幹部は社長の代弁者たれ!

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

今日の言葉
「同業他社との比較で考えているうちは、
 まだ井の中の蛙といわざるを得ない。
 私達にとって最大の競争相手は、同業者、他店ではなく、
 絶えず変化してやまないお客様の要求である。
                 月刊『理念と経営』鈴木敏文」

1)
先週の水曜日に福岡から帰り、
木曜日は大阪の社長・幹部塾でした。
金曜日と土曜日は大阪センターで、
経営理念と戦略ワンポイントセミナー(二日間)を開催しました。
研修の連続ですが、
勉強好きな経営者や幹部の方々といると嬉しいです。

2)
社長・幹部塾で申し上げたのですが、
理念が浸透しない理由に、
語り部がいないということが挙げられます。
幹部は率先して社長の念いを伝えていかなければなりません。

3)
幹部が語り部となって、社長の代弁をしていけば、
理念は末端にまで浸透します。
松下幸之助翁には大番頭の高橋荒太郎さんという右腕がいて、
松下経営理念の伝道者として語り続けていたそうです。

IMG_7516.JPGのサムネール画像
(社長幹部塾の研修風景)

4)
現在は理念が大事な時代ですが、
それだけに、社長と幹部がビジネスパートナーとして、
徹底して本音で人財育成や経営を語り合うべきですね。

5)
社長力・管理力・現場力の三位一体に関しては、
月刊『理念と経営』で毎号連載していますが、
「理念と経営」社内勉強会で
この連載が一番役に立っているようです。

6)
社長力・管理力・現場力を、
同じテーマで書き続けるのはしんどいことですが、
社内勉強会で社員さん・幹部さん同士が、
同じ土俵でディスカッションする姿を
思い描きながら書いています。

7)
「理念と経営」社内勉強会導入の企業様には、
私のファシリテーションCDをお送りして、
設問の意図をお伝えしていますが、
経営感覚を持って頂くべく設問を出していますので、
しっかりと聴いて頂いて、たまには勉強会をのぞいて下さい。

8)
さて、最近、日本創造教育研究所の会員企業様も、
この円高やグローバルな経済において、
海外に製造拠点を移す動きが出ています。

9)
過日もその経営相談がありましたが、
色々とお話をお聞きしていると、
日本の産業の空洞化が現実のものとして痛感させられます。

10)
政府の成長戦略会議で、
菅総理は法人税引き下げ検討の指示を出しました。
この田舞通信でも幾度も述べていますが、
政策を会計から企業活動に軸足を移してもらいたいと思います。
ぜひ明確な「景気対策」をお願いしたいものです。

11)
また、日銀も金融政策決定会合の中で、円高対策や景気対策で、
資金の供給について今後も取り組んでいくとコメントしています。
政策金利を下げるとか、
より思い切った対策を期待したいところです。

12)
もちろん、アメリカがくしゃみをすれば、
日本は途端に風邪をひくというたとえがあるように、
アメリカ経済に影響を受けることは明白な事実です。
アメリカ自身がドル安を誘導しているわけですから、
日本もそれなりの交渉や対策を
打ち出していかなければと思います。

13)
以前に飛行機の中である政治家の方と
隣り合わせになりました。
大臣経験者で大阪選出ですから、
親しく質問をしながら話しました。
その時に言われたことが現実のものとなっています。

14)
主張
「最近の政治家は海外に人脈を持っている人が少なくなった。
 国内だけで考えているようでは
 このグローバルな中で政治はできない。
 色々な人脈をもって、相手の感触を探りながら行うのが政治だ。
 近い将来、日本の政治は
 小さなものになってしまい行き詰ってしまうだろう」

15)
まさに、このN先生の言葉通りになっています。
為替の問題も日米がもっと交渉するべきなのでしょうが、
交渉するべき人脈がないのかもしれません。

16)
龍馬伝ではありませんが、
明治維新には多くの人間が海外に出て、
果敢に人脈をつくり近代化を促進しました。

17)
日本もグローバル時代に備えて、
どんどん海外に留学して人脈づくりをするべきです。
そして、世界に冠たる技術立国として付加価値をつくり、
円高でも利益を上げられる仕組みをつくり上げるべきです。

産業の空洞化だけは避けなければなりません。

田舞徳太郎

▼経営理念塾の動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年9月14日 16:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経営理念が浸透すれば利益は自然と出てくるのです」です。

次のブログ記事は「起業家精神と一通の決算書」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。