アイ・ケイ・ケイ株式会社の上場に学ぶ(中小企業の心構え)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

今日のメール
「先日の業績アップ上級コースで、
 アイ・ケイ・ケイ株式会社の金子社長から
 大切なことを教えて頂きました。

 たまたま、田舞さんが
 「?さんの会社は外国人獲得に成功した」と、
 講義中に言われました。
 すると、すぐに金子社長が私に
 「?さん、教えて下さい」と聞きに来られました。
 そして、生意気にも私がお伝えすると、
 丁寧にメモを取られながら熱心に
 聞かれすぐにお礼状まで頂きました。

 上場企業の社長になられ、
 今や飛ぶ鳥さえ落とす勢いの方が、
 私みたいな人間に頭を下げて、
 教えて下さいと言える謙虚さに私は心を打たれました。
                        Hさんのメールより」

1)
アイ・ケイ・ケイ株式会社さんが上場したことは
既にこの田舞通信でもお伝えしました。
Hさんよりメールを頂き、
あらためて金子社長の謙虚さを学びました。
何事も前向きな金子さんならではの学習態度ですね。

2)
金子社長は現在、
業績アップ上級コースのアドバイザーをされています。
自社から10名の方を派遣され、
より一層、強くて良い会社にしようとされています。

画像 054.jpgのサムネール画像
(業績アップ上級コースの研修風景)

3)
私は仕事の関係上、色々な株式を持っています。
お金儲けとか投資が目的ではなく、
その会社を学ぶために買っているのです。
ですから、今まで買った株式を手放したことはありません。

4)
決算報告を丁寧に研究して、経済感覚を養っています。
私は既にアイ・ケイ・ケイ株式会社の株式を買っていますが、
今期の決算報告書が来年届くのが楽しみです。
毎月顔を合わせていますから、
決算書を見て株主として率直に質問ができます。

5)
特にアイ・ケイ・ケイ株式会社は
コア・コンピタンス経営を行っています。
ウェディング業界が曲がり角に来ている中、
この会社は10数%の経常利益を出しているのです。

6)
今期も順調なようで業績もアップしています。
何か所かで上場記念会が開催されていますが、
是非参加して仲間の成功を祝って下さい。

7)
アイ・ケイ・ケイ株式会社さんは、
日創研の可能思考研修を継続して導入されています。
出店をされていますから早めに人財を育成しています。
採用も数人の募集に何十倍という応募があるようです。

8)
その中から素晴らしい方々を獲得し、かつ教育するのです。
可能思考教育の研修効果も高く、
従来のウェディング業界にはない
高度なサービスが提供されています。

9)
13の徳目朝礼の開催も見事に決めておられ、
「理念と経営」社内勉強会もずっと継続されています。
経営感覚とコミュニケーション能力の向上に
活用されているのです。

10)
幹部さんが優れているのもアイ・ケイ・ケイ株式会社の強みです。
幹部さん達は、可能思考教育が修了すると職能教育を受けます。
マネジメント養成6か月コースや業績アップ6か月特訓がそうです。

11)
そして、昨年からコア・コンピタンス経営をするべく決断され、
現在10名の幹部がその概念を学び実践しようとしているのです。
伸びる会社はいずれも、
人財育成を明確な方針に掲げておられます。

12)
アイ・ケイ・ケイ株式会社に学ぶことは、
 1、社長の志が高いこと
 2、社長が謙虚なこと
 3、人財を育成することに惜しむことなく投資していること
 4、社長力・管理力・現場力の三位一体が実現できていること

13)
佐賀県の人口わずか4、5万人の街から、
ジャスダック上場という快挙を成し遂げられました。
素晴らしいことですし、皆様方も是非チャレンジして下さい。

14)
金子社長とよく話し合いますが、
アイ・ケイ・ケイ株式会社は上場が目的ではありません。
良い人財を獲得し、その人たちを育成し、
更なるサービスの強化を目指しています。
どうぞ、アイ・ケイ・ケイ株式会社に学びましょう。

田舞徳太郎

▼経営理念塾の動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年10月 2日 18:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「苦労の向こうに道は必ず開かれる(負けずに頑張ろう)」です。

次のブログ記事は「景気ウォッチングと企業経営(諦めたら駄目です)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。