100年企業と事業継承と記念講演(私はあきらめたことがない)

| コメント(0)

親愛なる皆様、お元気ですか。

1)
先週の土曜日は
住生活関連業・建設業支援ネットワーククラブを中座し、
M自動車教習所様の、
50周年記念式典の記念講演に行きました。

2)
昨年社長を引き継いだA社長(起業家養成スクール卒業)が、
冒頭の挨拶をされるとのことで緊張されていました。

3)
早稲田大学の大学院にも通い、
非常に有能でコミュニケーション能力にも長じた女性社長ですが、
京王プラザホテルでの大きな舞台だけに緊張されたのでしょう。

4)
私は来賓席ですぐに登壇する準備をしていましたが、
A社長の挨拶をドキドキしながら聞いているうち、
私までが緊張してしまいました。

5)
「100年企業にするのが使命です」と、
短くかつ立派な挨拶で見事でした。
改めてT会長の事業継承の仕方は見習わなければと思いました。
親子は二人三脚です。
どちらが転んで痛い目に遭うのです。

特にT会長の最後のご挨拶と、
懇親会のご挨拶には嬉しい気持ちを禁じ得ません。
中小企業の活性化にご共感下さることに心から感謝です。

6)
この教習所は東京都武蔵野市にありますが、
VIPコースなど、色々な商品開発が評判の会社です。
社長力・管理力・現場力の三位一体ができている珍しい会社です。

7)
特に社会貢献、顧客満足、従業員満足の三位一体経営を行ない、
素晴らしい来賓の方々が大勢参加されていました。
全国の自動車教習所の模範だけに、
関係者の方々ともご挨拶しました。

8)
自動車教習所はご多分に漏れず、
生徒の減少と車離れでご苦労されている会社が多い中、
この教習所は業績も順調で、生徒さんも増え、
時間の延長を計画されています。

9)
私の講演テーマは「私はあきらめたことがない」でしたが、
緊張と同時に、お招き頂いたことに心から感謝です。
多く講演活動をしていますが、
何故、私如き者をお招きくださったのだろうと
檜山君と話し合いました。

10)
檜山君談
「田舞さん、やはりT会長も社長も
 日創研のことが大好きなんですよ。
 日創研で会社が発展したと、本気で思ってくださっている・・・
 だから、お呼びされたのではないでしょうか!」

11)
この檜山君の話を聞いて感動しました。
日創研も人様のお役に立っている。
正直、自然な喜びの涙がでました。

12)
講演は「縁ありて花ひらき 恩ありて実を結ぶ」から始まり、
月刊『理念と経営』の背戸編集長の文章、
「私はあきらめたことがない」を読んで終了しましたが、
T会長とA社長とM自動車様全社員様に
感謝の気持ちでいっぱいです。

13)
自分で言うのもおかしいのですが、
経営理念塾や10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーや、
業績アップ上級コースや可能思考研修を行っていると、
必要以上に物事を真剣に考えるようになります。

心からM自動車教習所様の100年永続を祈念しました。

14)
最終の新幹線で帰りましたが、
たくさんのメールが届いており、
いつも返信ができずにいることに罪悪感すらあります。
お許しいただきたく思います。

15)
その中で、過日の10年後を考えるビジョン経営沖縄セミナーの、
参加の方のメールが届いていました。
この方々にも感謝します。

10_photo.jpgのサムネール画像
(ビジョン経営沖縄セミナーの会場・万国津梁館)

16)
色々と日本の行く末などを考える年齢になりました。
ギリシャの経済危機の問題は、
EUの13兆円の支援で方がつきそうですが、
一寸したことが日本にも影響を及ぼします。

17)
世界が狭くなったと前回も書きましたが、
それだけに日本はもっと盤石な経済基盤を作るべきです。
もっと企業と行政と政治が連携を組んで
世界で活躍するべきです。

今日からTT修了生限定の可能思考研修基礎コースです。
懐かしい人たちとお会いできることを楽しみにしています。

田舞徳太郎

▼企業内マネジメントコーチング6か月プログラムの動画を公開中

コメントする

プロフィール

  • 日創研グループ 代表 田舞徳太郎
  • 「中小企業の活性化」を事業目的とする日本創造教育研究所グループの代表。
    このブログでは、東奔西走の日々を書きつづります。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type
できる思考で業績アップ 無料・公開セミナー
Facebookページ

このブログ記事について

このページは、田舞通信が2010年5月10日 16:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「その道のプロ(このままだと、死ぬかもしれないと思う時があります)」です。

次のブログ記事は「中小企業は頑張っている(オリンピックの陰にオンリーワン企業あり)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。