社内の活性化と「心に残るありがとう体験談」の募集

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

本日は「心に残る、ありがとう」作文の締切が
今月末までになっていますので、ご案内申し上げます。

私達は「ありがとう経営・増益経営キャンペーン」を
推進していますが、
本年度(第三回)も「心に残る、ありがとう!」体験談を募集します。

昨年は全国から5,215通の応募をいただきました。
社内に「ありがとう」が溢れれば、必ず業績は向上します。

「心に残るありがとう体験談」の選考委員の方々は、
国文学者の中西進先生、
作家の夏樹静子先生、
宗教学者の山折哲雄先生です。

是非、このツールをご活用下さり、
皆様の会社をもっと「ありがとう!!溢れる会社」に
していただけたら幸甚です。

??????????????????????????
「縁」という言葉があります。
「人と人または人と物事を結びつける不思議な力」とあります。 

「ありがとう」は縁を結びつける言葉です。
「ありがとう」は、人にやすらぎを与えてくれる言葉です。
ほっとした気持ちになります。
人間関係の潤滑油となる言葉です。

言葉とは不思議なものです。
命をもって生きています。
心やさしい、ありがとうに、人は、
どんなに力づけられることでしょうか。

皆様の「心に残る、ありがとう!」体験をお寄せください。

月刊『理念と経営』編集長の言葉 
??????????????????????????

※応募用紙はこちらからダウンロードしてください。
 http://www.arigatou-keiei.jp/taikendan_3.html

社内の方々にも書いて頂ければ必ず職場の活性化としてお役に立ちます。
皆様のご縁を心から感謝申し上げております。
                           田舞徳太郎

▼経営理念塾の動画を公開中



中小企業の人材育成なら
日本創造教育研究所

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年8月19日 16:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ケース・メソッド授業と人財育成(実学の威力)」です。

次のブログ記事は「円高と株安と日本の経済は?(田舞塾11期が最終講でした)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。