何事も一筋というのが一番ですね(二つの企業訪問)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

1)
「黄金映ゆ あぜ道に咲く 彼岸花」
                   得山詠句

先週の木曜日から起業家養成スクール生と企業視察研修でした。
熊本の再春館製薬様や宮崎の黒木本店様を視察しましたが、
バスの中で曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の花が
美しく咲いていました。
稲穂の実るあぜ道に一輪の彼岸花(曼珠沙華)は感動でした。

IMG_4479.JPG
(企業視察にて学ぶ起業家養成スクール生)

2)
また、バスから降りて曼珠沙華の花を見ると、
今の自分の心境が映し出されるようで、

「一輪の まんじゅしゃげの花 吾うつす」と思いました。

好きな花だけに、見つめるだけで幸せです。

3)
さて、再春館製薬様は、昨年と社内が変化していました。
一段と社内の雰囲気が良くなっておられました。
270億円の売り上げ規模ですが、
素晴らしいオフィスで働く一人ひとりが生き生きとされています。

4)
1932年創業されていますが、
経営の行き詰まりで、
1982年に西川通子会長が再建に立ちあがられたようです。
年商5000万円で負債が3億円を、
6年で100億円にまでされています。

5)
月刊『理念と経営』の取材で訪れた時に、
西川会長は述べておられました。
 社長が100度に燃えると、
 取締役は90度に燃える。
 取締役が90度に燃えていると、
 幹部は80度に燃える・・・・・・

6)
再春館製薬様は、経営革新の連続です。
売上をあげる事を徹底したことがお客様離れを招き、
売上よりも、お客様に満足を頂く方向へ方針転換されました。
やはり「ありがとう経営・増益経営」ですね。

7)
宿泊は阿蘇プラザホテル様でした。
日創研の会員企業様でもあり、
稲吉社長には大変おもてなしを頂きました。
食事も美味しかったですし、
起業家養成スクール生と裸の付き合いで
お風呂やサウナにも入りました。

8)
その後、私が講演をする予定でしたが、
講演を短くして、彼らと共にディスカッションをしました。
後継者も色々と悩みながら闘っています。

9)
やはり、不安や心配があるようで、
そうした質問が出ました。
「社長業とは、心配請負業・不安請負業です。
 だから鍛えることが第一です!」
私の体験を踏まえてお答えしました。

10)
黒木本店様は、皆様ご存じのように
「百年の孤独」の焼酎メーカーです。
お米、麦、芋などの原材料の生産農業も経営され、
焼酎を作るだけではなく、焼酎かすを肥料や飼料にもしています。
つまり、ゼロエミッションの仕組みをつくり上げているのです。

11)
黒木本店さんの創業は明治18年です。
この企業様も月刊『理念と経営』の企業事例に
ご登場頂きましたが、
あらためて、その素晴らしい経営内容に感動しました。

12)
もちろん、苦しかった時の話題も、
講演の中でして下さいましたが、
高鍋信用金庫の理事長に、
「焼酎の売れる方法を教えてやる」と言われたエピソードが
感動でした。

13)
「焼酎のことだけ一所懸命にやれば必ず売れるようになる」

この言葉を話される時、
黒木社長の目頭は熱くなっていました。
一瞬話が途絶えましたが、私も思わず感動してもらい泣きです。

14)
つまり、信用金庫の理事長のお言葉は、
焼酎一筋に努力して脇道にそれずに必死に頑張れば、
必ず業績は向上するという意味です。

15)
我々は順調な時には楽観的になり横道にそれます。
そして、逆境の時には悲観的になり脇道にそれます。
順境悲観、逆境楽観、
これがなかなか難しいのですね。

(月刊『理念と経営』10月号に、
 順境悲観・逆境楽観が出てきます)

16)
黒木社長は
7TT(企業内教育インストラクター養成コース)卒業です。
そして、TTコースのファシリテーターもされました。
音楽や文学に見識があり、「百年の孤独」というネーミングも、
ガルシア・マルケスの小説からとったものです。

17)
再春館製薬様といい、黒木本店様といい、
非常に順調な経営だと思いますが、
人を育てることに情熱を持って努力されています。

18)
焼酎一筋が黒木本店様の経営理念になっていますが、
何事も一筋というのが一番ですね。

月刊『理念と経営』の10月号も、
一筋の経営者の方々が多く登場されています。
是非、お読みください。

田舞徳太郎

▼経営理念塾の動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年9月27日 16:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「モチベーションの高い職場づくりをどうするか?」です。

次のブログ記事は「苦労の向こうに道は必ず開かれる(負けずに頑張ろう)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。