経営理念とチームワーク(13の徳目朝礼大会)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

今日の教訓
「地位、役割は、社会の発展に資するために与えられている。
 だから、それらにあぐらをかいていいはずはない。
                           松下幸之助翁」

1)
先週の金曜日は大阪の経営理念塾の第6講でした。
全員の理念作成の発表があり、午後8時まで行いました。
実に熱心に多くの方々が最後まで参加されておりました。
その後食事をして車で三重県の四日市市に向かいました。

2)
お世話になっているS社長様のご母堂がお亡くなりになり、
お葬式に参列して参りました。
S社長の沈痛な思いとご挨拶に、
人間が生きるということの意味をかみしめました。

3)
さて、経営理念塾ですが、
完成度の高いものを作成しておられました。
今回は参加者の方々の理念の発表ですが、
それに対して私と稲葉講師がコメントしたり、
一部添削したりするのです。

4)
経営理念の作成には微妙に文章力が問われます。
「が」を「に」にしてみるとまるっきり異なる理念になるのです。
事例をあげながら講義をすると皆さん頷いておられました。
社是や社訓の違いなどは学んでおられますから、
素晴らしい「理念体系」を作っておられる方もいました。

5)
経営理念は経営の根幹であり、
理念から色々な付加価値が生まれてきます。
新技術や新製品や新サービス・・・それらが生まれてくるように、
事業ドメインの講義は何度も繰り返しました。

無題.JPGのサムネール画像
(経営理念塾の研修風景)

6)
さて、田舞通信の配信が遅れ、
皆さま方にはご心配をおかけしました。
O社長はじめ、
数人の方々から「私の健康」に対してお電話が入るなど、
励ましを頂戴しました。心から感謝申し上げます。

ホテル住まいはしんどい年齢になりましたが、
中小企業の活性化のためには
「素直」に受け止めるしかありません。
頑張ります!

7)
特に毎年、9月、10月、11月は研修や色々な行事が重なります。
メールの整理に時間を取られ、田舞通信の配信を怠っていました。
返信ができない場合も多く、あらためてお詫びを申し上げます。

8)
さて先日、
経営研究会の「13の徳目朝礼近畿地区大会」がありました。
来年の名古屋での全国会員大会で、
この全国大会が行われます。
私は参加できませんでしたが、
T社長に「成功」のご報告を頂きました。

9)
「田舞さん、非常に盛り上がりました。
 第一回目であり課題もありますが、
 来年の全国大会はかなり期待できると思います!」

近畿地区は7経営研究会がありますが、
南大阪が優勝したようです。
少しでも「13の徳目朝礼」が啓蒙・普及され、
中小企業の活性化に寄与できればと思います。

10)
先月の13の徳目の「月間テーマ」は、
「チームワークで相乗効果を発揮しよう!」でした。

 1、お互いの長所を発揮し、短所を補い合うことができます。
 2、一人ではできないような、大きな成果を創ることができます。
 3、お互いの長所を学び合い、共に成長することができます。
 4、お客様に高い満足を提供でき、
   会社の業績がさらに良くなります。
 5、信頼関係が強くなり、
   やりがいを持って働ける職場になります。 

11)
チームワークが重要なのは皆さん理解されていますが、
そのための努力がなかなかなされていません。
私はすでに13の徳目を記入し始めてから3年が経ちました。

12)
毎日の「今週の質問」を真剣に考えることで
考える力が身につきます。
例えば、10月1日からは、下記の質問が続きました。

『「仲が良い」ことと「チームワークが良い」ことは、
 何が違うでしょう?』

13)
私は、チームワークは相乗効果が生まれて成果に直結しますが、
仲が良いだけではそうしたものは生まれてこないと思っています。
社員さんは「仲が良いこと」がチームワークと解釈されがちです。

14)
つまり、仲が良いことは悪いことではありませんが、
単にそれだけでは企業経営はうまくいきません。
我々は職場で仕事をしているわけですから、
「共通の目標」が存在しなければならないのです。
それを実現するためにチームワークが必要なのです。

15)
また、
13の徳目(挨拶や笑顔など・・・13の項目)を意識することで、
考え方や態度や行動や仕事の仕方が変わります。
13の徳目を皆が実践することで、
職場には色々な良い変化が生じます。
もちろん、第一は業績アップに結びつくことです。

16)
日本創造教育研究所の朝礼では、
業務報告などを行いながら、13の徳目朝礼を導入し、
そのことで「仕事」がスムーズにいったり、
人間関係が良くなったりしています。
(各センターでは、朝礼見学を受け付けています。
 気軽にお問い合わせ下さい)

17)
朝から自然と元気な社風が生み出され、
「よし!やるぞ!」というエネルギーが芽生えてくるのです。
「理念と経営」社内勉強会と共に、
是非、皆さま方にもご導入をお勧めしたいと思います。

中小企業の活性化や業績アップに関して必須のツールです。

田舞徳太郎

▼マネジメント養成6か月コースの動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年11月 3日 11:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「行年50にして49年の非を知る(気づきと可能思考)」です。

次のブログ記事は「人生は全て挑戦ですね(99年の愛)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。