苦労の向こうに道は必ず開かれる(負けずに頑張ろう)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

1)
起業家養成スクールの企業視察研修が終わりました。
自宅に帰って無事終了してホッとしました。
彼らとはかなりの時間ディスカッションをしました。

昨日は明徳塾の第一回目で今日は京都にて社長塾です。

画像 004.jpgのサムネール画像のサムネール画像
(社長塾にてご講義される伊與田さん)

2)
さて、起業家養成スクールを行って、毎回思うことですが、
後継問題を抱える親の悩み、
後継する子供や継承者の悩みが共通している事を痛感します。
解決にはお互いが前向きに話し合い、
お互いの立場を理解することですね。

3)
来年の18期起業家養成スクールは、
上海と北京にしたいと思っていますが、
OBの方々も仲間に入れますから楽しみです。

4)
さて、9月25日は音羽の創業40年の記念日でした。
楽しいことや辛いことや喜びや悲しみが
いっぱい詰まっています。
次の50年には盛大にイベントを行いたいと思います。

5)
23TTコースの方々に祝電と花束を頂戴し、
起業家養成スクール生には寄せ書きを頂きました。
言葉には言いつくせない感慨深いものがあるものですね。

6)
株式会社ミヤザキ様の企業訪問と、
山之上社長の講演が素晴らしかったです。
社員さんが礼儀正しく、
渋沢栄一ベンチャードリーム賞の大賞を取られる企業らしいです。

7)
新設の第三工場もフル稼働で、
この会社には堅実かつ夢が溢れていました。
顧客は、航空宇宙業界、医療機器業界、ロボット業界、
半導体業界です。
1個とか2個とかの付加価値の高い製品の受注をされていますが、
検査などは全員が女性で、女性の活躍を語られていました。

8)
山之上社長は、
「正しい努力をすれば必ず実り、
間違った努力をしていたら、何年立っても苦労が絶えない!」と、
述べておられました。

9)
また、ビジョンを明確に掲げて完成させる人もいるでしょうが、
コツコツとやって行く上で目標は見えてくる場合もあると、
力強くおっしゃられました。

10)
徹底したニッチ市場に絞り、近い将来5億円の
利益を上げる会社にするということでした。
貧しい子供時代、東京での仕事や挫折感、
22歳の時に独立を勧められますが、
軍資金は奥様の貯金30万円です。

11)
今の成功を築くまでには、途中、
「薬があればそれを飲んで死にたい」というご苦労も
たくさんありました。
いくつかのご苦労のエピソードには深い感動がありました。

12)
鹿児島では、小正醸造様の小正社長に講義を頂き、
工場見学や質疑応答でした。
会社を売りに出した時のお話と貸借対照表
凄い借入金で、その上債務超過・・・壮絶な話でしたが、
それに負けない薩摩魂のようなものを強く感じました。

13)
すべての会社の歴史のお話は、
バランスシートに基づいて行われ、
非常に分かりやすいものでした。B/Sからみるヒストリーです。

14)
「道にただ 身をば捨てむと 思ひとれ
       必ず天の たすけあるべし 島津日新公」

講演の合間に、身に沁みる格言も披露されました。
まさに、一筋の道に身を捨ててこそ天の助けがあるのですね。
小正社長の講演にも感動しました。

15)
夜はパーティーでした。小正社長にもご参加頂きました。
父兄の方も参加し、起業家養成スクールOBも
駆けつけてくれました。
サウナに一緒に入り、色々と語り合いました。
若者は最高ですね。

16)
今回の4日間の企業訪問は菅スクール長はじめ、
起業家チューターの方々にも大変お世話になりました。

苦労の向こうには必ず道が開ける・・・・・
今回の企業訪問の共通したキーワードでした。

皆さん、お互いに頑張りましょう。
田舞徳太郎

▼経営問答塾の動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年9月28日 18:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「何事も一筋というのが一番ですね(二つの企業訪問)」です。

次のブログ記事は「アイ・ケイ・ケイ株式会社の上場に学ぶ(中小企業の心構え)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。