来年の企業経営と理念の深耕(機会もたくさんあります)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

今日の名言
「知恵を出す人を尊び、仕事を追う人を重視し、
 奉仕する人を愛し、約束を守る人を信頼し、
 責任を持つ人に権限を与える。
     経営理念塾上級コース Y社長の教育理念より」

1)
起業家養成スクールは日創研の梅原君が担当しています。
先日、東京で懐かしい方にお会いしたそうです。
8TTを修了した、最高齢?ながら、
持ち前のバイタリティーで今でも学ぶS社のKさんです。

2)
このKさんのご子息(現社長)は
9TTをすでに学ばれていますが、
来年は何とKさんのお孫さんが起業家に参加されるのです!
実に親子3代でTTコースを学ばれるのは、
私の知る限りでは初めてのことです。

IMG_0110.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像
(TTコースの研修風景)

3)
驚きと同時に、親・子・孫3代にわたって、
日本創造教育研究所を信用して派遣くださることに、
感謝の気持ち以外ありません。
本当に嬉しいニュースでした。

4)
さて、23TT、社長塾、明徳塾と続き、
一昨日まで「箕面加古川山荘・明徳庵」で、
合宿の経営理念塾上級コースをしていました。

5)
東京と大阪の経営理念塾を受けた方々が、
自社の経営理念を完成すべく参加されているため、
非常に意欲に満ちたセミナーになりました。

6)
私と、パートナー講師の稲葉さんとでアドバイスをし、
添削をし、経営理念の完成のお手伝いをしますが、
講義と添削の連続で、初日には少し「目まい」を覚えました。
午前2時半まで話し合っていました。

7)
初日は皆さんご苦労されます。
頭はウニのような状態でパニックになるのですが、
添削やアドバイスで徐々に経営理念が明確に確立されるのですね。
たくさんの方々が見事な経営理念を完成されて帰られました。

8)
研修修了後の夕方に家に帰り、久しぶりの家族の団らんでしたが、
4人の孫の顔を見ると元気になります。
ハリ治療をして体調を整え、メールを打ちました。

9)
経営理念は、業種、業態、会社の歴史、会社の大小、社風、
社長の価値観など、
会社によって作成手法もそれぞれ異なってきます。

10)
それだけに参加者企業の経営理念には
独自性がなければなりません。
また、未来を生み出し、新しい商品やサービスや技術を生み出し、
新しい付加価値を生み出す経営理念でなければなりません。
(美しい文章の羅列ではありません!)

11)
この辺りが経営理念塾上級コースの
我々添削する側の難しさですが、
それだけに、完成した時の満足そうな参加者のお姿を見るのは
最高に嬉しいです。
「経営理念塾を受けた方々は、
 全員が幹部を伴って参加するべきだ!」
そう強く感じました。

12)
また、単に経営理念を作成するだけではありません。
今後の企業経営についても深く掘り下げていきますから、
人財育成や、企業文化や、事業領域の明示など・・・・
多岐にわたって学ぶものです。

13)
来年は日本経済も転換期を迎えます。
危険だけではなく、大きな機会が待ち受けているのです。

来年は、新春経営者セミナー・東京大会のテーマ、
「挑戦」が大きなキーワードになるでしょう。
皆さん、ああだこうだと心配するより、
「行動」あるのみですよ。

お互いに頑張りましょう。

田舞徳太郎

▼新春経営者セミナー東京大会2011の動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年12月 2日 10:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「感動の1日 教えた子に教えられました(後継者も真剣なのだ)」です。

次のブログ記事は「2011年は攻めの気持ちが大事な年です!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。