員を大事にする

14)
アイケイケイ様の立地戦略は、
東京や大阪などの都市型ではなく、地方型です。
出店コストだけではなく、巧みなマーケティングです。

15)
よく金子社長を紹介してほしいとか、
会社を見学したいという要望を頂きますが、
まずは私のように株式をもって
継続的に学ぶことをお勧めします。

16)
同社はそれなりの企業規模ですが、
11名の会社のY社長からもメールが届いています。
小売業ですが、販売員の教育に熱心なことが最大の特徴です。

17)
Y社長のメール
「今期も順調に業績が伸びています。
 僕は可能思考研修基礎コース(SA)は田舞さんが講師でしたが、
 業績アップ研修を受けてからの受講でしたから、
 なぜ基礎コースが大事なのかが良く分かりました。
 松原講師の言う通りに今でも実行しています。
 (中略)
 業績アップの基本は人財育成にあることが良く分かりました。
 今期は13億円を超える売上になると思います。
 益々少数精鋭で夢に向かってチャレンジします。
                    T社・Y社長」

18)
今回の事例のように、会社の大小はありますが、
アイケイケイ様もT社様も全く同じ社風であり経営哲学です。
人は会社の財産の中でも最大のものであり、
人こそ宝だという考えです。
会社の永続性は、究極、人財育成しか方法はないと思います。

19)
また、両社とも明確なビジョンを持っているということです。
金子社長もY社長も、
共に10年後を考える
ビジョン経営沖縄セミナーに参加されていますが、
我々はビジョンを掲げて自助努力で戦うしかありません。

20)
私は中小企業の活性化を使命としていますが、
いろいろな観点から人財育成の強化策をお手伝いし、
日創研の会員企業様が100%黒字になるように努力します。

21)
京都・社長塾では、
坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓にお参りし、
第七期のお礼と第八期の成功祈願をしました。

お互いに頑張りましょう。

田舞徳太郎

▼ビジョン経営沖縄セミナーの動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2011年2月25日 19:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人財育成は焦らずに実行する」です。

次のブログ記事は「幸福(偶々(たまたま)得るを幸(こう)と謂い(いい)自ら得るを福と謂う)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。