学ぶ人は更に成長発展し、学ばない人は更に落ち込んでいく(ケース・メソッド授業)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

今日の名言
「人の格は悩みが深いほど幅が広くなる。」
             松山のあるお寺にて

1)
一昨日は松山で田舞塾のケース・メソッド授業でした。
先週の日曜日はM社長が経営する、
イタリアンレストランのナトゥーレナトゥーラで食事をし、
楽しい夜を過ごしました。

2)
今回の田舞塾は、初日が企業訪問で、お店を3軒見学し、
ディスプレイや品揃えや価格などをチェックし、
2日目のクラス討議の参考にしました。

3)
田舞塾のメンバーは、
企業訪問や現場視察のポイントを心得ていますから、
3台のバスの中でも色々な質疑応答が出たようです。
寸暇を惜しんで勉強するのが田舞塾の大きな特徴です。

4)
教育ケース提供の企業様は、130億円ほどの会社様です。
今の社長は三代目ですが、
23TTコースを卒業され継続して田舞塾も学ばれています。
チェーンストア理論なども学ばれ、勉強熱心な経営者です。

5)
二代目の会長様もご参加くださいました。
会長は私と同じ65歳ですが、
商工会議所の会頭もされるなど、
地元では色々な視点で活躍されている資産家です。

6)
青年会議所メンバーですから、
25、6年前にもお会いしていて、
私の講演を何度か聞いて頂いています。
親子二代で勉強熱心です。

7)
会長のお言葉で印象に残るのは、
「田舞さん、
 昔は真面目で一所懸命に経営すれば成長できましたが、
 今は全く違いますね、
 真面目だけでは経営できない時代になっています。
 大きな地殻変動が起きていますね!」

8)
私も会長のお考えに同感です。
あらゆる業種で今までのビジネスモデルが陳腐化し、
イノベーションを求められているのです。
仕入れて売るだけでは生き残れません。
そこに他社とは違う価値を付加していく必要があります。

9)
三代目の現社長は積極的な経営姿勢で頑張っておられます。
「理念と経営」社内勉強会や13の徳目も活用されていて、
可能思考研修と導入と同時に人財育成にも熱心です。

10)
ケース・メソッド授業では、「競争優位」をいかに作って、
ライバルに差をつけていくか?その討議でした。
同質化競争からいかに抜け出すかは、
我々にも差し迫って重要な課題です。

画像 035.jpgのサムネール画像のサムネール画像
(ケース・メソッド授業で学ぶ受講生)

11)
特にコア・コンピタンス(競争優位の源泉)を
いかに作り出すかは、
今の時代に一番大事な経営課題です。
日創研では業績アップ上級コースで
このコア・コンピタンス経営をお伝えしています。

12)
いずれにしても、
企業の大小に関係なく「差別化戦略」しか生き残れませんから、
我々社長や幹部は経営能力をもっと磨かなければなりません。

13)
ある企業様は、
5人の従業員で2100万円の経常利益をあげていますが、
小さな企業には小さな企業のコア・コンピタンスがいるのです。
「学ぶ人は更に成長発展し、
学ばない人は更に落ち込んでいく」ゆえんです。

14)
初日は、財務診断、社風診断の講義や幹部の面談を行い、
2日目のケース・メソッド授業の準備でしたが、
つくづく会社は社長や幹部や社員次第だと思いました。
社長力・管理力・現場力の三位一体が不可欠です。
つまり、人財が全てを決定するのですね。

15)
バブル崩壊から、
成長企業とそうでない企業との差が顕著ですが、
どの業界も大きく二極化されつつあります。

16)
昼食をご受講生の皆様方と一緒に取りましたが、
「今年はいかがでしたか?」という質問に、
「今年の業績は良かったです!」という方々が多くおられました。

17)
経営には色々と法則がありますが、
今回は新しい法則を発見しました。

「学ぶ人は更に成長発展し、学ばない人は更に落ち込んでいく」

皆さん勝ち残りの為にも学びましょうね。

18)
いずれにしても社長の志が大事であり、
確固とした経営理念の浸透が大事ですね。
改めてケース・メソッド授業で確認できました。

19)
今回は幹部も30人近くオブザーブされましたが、
最後の感想発表も良かったです。
どんな会社でも欠点はありますが、
前向きかどうか、
お客様を大事にしているかどうか、
社員を大切にしているかどうかですべてが決定されます。

田舞徳太郎

▼新春経営者セミナー・東京大会2011の動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年12月16日 16:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人生に偶然はあるか?(二時間の散歩)」です。

次のブログ記事は「起業家精神と六甲縦走56キロの道のり(若者の活躍)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。