起業家精神と一通の決算書

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

1)
月曜日から業績アップ上級コースでした。
コア・コンピタンスがなければ
企業経営も難しくなる時代になりました。
それだけに、参加者全員が熱心に学ばれました。

2)
今回は販売戦略と戦略マトリックスを主に講義しましたが、
一通の決算書に大きな励みを頂戴しました。
前期と比較してみると、今回の決算で無借金経営になり、
設備投資もすべて自己資金で行っている事がわかります。

画像 054.jpgのサムネール画像
(業績アップ上級コースの研修風景)

3)
内部留保金もかなりの金額に上り、
?社長様の企業努力が報われた形になった決算書は
感動でした。
 1、新商品の開発
 2、人財の育成
 3、顧客満足経営
 4、コア・コンピタンス経営の実践

長年にわたる緻密な経営のあり方に拍手を送りたいと思います。

4)
今回の業績アップ上級コースにも、数名で参加されていますが、
この?社長とのご縁は約20年近くになります。
青年会議所の理事長をされている頃からTTコースにも通われ、
実に、経営も、JCも、研修も熱心に実行されました。

5)
まだ借入金がお有りだったころ、
業績アップ6か月特訓で、
金利下げのご相談に乗ったことがあります。

6)
見事、難題を乗り越えて金利下げに成功されましたが、
通常、金利は下げないという神話のある金融筋ですから、
それだけでも?社長の経営に対する熱意が思いだされます。

7)
つまり、金利下げ一つにしても曖昧にせず、
真剣に取り組まれる姿勢が今回の決算に現れていると思います。
無借金経営の実現に心から拍手を送りたいと思いました。

8)
ご子息も起業家養成スクールでお預かりしましたが、
やはり親の背中を見て子供は育つのですね。
親子ともども素晴らしい方です。
今夏の暑さにさすがに疲れていますが、お陰で元気が出ました。
更なるご成功を祈念いたします。

9)
さて、今回の業績アップ上級コースで、
コア・コンピタンス経営の発表をされた会社様も、
売上高に対して12.7%の経常利益率です。

10)
TTコースのファシリテーターもされていますが、
業界は10年前と半分の規模になっているのに、
この会社様の売上高は約2倍です。

11)
つまり、市場の規模は小さくなっているのに、
経営資源の強みで売上・利益を上げておられるのです。
コア・コンピタンス経営の必要な所以です。
発表をされる姿にも自信が溢れていました。
皆様方も、外部環境に左右されない経営に向けて
頑張ってください。

12)
さて、ある起業家養成スクール生のご両親からのメールです。
ご夫婦とも起業家精神に満ち溢れた方ですが、
それだけに愛情あふれるメールに感動しました。

13)
先に述べた無借金経営を実現をされた?社長も、
創業者ではありませんが起業家精神に溢れています。
また、今回の発表者は江戸時代の創業で老舗ですが、
やはり、起業家精神に溢れています。

14)
今の日本人には起業家精神の欠如が見られますが、
円高にも負けず、信念を貫く決意が、
我々経営者や幹部にも大事だと思いました。

15)
メール
「新春セミナーや同窓会でもお話しましたが、
 昨年、息子が起業家を無事修了致しました。
 これも何とか学び続ける場をいただいているおかげでした。

 一月から本店の店長として頑張っていますが、
 目標達成に向けての意欲は並々ならぬものがあり、
 その影響か、会社全体で前年対比を超えています。

 ??業には不況の大風が吹いたままですが、
 プラス思考、全国の仲間からの応援、
 また、恥ずかしいことはできない・・という意識の芽生えか、
 息子が本当に良くやってくれています。
                             S社長様」

16)
今回は一通の決算書に感動すると共に、
起業家精神をもった3人の事例に感謝です。
皆さんの業績アップは無上の喜びです。

田舞徳太郎

▼経営問答塾の動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年9月15日 12:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「幹部は社長の代弁者たれ!」です。

次のブログ記事は「「スタンフォード」という名入りのシャツ(ケース・メソッド授業)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。